金髪ロリお姫様ラノベ

プロローグ

 二月も足早に過ぎ去り段々と暖かくなり始めた三月の頭。週頭から続いた雨脚はようやく遠退き、金曜を迎えた本日は青空に雲一つ無い快晴となった。俺はコートを手放して歩める居心地の良さを全身に感じながら颯爽と登校、正門を潜り抜けて通いなれた教室へと歩みを進める。

 時刻は午前八時を少し過ぎた頃合だった。

「おはよう、調子はどうだ?」

「あ、ああ、いいんじゃないの?」

 朝、教室で仲の良い友人に声を掛けて席に着く。そろそろ中学も卒業間近となって、自然と自らの浮き足立つが分かる。勢いも良く荷物を降ろして、鞄に詰めた教科書の類を手早く机の中へと移し変える。

「おはよー」

 今は登校に差し当たり一番教室が雑多となる時間帯。

 俺より間髪置かずに教室のドアから見知った友人が入って来る。

「おぅ、おはよー!」

 それに元気良く声を返しつつ、俺は辺りをぐるり見回した。

 目に付いたのは教室を同じくする中でも取り分け仲の良い友人、富川勇人である。机の周りに友達を集めて、何やら先日に発売されたばかりのゲームについて楽しげに話をしていた。それは俺も今現在、少ない月の小遣いを前に購入を考えている期待の一作である。

 ならば混じって一緒に語らない手は無い。

「あ、それってボラクエの話? やっぱ面白い?」

 それとなく語りながら一団へと歩み寄る。

「……ん?」

「あぁ、浩二か……」

 面々が俺に気づいてこちらへ視線をやる。

「最近、本当に広告が増えたよな。やっぱり買い?」

 富川の周囲には四人のクラスメイトが集まっていた。このクラスではゲームの類に熱心な連中であって、同じくゲーム好きな自分は特に顔を会わせる機会の多い友人達である。一緒に話す話題も八割がゲームに関わるものだ。

「ああ、買いじゃね? っていうか、買ってないのお前だけじゃないか?」

「あれ? そうだっけ?」

「この間には俺も買ったし、もう持ってない奴はいなくね?」

 机を囲む一人が淡々と答えてくれた。

 そして、それとは別に傍らでは熱いゲーム談義が展開されている。

「っていうか、あれは間違いなく打撃で攻めるべきだろ」

「いや、でも武器が弱くってさぁ」

「魔法が殆ど効かないんだよなぁ、どうなってんだよ、あいつ」

「マジで? もうそこまで進めたの? お前ら本当に毎日ちゃんと寝てるのか!?」

 登校から間もない朝だと言うのに、誰も彼も随分と熱心なものだ。これはきっと昨晩の成果の報告会だろう。やはり同作は評判に違わず面白い逸品らしい。俺も購入するべきだろう。今月は無理だけれど、来月の小遣いが手に入ると同時にゲームショップへ駆け込むことを決める。

「最近は一日五時間かな」

「俺は三時間と少し……」

「おいおい、だからって授業中にねるんじゃねーよ」

「んだよ、偉そうなこと言ってんじゃねぇよ、お前だって普通に寝てるじゃねぇかよ」

「俺は教師に注意されるようなヘマしねぇもん」

「あれは理不尽だ。俺ばっかり叱りやがって斉藤の野郎、マジでムカつく」

「あれだけ盛大に鼾をかいてりゃ誰だって怒りたくなるんじゃね?」

「そりゃそうだな」

 そうして俺の前で語っている皆々は非常に楽しそうである。睡眠時間を削ってまで遊びたいと思うゲームは久しぶりだろう。そう思うと俄然期待をしてしまう。早く小遣いが入らないかと切に願う。親が厳しい性格の持ち主であって、前借は無理なのだ。

「けど、アレは本当にどうやって倒すんだよ? もう十回は負けてるぜ? 幾ら睡眠時間を削ったって足りやしねぇ。そろそろ挫けそうなんですけど……」

「あぁ、そうなんだよなぁ、そこが分らないんだよなぁ」

「十回で挫ける? 甘い甘い、俺なんてもう二十回は全滅喰らってるし」

「うっわ、それはマジで酷いな……」

「まあ、威張れるような話じゃないけどな」

「う、うるせぇよっ!」

 ゲーム自体を持っていないので彼等の語る内容は自分にはサッパリである。ただ、そうして話をしている誰も彼もは笑みを絶やさないから、きっと、そのゲームはそれだけ面白いものだと分かる。歯を見せてケラケラと笑っている誰も彼もは、目の下に大きなくまを作っているけれど、決して辛そうには思えない。

