喰らえ、メテオストライク!

学校捜索 一

 ここ一年と数ヶ月で通い慣れた教室。

 俺とエリーザベト姉が到着したのは、ちょうど四時間目が終わり、昼休みとなる頃合だった。戸を抜けた先、教室には既に妹さんの姿がある。

 彼女はこちらを見かけるなり、クラスメイトの群がる輪を超えて来た。

「お姉ちゃん、迎えに行くだけだったのに随分と掛かったね」

「ええ、色々と愚図られたから」

 ジッと視線にこちらを指し示して言う。

「俺を見るなよ」

 教室へ入るなり、周囲から向けられたのはクラスメイト一同からの視線。一瞬、何が起こったものかと慄いて、数瞬の後、あぁ、なるほどと理解する。

 そりゃそうだ。絶賛大人気の金髪ロリ転校生と、教室の冴えない男ナンバーワンである俺とが、一緒に登校してきたのだ。そりゃ気になる。俺も気になる。

「それじゃあ、行くわよ」

「りょうかーい!」

 姉の言うに応じて、意気揚々と頷いて見せる妹さん。

「行くって何処へだよ?」

「ここからは分担して捜索するわ。貴方は一階を探して頂戴。ハイジは二階を。私は三階と四階を探すわ。時間は三十分を目処として、何も見つからなかった場合は、次の棟へ移ることにしましょう」

「ちょ、ちょっとアンタら、学校の地理は大丈夫なの?」

「それは昨日のうちに親切なクラスメイトから教えて貰ったわ」

「そうかい」

 たった一日で覚えるとは、頭が良うござんすね。

「集合場所はどうするのぉ?」

「時間になったら私から連絡を入れるから、それを待ちなさい」

「りょーかい!」

 手際良く指示を出す姉と、これに応じる妹。

 俺は置いてけぼり。

 クラスメイトもポカンと呆気に取られている。

「それじゃあ行くわよっ!」

「おぅいえ! ごー! ごぉー!」

 姉妹は早々のこと、駆け足に教室を飛び出していった。

 止める暇も無い。

 結果、後に残されたのは、俺だ。

 俺だよ。

 出遅れちまった。

「おいちょっと、これってどうなってんの?」

 クラスメイトの一人が、俺の下へと歩み寄ってきた。

 クラスの人気者、ナンバーワンイケメンの谷沢君だ。

「あぁ、いや、これはその……」

 問われて、あぁ、どうしたもんだろう。

 しどろもどろ。

 昨日は美少女姉妹を前として、あんなにも容易に軽口を叩けたというに、今日は同級生の一人を前として、上手く舌が回らない。なんかこう、蛇を前にした蛙って感じ。

「お前、なんでコージマさんと一緒に登校してきたの?」

「…………」

 なんででしょうね。

 俺も分からない。

 っていうか、今この瞬間に新発見。碌に口を利いたことのない相手から、いきなりお前呼ばわりされるのって、凄く気分悪いわ。なんか、もっそい悪意を感じる。

「ちょっとこれ、俺たちに説明しろよな?」

「い、いや、それはなんつーかね、ほら、あのさ……」

 んなこと尋ねられても困るのよ。

 どうすんのよ。

 脇の下、ぶわっと嫌な汗が噴き出すのを感じる。

 うっわ、お酒飲みたい。もうこれお酒飲みたい。全力で飲酒モード。

「えっと……」

 っていうか、なんか面倒になってきた。

 これもう逃げちゃっていいだろ。

「わ、悪いけど、また後で!」

「あ、おいこらっ!」

 教室のドアへ向けて走り出す。

 すると何を考えたのか、谷沢は俺を追いかけてきた。バタバタという足音に振り返れば、肩越しに見えたのは、憤怒の形相に迫る谷沢の姿。その腕が俺の肩を掴もうとして、ぐっと前に伸ばされる。

