喰らえ、メテオストライク!

学校捜索 二

 探索を初めて十数分ばかりが経過した。

 職員室、放送室、美術室、音楽室、下駄箱、などなど。旧校舎一階の確認は大半を終えて、最後に残すところ宿直室。わざわざ教員室からカギを借りてきてまで、各所を確認しているのだから、勤勉な自分を褒めてやりたい。

 カチャン、錠を落としてドアを開く。

「…………」

 僅かばかりの隙間から、内側を覗くようにして室内を窺う。

 ほのかに香る畳の匂いが、強張った心を少しばかり落ち着かせる。

「……何もいないか」

 部屋の中は空だった。

 大きくドアを開いて、土足のまま室内へと侵入する。

 宿直室は当時のままの姿を保っていた。古めかしい作りの和箪笥や卓袱台、石油ストーブの上に置かれたヤカン。映像のなかでしか見たことのない、平成初期から昭和の時代を思わせる光景だった。

 昔の教師は、この部屋で一晩を過ごしたらしい。

 なかなか居心地が良さそうだった。

 冬場、おでんと熱燗で一杯やりたくなる。そんな風情の居室だ。

「…………」

 部屋全体を眺めたところで、ふと、ズボンのポケットが震えた。

 一瞬、何事かと慌てる。

 震えているのは吸血鬼姉妹に貰った端末だった。着信らしい。ディスプレイに表示された名前を確認して、通話回線を開く。呼び出しは姉の方からだった。

「はい、もしもし……」

『貴方、今どこにいるの? まさか逃げたのかしら?』

「いやいや、逃げてないですよ。ちゃんと仕事してますよ」

『端末のGPSがおかしな地点を指しているのだけれど』

「…………」

 位置情報を管理されることが、ここまで不快だとは思わなかったよ。

『ちゃんと説明をなさい』

「新校舎よりも可能性が高い場所があるから、そっちを探してた」

『新校舎? どういうことかしら? 何か見つけたの?』

「旧校舎っていう古い建物があるんだよ。神様にせよ妖怪にせよ、何かヤバいものが巣食ってるなら、どう考えてもこっちだろって雰囲気の建物だよ」

『……そういうことは先に言いなさい。いい加減に殺すわよ?』

「アンタら化け物は殺すって単語好きだよな。馬鹿な中卒ヤンキーみたいだわ」

『待っていなさい。すぐにそっちへ向かうわ』

 ブチン、回線は一方的に切られた。

 通話時間、三十五秒。

 最後の一言は、多分に怒気を孕んで思えた。少し調子に乗りすぎたかも知れない。とは言え、こっちから動くのが面倒だったので、これで良しとする。相手が扱いやすい吸血鬼で助かる。

 電源ボタンを押下して、ディスプレイの表示を消し、端末をポケットにしまう。

「しかし、仮に巣食っていたとしても、どこに居るんだか……」

 何気なく天井を見上げるよう、顎を上げた。

 すると、ふと目に付いたのが、高い位置に設置された神棚。宿直室と隣接して屋外に通じる土間、その境目の仕切りに設けられた、随分と年季の入った神社である。

「これか?」

 建築計画の都合で、元々建っていた祠や神殿の類いが、新しく建造された構造物の一部に神棚として移設されるケースは、決して少なくない。

 これが人間の住居なら、おいちょっと勝手に小さくしてんじゃねぇぞと、文句の一つでも飛んで来そうなものだ。俺だったら間違いなく文句を言う。

 けれども、神様は社のサイズが小さくなったところで、目くじらを立てることもない。多くの場合、ちゃんと管理さえしていれば、大らかな目で見て下さる。

「でも、留守っぽいな……」

 ただ、神棚には誰も居なかった。

 どこ行ったんだろう。

 部屋の中を探してみるけれど、一向に見つからない。

 もしかしたら、引越ししてしまったのだろうか。

 そうこうするうちに、廊下の側から他者の足音が聞こえてきた。カツカツカツ。二人分であるからして、十中八九で美少女吸血鬼姉妹のものだろう。

 宿直室のドアは万が一に供えて開きっぱなし。GPSからの位置情報も手伝い、彼女たちは早々こちらの所在に気づいた様子だ。一直線に向かってきた。

「……見つけたわよ」

 開かれたドアの先、廊下に立つエリーザベト姉が言った。

 俺は声の側を振り返り、適当に返事を返す。

「あちゃー、見つけられたわー」

 彼女は土足のまま宿直室へ。

 早歩きでこちらに近づいて来た。

「ちょっと一発殴るわね。歯を食いしばりなさい」

「あ、おいこらっ!? ちょ、やめへけぇっ!?」

 頬を殴られた。

 グーで。

 かなり痛かった。