「やっぱり買うべきかぁ」

 熱く語り合う友人達の姿に思わず一人ごちてしまう。

 本当ならすぐにでも買いたいのだけれど、小遣いが足りないのだから仕方がない。一度は母親に掛け合ってみたけれど、それなら父さんに頼みなさいと言われた。父さんに頼めば拳骨を貰うこと請け合いだ。

「だから、そこは魔法じゃなくて武器で叩くんだよ」

「アイツって物理防御が高いから、あんまりダメージが通らなくね?」

「防御力を削って攻撃力を挙げるんだよ、分かってないなぁ」

「いや、分かってないのはお前だろ?」

「どうしてだよ?」

「幾ら攻撃力を上げたって無理なもんは無理だって。デフォで物理五割減だぞ?」

 そうして話をする皆々はとても楽しそうだ。

 ただ、全てはゲームに突っ込んだ内容なので、自分は自然と話題より遅れてしまう。とりあえず相槌など打ちながら話の流れに乗っていたのだけれど、自然と口から漏れるのは疑問の声だ。

「へぇ……、そんな敵がいるんだ? 最新作は難易度上がってるの?」

「ああ、かなり難しくなってるんじゃないか?」

「前々作よりも面倒なのか?」

「面倒も面倒、まだ誰も全クリ出来てない。っていうか、そこは属性反射を使って敵の攻撃を回すんだよ。お前等、なんでそんな簡単なことも分らないんだよ。それじゃあラスボスまで全然だぞ?」

「何それっ! そんなのあるのかっ!?」

「おいおい、そんなことも知らないで次のボスを倒せると思うなよ?」

「ちょっと詳しく教えろよっ!」

 俺が話しかけた相手も色々と語り足りないらしい。こちらの相手も程々に元在った輪の中へと戻っていった。どうやら一同は競い合ってゲームを進めているらしい。一人突出していたそいつが語り始めると、ワッと沸いたように話の華が大きく咲いた。

「でも、属性反射って敵しか使えない技じゃねぇの?」

「だから、それをラーニングして自分のものにするんだよ」

「おぉ、なるほど、そうだったのかっ!」

「でもアイツが使う属性反射って自分と同じ属性じゃなかったか? 全然効かなくね?」

「いや、それがアイツはランダムで自身の属性を闇属性に変化させるから、その時を狙って攻撃を返すと効果は抜群なんだって。何のモーションも無いから普通にやってちゃ気づかないだろうけど」

「おぉっ、あれって闇属性になるのかっ!? こりゃ能力判定のスキルは必須だな」

「マジかよっ!? 良く気づいたなぁ」

「前に俺が判定を取るって言ったとき、お前等は散々馬鹿にしてくれたよなぁ?」

「しょ、しょうがねぇだろ? まさかこんなことになるとは思わなかったし」

「まあ、属性反射はポイントの使用量が半端無いから気をつけて使うんだな」

「へぇ、あれってそんなに使うんだ?」

「マジでやばいよ、それ系のアクセサリー付けてないとすぐに枯渇する」

 それ以上、話題に付いて行けそうになかった。

 なので仕方なく俺は別に語れる友人を探す事とした。

 数歩だけ富川の机から離れて、段々と人口を増しつつある朝の教室を眺める。始業まで残り十分を切れば空いている席の方が少なくなる。耳に届く喧騒も僅かな間に勢いをましていた。

 しばらくを眺めて、多少だけ離れた場所に別のまとまりを見つける。

 同じく特定の机を中心として、五、六名の生徒からなる集団だ。

 このクラスでも特に中心に位置する生徒達の集まりであって、毎日が華やかな話題に溢れている。街の何処に新しい店が出来たとか、昨日の夜は女の子と一緒に遊んだとか、バンドの練習に都合良いスタジオを見つけたとか。多くは中学生なら誰もが食いつく楽しげな会話達である。

