金髪ロリお姫様ラノベ

エピローグ

 気づいたとき、俺は気を失い地面に寝転がっていた。

 硬い大地に背中を預ける感触に目を覚ました。己が身を転がしていることを理解して、慌てて上半身を起こす。キョロキョロと辺りを伺えば、そこは何処とも知れない荒野だった。そして、周囲には人間の死体が山と詰まれている。

「こ、これって、どうなったんだ……」

 空飛ぶ竜の背中に乗って少女と共にいた記憶はある。

 何故に地に伏していたのかと言えば、不意に竜の鼻先で爆ぜた火の玉に煽られて、その背から振り落とされたからだ。

「…………」

 果たして、今はどういう状況にあるのだろうか。周囲には人間の死体しか見られない。味方の化け物は何処へ消えてしまったのだろうか。そして、少女達は何処へ消えてしまったのだろうか。自分が気を失っている間に何があったのだろうか。

 ゆっくりと立ち上がる。

 軽く身体を動かしてみたが、小さな擦り傷の他に怪我らしい怪我は見つけられない。おかげで歩く分には支障もなかった。しかし、どちらへ向かって進めば良いのか。周囲は何もない荒野である。人間達の屍を除けば、あとは乾いた大地に痩せた樹木と背の低い植物がところどころ自生している以外に何もない。

「……どうしよう」

 何も行動の指針になるものがなくて焦りを覚えた。

 ふらふらと付近を歩き回ってみるけれど、何もそれらしいものは見当たらない。たまに人間の死体に混じって化け物の姿も目には入る。けれど、無念、全ては事切れたあとであった。

「…………」

 まさかの迷子だった。

 デパートで迷ったのとは訳が違う。

 このままでは野垂れ死に、そんな迷子だった。

「……おいおい、マジかよ」

 今更ながら人間の死体を前にして自らの死に恐怖が広がっていく。

 ジッとしていられなくて、自然と足は走り出していた。人間の死体を追って行けば、何れは誰かに会えるのではないか。そんな淡い希望を抱いたからである。死体の続く方角へ向かって、がむしゃらに走り始めた。

 ともすれば、走り始めてからしばらくすると遠方に動く影を見つけた。

 この際、人間でも化け物でも良いからと考えて駆け足で近づく。

「おーいっ!」

 すると、こちらの声に応えて影がこちらへと注意を向けた。逆光にあってその姿は詳しく伺えない。ただ、相手は人の姿を象って思えた。あぁ、しくったかなぁ、などと考えつつ、いきなり逃げ出すのもおかしいので、多少だけ勢いを落として歩み寄る。

「に、人間っ!」

 すると、そこに居たのは食料品の調達に付き合ってもらった銀髪エルフだった。彼女はこちらを認めて驚愕の声を上げる。片手には剣を携えて、肩口より血を流す半身を庇うように立っていた。満身創痍を絵に描いたような姿である。

「って、えぇっ!?」

 ただ、より驚いたのは俺の方だった。

 彼女の正面には武器を手にした人間が数名、彼女に襲い掛からんとしていたからだ。俺に気づいた人間は早々に何を言うでも無く手招きをして、地面に転がる誰の者とも知れない剣を蹴り飛ばしてきた。彼女を倒すのを手伝えという魂胆だろう。人間の側も決して無傷とは言えず、彼女とどっこいどっこいの悲惨な有様だ。

 やはり化け物は負けてしまったのか……。

 地を滑ってきた剣の柄が足に当たって止まる。

「人間っ! 貴様っ……」

 銀髪エルフが俺を睨みつけてきた。

 果たして、俺はどうすればいいのか。

 そうこうしている内に人間の一人が彼女に向かって剣を振り上げ駆け出した。銀髪エルフはと言えば、剣こそ携えているが全身血塗れで非常に頼りない。押せば転けてしまいそうな儚さがあった。

 だから、その姿を目の当たりとしたとき、何を考えるでもなく身体は既に動いていた。

 人間が蹴って寄越した剣を手に取る。初めて握る真剣は想像以上に重くて、振り回すことなんてとても叶いそうになく思えた。けれど、決して持ち上げられない重量ではない。オーガの斧に比べれば爪楊枝みたいなものだ。

 それを手にして、俺は銀髪エルフの下へと駆け出した。

「こ、このぉおおおおっ!」

 切っ先を正面に突き出すよう力一杯に剣を構える。

 そして、握る一振りを彼女に迫る人間の腹へ思い切り突き刺したのだった。

「なっ……」

 刺された人間の顔が驚愕に歪む。刺された男の仲間もまた信じられないものを見るような目で俺を見つめていた。一瞬だけ場の空気が制止して思えた。けれど、それも僅かな間である。次の瞬間、銀髪の指先より放たれた巨大な火の玉が、驚きに染まる人間達を包み込んだ。