「ちょっ」

「待てコラっ!」

 お前は小学生か。

 伸ばされた腕は寸前のところで身体を捻り回避する。

「お、俺じゃなくてアイツらを追いかけろよっ!」

「うるせぇよっ!」

 周囲に集まったクラスメイトを避けて、俺は駆け足で教室を後とする。すると、これに谷沢は付いて来た。何がそこまで彼を駆り立てるのか。

 そのまま廊下を走る。

 昼休みということもあって、教室の外は生徒が沢山だ。これを危ういところに避けながら、割と本気で走った。

 逃げ足には自身がある。俺のベリーハードな人生設定においては、学歴と比較しても、殊更に重要な技能だ。

 幾らばかりを駆けると、どうやら相手も諦めたらしい。後ろが静かになった。パタパタとした足音が聞こえなくなる。

 それでも、更にしばらくを走る。振り返るのは十分な距離を駆けてから。都合、数分を走り回った。これで十分か。

 チラリ視線をやる。

 そこには誰の姿も無い。どうやら無事に逃げ切ったようだ。

「……あーもー、なんか吐きそう」

 二日酔いの身体で鬼ごっことか堪えるわ。

 グワングワンと痛む頭を片手に抑えながら、荒くなった呼吸を整えるよう、ゆっくりとしたペースに歩む。特にどこへ向かうともなく進む。

 既にエリーザベト姉から指示されたフロア一階は過ぎている。

 気づけば渡り廊下を越えて、旧校舎へと移動していた。

「ったく、なんだよアイツ。意味が分かんないし……」

 築六十年以上。木造三階建ての古い建物だ。現在は大半の教室が使われていない。唯一の例外は、渡り廊下を経て繋がる昇降口付近の教室。その幾つかが、天文部や文芸部といった、弱小系の部活動や同好会の活動場所として解放されている程度だ。

「…………」

 旧校舎とか初めて入った。

 ほんのりと鼻先に感じるカビと木の匂いが心地良い。

 昼休みの喧噪が妙に遠く聞こえる。

「っていうか、何か居るとしたら、絶対にこっちだよな……」

 金髪ロリ吸血鬼共は、新校舎こそクラスメイトに案内されたものの、旧校舎については理解が及んでいないのだろう。我が校の歴史を偉そうに語って見せた手前、大した手落ちもあったものだ。

「……探すだけ探すか」

 見つけるモノを見つけないと、きっと、いつまで経っても家に帰れない。

 自宅で呻く酔っ払いも気になるので、さっさと片付けてしまいたい。

「…………」

 板張りに作られた古めかしい廊下を慎重な面持ちで歩む。

 碌に保全されていないらしく、足の踏み先によっては、時折、キィと軋みが上がる。大半のフロアはブレーカーが落とされており、新校舎と比較しては些か薄暗い。照明は窓ガラスから差し込む陽光が照らす限り。

 日中こそ活動に支障はないものの、日が暮れれば天然のお化け屋敷だ。

 だが、何故だろうか。そうであれば居着いて当然の手合いが、けれど、ほとんど見受けられない。たまに見かけたとしても、毒にも薬にもならない霞のようなヤツが大半だ。

「……ヤバい気がする」

 過去の経験上、こういった場所には、必ずラスボス的な何かが住んでいる。そいつの存在が、雑魚い連中を寄せ付けないよう、自ずと機能しているのだ。

 身近な例を挙げると、善神を奉っている神社などが、その最たる。破邪っぽいパワーが悪いヤツらを追い払って、境内を綺麗に保つのだ。

 ただ、雑魚を退けるのは、必ずしも善神の影響に因るとは限らない。極悪非道な妖怪が住み着いた場合でも、同じような形に落ち着く。

 善い感じの神様か。即死級の化け物か。

 美少女吸血鬼姉妹の言葉を信じるのなら、この先に待っているのは前者の筈だ。

「…………」

 仕方ない。

 覚悟を決めて、先へ進むこととした。