「おはよー」

 ならば、自分も共に語らない手はない。

 それとなく朝の挨拶を口にしつつ彼等の輪へ混じる。

「あ? ああ、浩二か……」

「何? 何の話してるの?」

「別に、普通だよ」

 近くに立つ一人が気だるげな仕草で振り返り答えてくれた。以前から思っていたが、彼は朝に弱い体質らしい。俺がホームルーム前に話しかけるといつもこんな具合である。そういうキャラみたいだ。

 そして、答えてくれた彼の傍らでは、別の友人達が何やら楽しそうに話をしている。

「それで、マジでヤバイの、キスまでいっちゃった」

「えぇっ、マジかよっ! どうしてお前がそこまでいくの!?」

「っていうか、俺にも教えてくれよっ!」

「だって、そんな余裕無かったしー」

 皆が囲う机に座るのは、このクラスでも取り分け人望に厚く人気の在る男子生徒である。名前は阪部祐介と言う。勿論、その手の条件として顔は頗る優れる。また、小さいながらも親父さんは加工業の社長さんなので、懐事情にも暖かい。加えて、誰にも訳隔てなく接する非の打ち所の無い生徒だった

「何? 何か用?」

「いや、なんか面白そうな話をしてるなって」

 そして、手持ち無沙汰な俺の問いに答えてくれたのが彼である。友達に囲まれた席の中央で椅子に腰掛け、こちらを見つめてくる。天は二物を与えず、とは良く言った言葉だろうが、彼に関してはその限りでないらしい。

「あぁ、ちょっと昨日の夜にコイツ等と街に出てね」

「へぇ、凄いな。夜の街かぁー」

「まあ、そんだけ」

 夜の街へ出るなどとは、親が厳しい自分にとって禁忌である。それを平然と行える彼の家庭環境が非常に羨ましかった。だから、自然とテンションも上がって、声も大きく答えてしまう。

「いいなぁ、俺も行きたいなぁ」

「だったら行けばいいんじゃね? 夜だと雰囲気変るぜ?」

「でも、うちって親が厳しくてさぁ、門限だから夕食までには家に帰って来いって五月蝿いんだよ。破ると普通に夕食抜きとか言われるし、本当、頭が固くて困るっていうか、なんて言うか」

「門限? 俺だったら勝手に遊び出かけるけど」

「勝手に出かけるって、それはまた度胸の試される話だな。流石は阪部」

「流石っていうか、別に、それくらい普通じゃね?」

「そ、そうか?」

「お前は小学生かよ」

 そうして語ってくれる阪部に感じるのは強烈な憧れだった。そして、彼はそんな俺の心中など知らずして、傍らより上がって届く声に脇を向いてしまう。勿論、そうして声を掛けたのもまた、クラスでは人気者の一人だった。

「おい、阪部、その女の話、もっと詳しく聞かせろよっ!」

「お前ばっかりずるいぞ、どうして俺だけブスを掴まされるんだよっ!」

「あ、ああ、分かった。分かったから、そうかっかするなって」

「お前はいつもそう言って逃げるからなっ! 今度ばかりは逃がさねぇ」

「おう、そのとおり、しっかりと語って貰うからな」

 異性の話に盛り上がり声を荒げる一同。それを宥めるように言って、彼は笑顔と共に自らの武勇伝を語ってゆく。要はちょっとした自慢話なのだが、彼を囲う誰も彼もは随分と楽しそうに耳を傾けている。そして、それは俺も同じだった。

 ただ、どうやら場の誰もは夜の街で話題の出来事に居合わせていたらしい。自然と自ら喋る言葉も薄くなって、俺は多く聞くに回る羽目となった。とは言え、自身にとっては非日常の最たるだろう阪部の話は、傍らで耳にしているだけでも破格だった。

 そんな具合に、俺は朝のホームルームが始まるまでを談義に興じて過ごした。

◆ ◇ ◆

 その日、何よりも衝撃的だった事実は放課後に伝えられた。

 それは机の中へ忘れたノートの一冊を取りに戻った際の出来事である。廊下を進む俺の耳に聞こえたのは、目的とする教室で何やら盛り上がる男女数名の声であった。とても楽しそうに語り合っている様子が音だけで分かる。