「ぬぉおおおおっ!?」

「ぐぉおおおおおっ!」

「びぁああああああっ!」

 耳を突くような断末魔が上がる。

 轟々と激しく火花を散らす火球は人間達の身体を遠慮なく燃やしていった。十数メートルを離れても肌を焼くような熱を感じる。とんでもない高温の火の玉だった。地面も焦げて黒く色を変えている。

 その光景を俺は呆然と眺めるしかなかった。

 カランと手にした剣も取り落としてしまう。

 やがて、しばらく経つと火の勢いは自然と落ち着き始めて、やがては萎んで消えてしまった。後に残ったのは黒い色をした灰らしき僅かな燃えかすのみである。火葬場よりも尚熱い火であったらしい。

「おい、人間……」

 唖然としている俺の耳に銀髪の声が飛び込んできた。

「え、あ、な、何?」

「お前っ! 今まで何処に居たんだっ!?」

 見れば彼女が鬼のような形相でこちらを見つめていた。

「いや、何処って、そこいらで気を失っていたけど……」

「城じゃあ、お前の死体が見つからないって大騒ぎだっ! 早く来いっ!」

「えっ!? な、なんの話っ!?」

「だから、勝ったんだよっ!」

「勝った? え? 勝ったって何に勝ったんだよ?」

「そんなの人間に決まってるだろっ!? 今更何を言ってるんだよっ! ほら、お前の死体が見つからないせいで、疲れた身体を休ませる暇もなく私達は総出で探し物だ。生きてるんだったらとっとと顔を見せろっ!」

 そうして彼女は俺の顔を無理矢理に掻き抱くのだった。

「ちょ、ちょっと、待って、苦しいっ!」

「姫様っ! 人間を見つけましたっ! 南東の戦場近くですっ!」

 彼女は手にしたトランシーバーへと語りかける。ともすれば、ここ一週間で聞きなれた声が間髪置かずに返された。

『分かりました、すぐに向かいます』

「はい、お願いします」

 淡々と答える彼女。その抱擁から何とか身体を捻って抜け出す。禄に胸の無い、良く言えばスレンダー、悪く言えば幼児体系な彼女なので、顔は何に引っ掛かるでもなく胸中より引き抜くことができた。

「ちょ、ちょっと、勝ったってどういうことだよっ!?」

「そんなもの言葉通りの意味に決まっているだろう?」

「いや、言葉通りって、そんな、まさか……」

「素直に喜べないのか? やはり、人間、貴様は人間の味方だったのか?」

「ち、違うって、少なくともこの世界じゃあ君達の味方だっ!」

「ならば、今はそれで良いではないか」

 最後に分かれたときと同様、彼女の言葉は酷く素っ気ない。しかし、その言葉の端々からは溢れ出る喜びが感じられた。そんな彼女の姿を目の当たりにすれば、決して嘘を言っている風には見えなかった。

「けど、でも、どうして……」

「あぁ、人間共の援軍が禄に武装してなかったんだよ」

「武装を?」

「あぁ、姫様の話だと、何でも主に兵糧の補給と制圧後の為の大隊だったらしい。私自身も戦った感じ、禄に魔法も使えない烏合の衆に思えた。おかげで、人数こそ増えたものの、何とか打倒することができた」

「な、なるほど……」

「あとは我々の威勢の良さに恐れをなして逃げ出したってところだろうなっ!」

「まあ、たしかに、そいうことなら分らないでもないか……」

 納得して彼女の言葉に頷く。

「お前は早々にやられてしまったから、その辺りは知らないのだろうがな」

「あ、ああ、初耳だよ……。今更だけど」

 しかし、破れかぶれの特攻が功を奏するとは思わなかった。

 なんだか肩の荷が下りた気がして、思わずその場にへなへなと座り込んでしまう。幾ら守るより攻めるほうが楽だとは言え、数で十倍以上の敵をよくもまあ打倒できたものだと放心のなか静かに思った。

「お、おい、大丈夫か?」

「ああ、いや、気が抜けただけだから気にしないで」

「なんだ、だらしがない奴だな……」

 口を尖らせて銀髪が避難の声を上げる。

 しかし、そうは言われても今までずっと気を張り詰めていたのだから、今一時くらい安堵に浸らせて欲しい。学校の試験明けでもここまで強烈な開放感を味わったことは経験はない。

