喰らえ、メテオストライク!

導入 一

 夜の住宅街をコンビニから自宅へ向けて歩く。

 春先から一人暮らしを初めて数ヶ月あまり。先の四月から始まった高校生活にも、親もとを離れた六畳一間の生活にも、共に随分と慣れた。

 一方で幾年を過ごそうとも一向に慣れないのが、夏休みを目と鼻の先において、いよいよ寝苦しくなりつつある日本の夏場の就寝事情だ。

 こうした理由もあって、俺はコンビニへ寝酒を買いに行った。

 その帰り道の出来事だった。

「今日もあっちぃなぁ……」

 人通りも皆無の通りを進む。

 時刻は午前零時。

 軽自動車が辛うじてすれ違える程度の、幅の狭い道でのことだった。

 不意に奇声が届いたんだ。

「オマンコ、オマンコォ! オッオッオッオマンコォォォオオオオッ!」

 背後を振り返ると、そいつは居た。

 上下共に、真っ赤なスーツを着ている。その下に着たシャツも赤。ネクタイも赤。このクソ暑いなかコートまで着込んだ上で、やはり赤。更にシルクハットをかぶっており、これも同じように赤。

 全身、赤、赤、赤一色のチョイス。

 顔にはピエロのようなペイント。

 そして、手には日本刀を構えている。

「へ、ヘンタイだっ……」

 そんなヤツが、薄暗い住宅街の路地、外灯の下に立っていた。

 距離にして十数メートル。

 元気いっぱい、奇声を上げていた。

「オォオオオオオオオマンンコォオオオオオオオオオッ!」

 こいつはヤバい。間違いなくヤバい。

 俺は逃げ出した。

 ヘンタイは追ってきた。

「マジかっ……」

 走りながら、ちらり、後ろを振り返ると、距離を縮めた赤いシルクハットの姿があった。このままでは追いつかれる。相手の振り回す日本刀の切っ先は、目と鼻の先まで迫っていた。

「へ、ヘンタイだぁああああああああああ!」

 そこでふと気づいたのは、手に提げていたコンビニのビニール袋。

 それなりの重量があって、今もブランブランと揺れては、走るのを邪魔している。袋の中には容量七百ミリリットルのボトル瓶が入っている。ジムビーム。コスパに優れる貧乏人の味方。

「こっちくんじゃねぇよっ!」

 俺は手に提げていたビニール袋を投げつけた。

 遠慮無く、中身ごと赤スーツに投げつけた。

「ギャッ!?」

 これが上手いこと、相手の鼻面に当たった。

 ゴンという低い音が。

 次いで甲高い悲鳴が。

 二つ、矢継ぎ早に響いた。

 最後にガシャンとは続かなかった。酒瓶は割れなかったようだ。恐らく、一緒に購入したチーズとかチョコレートとか、つまみの類いが緩衝材となったのだろう。

 一方、急な衝撃に驚いたのか、赤スーツの足はバランスを崩す。

 駆ける勢いをそのままに、アスファルトの上へ転がった。手から離れた日本刀は、グルングルン、放物線を描いて宙を舞う。

 そして、見事、俺の背中に突き刺さった。

「うっ」

 グサッと来た。

 自身の胸を見下げると、尖ったものが十数センチくらい凸してる。

 体を突き抜けた刃の先が、上手い具合に心臓の辺りから飛び出していた。

「マジ、かっ……」

 相打ちだった。

 いや、こっちのほうが重症だから、おう、負けだ。

 死んだなこれ。

 まるで周囲の光景がスローモーションのように流れる。自動車の窓に車外の景色を眺めるよう、視界の色々が下から上へ移ろってゆく。

 ややあって、路上にズシャリ、転がった。腹に刺さった長物が体の内側で抉れる。スーパー痛い。これマジでヤバい。

 耳のすぐ近くからは、バサリ、何かが肩から飛び立つ羽音。

「オマオマオマオマオマッ、オマンコォぉオンオンオンオンオンッ!」

 これを掻き消すよう、すぐ近くからヘンタイの騒ぐ声が聞こえた。

 両手で自分の頬をバシバシと叩きながら、口をタコみたいに尖らせては叫ぶ。

「マ、マジキチ……」

「オマンマンマンマンマンコォオオオオオ!」

「…………」

 ただ、それも早々のこと、足音と共に通りの角へと消えていった。

 逃げやがったな。

 完全に通り魔です。

 後に残されたのは、日本刀に串刺しのまま放置された俺。

 そして、すぐ目の前。

 道路脇に置かれた段ボール箱と、これに収まった幼女。

 幼女?

 段ボール箱に張られた白紙が曰く、誰か拾ってやって下さい。

 箱の脇には、無残にも首の骨をへし折られて、力無く横たわる子猫の亡骸。恐らく、先んじて段ボール箱に収まっていたのはこちら。あぁ、可愛そうに。仮初めの住処を追われたばかりか、命まで奪われてしまった様子だ。

 そして、問題の極悪非道なネコ殺し。

 段ボール箱に収まる拾われ待ちの幼女が曰く――――

「おー、こりゃ死んだなー」

 本来であれば、見えちゃいけない類いの幼女だった。

 本来であれば、構ってはいけない類いの幼女だった。

 その可愛らしい顔立ちは常識の範囲内。赤褐色の肌も、人種を選べば、取り立てて気を揉むことも無い。瞳が金色、というのは非常に珍しいけれど、この広い世の中、そういう人もいるだろう。

 が、側頭部に角、こればかりは看過できない。

「……マジか」

 普段なら避けて通る手合いの筆頭代表が、倒れた俺の目の前に居た。

 とは言え、今は藁にも縋る思い。

 たとえ相手が人間であろうとなかろうと。。

「たのむ、そ、そこに転がってる、酒、やるから、たすけて……」

「え? 酒くれるのか? ならいいぞ」

「ま、じか……」

 承諾してくれた。

 快諾してくれた。

 頭から角が生えているのだから、この幼女は恐らく鬼なんだろう。

 鬼の癖に人間の言うこと聞いてくれるなんて珍しい。

 とかなんとか。

 ここまでが俺の限界だった。

 ありがとう。たった一言の礼を言う暇もなく、意識は失われた。一昔前のブラウン管テレビが、電源を落とした瞬間、映像の中央へ向けて窄みゆくよう。目に映る光景は、夜の陰りより尚のこと黒い何かに、飲まれてゆく。

 視界は暗転した。

 気絶した。

 失心。

 卒倒。

 人事不省。

 俺は真っ暗ななかに落っこちた。