 一体、放課後の教室で何の話をしているのだろうと、興味を擡げ始めた心中を押さえつけて歩みを進める。すると、何故だろう。不意に届けられたのは木ノ下浩二という俺の名前だった。

 それが妙に気になって、俺は教室まであと数歩といった辺りで足を止める。

 すると、然して待つ間もなく、欲するところ明確な言葉が届けられた。

「ぶっちゃけ、浩二、アイツってウザくね?」

「あー、言えてる、マジで言えてる」

「っていうか、馴れ馴れしく話しかけんなって感じだよなー」

「そうそう、なんで呼んでもないのに話に入ってくるのかなぁ」

「萎えるんだよね、アイツが入ってくると」

 そんな感じだった。

 思わず耳を疑る言葉達であった。

「……え?」

 誰に言うでも無く疑問の声が漏れた。

 けれど、それは非常に小さくて、教室で楽しげに語らう友達の下へ届く事はない。だから、彼等彼女等の話は俺の名前を肴に一層の盛り上がりを見せる。続けられる数多は、全てが同様の方向性を伴っていた。

「アイツ、富川達にも疎まれてるらしいよ」

「そうなると、あれか、実は友達って一人もいないんじゃね?」

「なんか駄目なんだよな、アイツって。生理的に駄目? そんな感じ?」

「あー、分かる分かる。話しかけられるとイラつくんだよな」

「自分語りが過ぎるっていうか、話題を合わせられないって言うか」

「一緒に話してても全然つまらないんだよねー」

「そう、マジでつまんねー」

 なんだか、自分の世界がガラガラと音を立てて壊れた瞬間だった。

 耳に届く声の持ち主はクラスでも取り分け目立つ者達のものだ。グループの中で中心的な立ち位置にあったり、頭の良い成績上位者であったり、授業で頻繁に笑いを取っていたりと、いわゆる人気者と呼ばれる者達の集いである。更には他クラスの生徒の声もちらほら聞こえた。

「でも、アイツって全然気づいてないよな」

「本当、鈍感にも程があるよなー」

「あれだ、ほら、今度さ、皆の前でお前ウザイって言ってやろうか?」

「うっわ、お前ひでぇなぁ」

「だって、あんまりしつこく話しかけられると嫌じゃん」

「じゃあほら、こうしようぜ、再来週にある卒業式の日に、教室で、皆の前で伝えてやるの。記念すべき一日が最悪の一日になるんじゃね? 式の最中に泣き出しちゃったりしてさ、こう言ってやるの、お前のは嬉し泣きじゃなくて悲し泣きじゃね? みたいな」

「キャハハ、それマジでウケるんですけど」

「ひでー、俺だったら次の日から引き篭もるぜ」

「だよなー」

「いやいや、俺だったら自殺ものだぜ。首つっちゃうよ?」

「そりゃ、阪部だったら絶対に耐えられないだろうな? めちゃ笑えるって」

「もち、当然だってーのっ!」

「っていうか、アイツも良く気がつかないもんだよな」

「本当、どうして毎日学校へ来られるのか、マジで不思議じゃね?」

「あはは、言えてる言えてるー」

 気づいた時には忘れ物の存在すら忘れて、その場から静かに駆け出していた。勿論、語るクラスメイト達に姿を見られる訳にはいかない。いや、今は同じ学年の、同じ学校の誰にも見つかってはいけない。

 涙が滲む不明瞭な視界を上下に揺らして、俺は帰路を急ぐのだった。

「…………」

 廊下を抜けて階段を下る。

 再び廊下を走って、昇降口で手早く上履きと下履きを履き替える。

 そして、歩む音を気にしなくなくて良い屋外では正門まで一気に駆け抜ける。

 そこまで進むと、大して運動の得意でない身体はハァハァと息も荒く肩を上下させ始めた。けれど、どうしても足を止めることは出来なかった。校舎へと続く長い坂道を、膝が壊れるのではないかと思うほどに、勢い良く下って行った。