「おい、姫様が直々に来て下さったぞ」

「え?」

 彼女の声に顔を上げる。

 すると、そこには巨大な竜が迫っていた。

「おぉ……」

 何度見ても慣れない巨体を前に思わず息を飲む。

 瞬く間に距離を詰めた竜は、こちらのすぐ近くに身を下ろした。そして、俺の姿を目の当たりとして驚愕に瞳を見開いた。まさか、竜の驚く顔を見る日が来るとは思わなかった。大きく開かれた口は俺の身の丈よりも巨大だ。

「い、生きていたのかっ!? 人間っ!」

 耳に届いた竜の声は、どこか聞き覚えのあるものだ。

 そして、その背から飛び降りた少女もまた俺を見つけて叫びを上げる。

「人間っ! 無事だったのですかっ!?」

「いや、まあ、おかげさまで生きてました……」

 自分でも運が良かったのだと思う。

「よ、良かった、まさか、まさか生きてるとは思いませんでした……」

 少女の顔が涙に歪む。

 まさか、自分の為に泣いてくれる人が、化け物がいるなんて思わなかった。

 少女は駆け足でこちらへと近づいてくる。

 そして、何を思ったのか地を蹴る彼女は、勢い良く俺に抱き付いてきたのだった。腰下まで伸びる黄金色の髪が勢いに乗って身体に絡み付いてくる。なんだか、甘い、良い香りが鼻先に漂って感じた。

「ちょ、君っ!?」

「よかった、本当に良かったです。我々だけが生き延びて、人間、貴方を死なせてしまうような不義理な真似をせずに済みました。本当に、本当に良かった。生きていてくれて、ありがとうございます」

「あ、は、はい……」

 生まれて初めて感じる異性の体温は、それはとても心温まるものだった。

◆ ◇ ◆

 翌日、月曜日は中学校の卒業式だった。

 朝登校すると教室には生徒の大半が既にいた。普段ならば始業ギリギリまで登校して来ない奴まで顔を揃えている。僅かに足りない人間はこのクラスでも極めて目立たない存在である。

「おはよう」

 誰に言うでもなく呟いて教室に入る。

 自分の机の上へと鞄を置く。今日は式以外に何もないから中身は筆記用具以外に何も入っていない。卒業証書を持ち帰る為だけに持ってきたのだった。おかげで登校は非常に楽だった。

 椅子を引こうと背凭れに手をかける。

 すると、珍しくも阪部が自ら声をかけてきた。

「なぁ、浩二、ちょっと話があるんだけどいいか?」

 そちらを振り返ると、彼の後ろには彼と同じグループの友人達がニヤニヤと厭らしい笑みを浮かべながら立っていた。その視線は間違いなく俺に向けられている。いや、彼等だけではない。教室にいる誰も彼もが、表情はどうあれ俺に注目していた。まるでこれから大きな催しでも控えている風である。

「なんだ? 何か用でもあるのか? 阪部」

「お前ってさ、この中学三年間をクラスの連中にどう思われてたか知ってる?」

「……ん? 何の話だ?」

 楽しげに卒業アルバムに寄せ書きをしたり、携帯電話のカメラで記念撮影をしたり、卒業の喜びにはしゃいでいた教室の楽しげな雰囲気が彼の言葉で一変した。騒がしかった教室が急に静まりかえる。

「知ってた? お前が今までどう思われてたか」

「だから、それって何の話だよ?」

 もう全て知っている。

 けれど、そんなものはどうでも良かった。

「ほら、あれだよ、お前ってさぁ……、な?」

 そうして語る阪部は凄くもったいぶった言い方をする。

「あれってなんだよ?」

「あれ? まだ気づいてないの? やっぱりお前ってば駄目だわ」

「…………」

 教室中の誰も彼もが何かに期待した目で阪部と俺を見つめている。

 けれど、俺がそれに答えてやる義理はない。いや、今までの三年間を付き合ってくれたという意味では少しくらいあるのかもしれない。けど、自分を殺してまで報いるものがあるかと言えば、そう、

 ――――――それは、絶対に違う。

「言っておくけど、お前ってこの教室の全員から嫌われてたんだぜ?」

 そして、阪部はとても楽しそうに語ってみせた。

 楽しそうに持ち上がった口端が得意気な笑みを作る。

 目元はニヤニヤと歪な光を燈して思えた。

 きっと、何も知らないで今日を迎えていたら、俺はどうしようもないところまで追い詰められていただろう。何の覚悟も無いまま今日を迎えていたら、俺はよくないことを仕出かしていただろう。何の経験も無く今日を迎えていたら、俺はこの世から居なくなっていたかもしれない。

 だから、彼女達には感謝しなくてはならない。

 阪部の言葉には何の感慨も浮かばなかった。

「……そっか、残念だよ」

 ただ、純粋に、本心から、その一言で終えることができた。

 たしかに俺は人に好かれ易い性格をしていない。自分勝手だし、我侭だし、良いところなんて血眼になって探さなければ見つからないだろう。いや、見つかっても本当に瑣末なものだろう。というか、もしかしたら何も見つからないかもしれない。

 けれど、それでも、努力を怠ったことはなかった。

 なんとか周囲と上手くやろうと毎日を勤めてきた。

 必死になって友達を作ろうと頭を悩ませた。

 それでも阪部達や富川達と、クラスの者達と上手くいかなかったのは、きっと、何をするまでもなく、環境や立場が合わなかったからなのだろう。それは些細な嗜好の不一致とか、活動時間のズレとか、金銭面での問題とか、パッと思いつくだけで様々な原因が思い当たる。そして、そんな瑣末な差異が、多分、今の俺の置かれた状況なのだろう。そう強く感じた。

 人間、日本だけでも一億数千人が居るのだ。気の長い目で見れば、きっと、いつかは一緒になって笑える相手ができる筈である。トカゲとか、猿人とか、訳の分らない化け物達とすら語らい合えたのだから、きっと、俺にだって友達ができると思う。

「っていうか、本当にお前ってウザイよな、いつか言おうと思ってたんだぜ」

「そうそう、俺達もマジで勘弁って感じ」

「高校行けばもうお前の顔見なくていいっしょ? 清々しいよな」

 阪部の友達達が何やら語りかけてくる。

 今までの自分だったら思わずカッとして拳を握っていたかもしれない。負けじと罵詈雑言を返していたかもしれない。いや、間違いなくそうしていただろうと、確信を持って言える。

 けど、それはそれで彼等の主張として正しことなのだ。

 そして、それに俺が文句を言うのはお門違いというやつである。

「ごめん、悪かったね。でも、今日でもう卒業だし問題はないだろ?」

「……は?」

 俺の言葉に阪部が驚いた顔をする。

 その友人達も同様である。

「これでも努力したんだけど、まあ、縁がなかったってことだと思うよ」

 そう、別に何も悲観することなんてない。世の中広いんだ。こんな小さな世界でいじけることは無い。ここで駄目なら別の場所へ行って探せばいい。挫けて涙を流すのは、ああ、世界中を回ってからでも遅くないのだから。

「な、なんだよ、強がりか? あぁ?」

「いや、別にそういう訳じゃないけど……」

「だったら何だってんだよ、おい、お前、なに言っちゃってんだよっ!」

 それを俺はこの一週間で学ぶことができた。高々中学校の一学年百数十人に嫌われたからといって、だからどうしたと言うもんだ。いちいち気にしていたら身に持たない。だって、今の自分は他に数十万、数百万、下手をしたら数千万の人間を敵に回した身の上にあるのだ。

「おい、浩二、調子こいてんじゃねぇぞ?」

「いや、別に調子こいてなんていないし、これと言って阪部達に腹を立ててる訳でも、怨んでる訳でもないよ。むしろ、こんな自分と三年間も付き合ってくれて感謝してる。無理してくれていたんだろ?」

 そして、数多く敵を作った分だけ、逆に仲間と言えるような間柄の存在もできたと思う。そう考えて思い浮かぶのは強面な化け物達の面々だった。勿論、それもいつかは今の阪部達との間柄に同じく、ほんの些細なすれ違いから瓦解するかもしれない。けれど、だとしても、それで全てが終わってしまう訳ではないのだ。

「はぁ? なんだよそりゃ。俺を舐めてるのか?」

「いや、舐めてなんてないし、言葉とおりの意味だけど……」

 ならば、この程度で立ち止まる必要があるだろうか。

 それはむしろ自らの可能性を大きく失わせるに他ならないと言うのに。

「スカしたこと言ってんじゃねぇよっ!」

 目元を鋭く吊り上げた阪部が俺の襟首を掴み上げる。

 けれど、身長は俺の方が十数センチだけ高い。従って体重もそれに比例して彼より幾分だけある。相手は腕に力を入れて無理矢理に俺を持ち上げようとするけれど、幾ら頑張っても踵が上がることはない。ただ、腕がプルプルと震えるだけだ。

「悪いけど、中学校は今日で卒業なんだよ」

「んだとっ!?」

「もう子供じゃないんだから、下らない自尊心の為に自分の彼女の顔を殴ったりするなよ。可愛そうだろ? この世にはもっと胸を張るべきことがあるだろう? なんだか、こうして言うと凄く偉そうで悪いけど……」