 やがて、学校から多少だけ距離を得たところで俺はやっと走るのを止めた。距離にして一キロ近い。これだけの距離を全力で走ったのは数月前の体育で行われたマラソン以来だろう。三月も中頃にあり、制服の中は汗に蒸して、額にはじんわりと雫が浮かんでいた。

「…………」

 ただ、今はそんな不快感も微塵として気にならない。

 通い慣れた通学路をとぼとぼと歩む。

 ゆっくりと呼吸を整えながら歩む。

 傍らを勢い良く通り過ぎてゆく自動車達の排気音すら、全く気にならなかった。普段なら口元を覆いたくなる、大型トラックが吐き出したどす黒い排ガスを全身に焚きつけられても、何も感じることはなかった。

 自分の中の大切なものが失われて思えた。

「……なんだよ」

 今までの中学校三年間が酷く意味の無いものに思えた。

 今までの小学校六年間が激しく虚しいものに思えた。

 だけど二週間後には卒業式だからと、多少だけ安堵している自分が嫌になる。

 歩いていると、時折、同じ学校の制服とすれ違う。それがどうしても耐えられなくて、俺は通学路から外れるよう帰路を取った。普段通る道を迂回して自宅を目指す。同じ校区の生徒が誰も通らないような、小学校の頃に開拓した細い通路を選んで歩みを進める。

 ともすれば、平素より遥かに早く自宅へ辿り着いた。

 何も考えられなくて、無心のまま足を動かしていたからだろう。気づけば周囲の光景は移り変わっていて、目の前には住み慣れた我が家の姿があった。いつの間に帰って来たのだろう。そんな阿呆な疑問すら浮かぶほどに周りが見えていなかった。

 自宅の玄関を抜けたなら、普段ならばリビングでコップに麦茶の一杯でも汲んで喉を潤す。けれど、今日に限っては一心不乱に自室を目指した。そして、床に鞄を放り出すと、そのまま倒れるようにベッドへと横になった。

「…………」

 もう何をどうしたら良いのか分からなくて、酷い風邪でもひいてしまったように頭はぐるぐると回っていた。例えば、絶対に落とせない試験の問題が一つも分からなかったような、そんな抗い難い絶望と悲しみの感覚に身を震わせるのだった。

「…………」

 少なくとも自分は友達だと思っていた。

 決して深い仲ではなかっただろうけれど、上手くやっていると思っていた。

 けれど、それは自分の勝手な勘違いだったらしい。

「なんだよ、だったら、初めからそう言ってくれよ……」

 思わず愚痴が口を突いて出た。

 手近にあった枕を抱え込んで顔を埋める。汚らしい涙が枕カバーに染みを作って頬を冷たく濡らした。膝を臍へ付けるよう引き付けて身体を丸める。目をきつく閉じて視界を完全に覆う。凄く惨めな気分だった。

「…………」

 彼等が憎らしい相手だったら良かった。

 けれど、あの場に居合わせた多くは常日頃から羨み憧れ、一部は尊敬すらしていた者達である。そうなりたいと努力する事も多々あった。テレビに映るアイドルではないけれど、それに近い存在だった。

 だから、どうしようもなく悲しかった。

「ど、どうすればいいんだよ、こんなの……」

 幾ら考えても答えなんて出やしない。

 明日は幸いにして休み。けれど、週が空けてから卒業式までの二週間は普通に学校がある。その間を俺はどうして過ごせば良いのか。まさか、延々と自宅に引き篭もることなんてできない。先の話を盗み聞きしてしまったとクラスメイトに勘付かれる可能性はもとより、両親はそんな不良を認めてくれない。無理矢理にでも学校へ送り出すだろう。抗えば殴られる。

「…………」

 どうしたらいい。

 そんな疑問ばかりが延々と垂れ流しになり頭の中を溢れさせる。

 楽しかった筈の毎日が崩れて、どうしようもない地獄へと突き落とされた気分だった。そして、昨日までの楽しかった日々もまた、自分が知らぬだけで地獄に在ったのだと更に気を滅入らせる。

 あぁ、どうしよう。

 どうしよう。

 どうしようもなくて、他に何もする気が起きなくて、だから、自然と身体は眠りに向かう。眼を瞑って、どうしよう、を幾百回と繰り返したところで、俺の意識は段々と暗がりに落ちてゆくのだった。