「は、はぁっ!? なんで俺が彼女の顔を殴らなきゃならないんだよっ!」

「いや、まあ、別に誰が殴ったのかは知らないんだけどさ……」

「てめぇ、勝手なこと言ってんじゃねぇよっ! 殴るぞコラァっ!」

 段々と感情を波立たせては、ああでもないこうでもないと喚き始めた阪部の姿に教室が喧騒を取り戻す。けれど、当の本人は気づかずに俺へと食ってかかる。貶めようとした対象に諭されている自分が許せないのだろう。

 怒りに任せて阪部の拳が振り上げられた。

 ただ、あまり怖くはない。

 昨晩までの出来事が人間として大切な機能を麻痺させているのだろう。一発でも殴られれば、決して無事では済まないと理解できる。下手をすれば歯を折ったり、鼻骨を砕かれたりするかもしれない。この身は屈強な化け物達とは違うのだ。

 けれど、俺は妙に落ち着いた気持ちで迫る拳骨を眺めていた。

「この、生意気言ってんじゃねぇよっ!」

 やがて、ガツンと頬に固い感触が伝えられた。

 頭部に与えられた大きな衝撃に身体が真後ろへ吹っ飛ぶ。

 けれど、危ういところで足を踏ん張らせて身体を支える。ともすれば、多少だけ机を動かしただけで、床へ身を転がすことはなかった。顔には随分な痛みを感じるけれど、脇腹に鏃を喰らうよりは全然マシだった。

 ふと思い浮かんだのは何故か猿の顔である。

「お前、理解してんの? 皆に嫌われてるんだぜ? なぁ?」

「してるよ、ちゃんと理解してる。けど、それだけだろ?」

「はぁ? 何言ってんだよ、お前、馬鹿? 馬鹿なの?」

「あぁ、まぁ、ここ最近は色々と馬鹿だったかもしれない……」

「な、なんだよ、やっぱりお前、俺のこと馬鹿にしてるだろ? おいっ!」

 間髪置かずに阪部が俺に掴みかかってくる。

 けれど、もう殴られることはなかった。

「こらっ! こんな日に何をやっているっ!」

 耳に届いたのはクラス担任の声だった。大凡、式へ生徒を呼びに来たのだろう。頬を赤く腫らし阪部に締め上げられた俺の姿を目の当たりとして、そろそろ初老を迎えようかという彼は駆け足で向かい来た。自然と眦は釣り上がり厳しい顔付きだ。

「お前等っ! 何をやっているんだっ! 殴ったのかっ!? えぇ!?」

「あ、いや、ち、違うんです、俺は別に……」

 その姿に阪部がうろたえる。まるで熱いものにでも触れたように、慌てて俺の襟首を掴んでいた手を放した。締め上げられていた首周りが開放されて、少しだけ居住まいが良くなる。ただ、シャツには皺が寄っていた。

「そろそろ、式ですか?」

「は? あ? いや、それはそうだが……、喧嘩か? その頬はどうしたんだ?」

「いや、まかさ違いますよ、ちょっと調子に乗ってじゃれあってただけです」

「おい、間違ってもこんな日に騒ぎを起こすんじゃないぞ?」

「はい、分かってます」

「っ……」

 阪部は何か言いたそうな顔をしている。けれど、口は固く結ばれたまま何を語ることもなかった。大人しく俺と担任とを交互に眺めて、その視線を教室の床へと落とすに限った。そして、それ以上は何をすることもなかった。

「ああ、それじゃあ、ほら、そろそろ入場だから教室の前へ並びなさい」

 そうして担任の指示でクラスメイト達はぞろぞろと教室の外へと身を移していく。普段ならば教師が静かにしろだの、廊下では喋るなだの注意を入れるところだ。しかし、今日に限っては誰も何も語ることなく、神妙なまま列は成されるのだった。

 その折、誰とも知れない声が俺の耳に小さく響く。

「やっぱり、あの写真って嘘だったんだね」

「……え?」

 慌てて声のした方を振り向いた。

 けれど、そこには誰も居なくて、ただ、教室と廊下を分ける壁があった。

「…………」

 驚いて立ち止まった俺の周りで、教師が指示する通りにクラスメイト達は決められた順序で列を作っていく。そんな彼等彼女等によって三年間を着古された制服達は、あちらこちらが痛んだり解れたりしていて、そこには重ねた時間重みが如実に感じられた。この三年間は確かに存在した時間なのだ。

 そう、今日は中学校の卒業式だ。