喰らえ、メテオストライク!

学校捜索 三

「こんなところがあったんだねぇー」

「確かに可能性としてはこちらの方が高そうね」

 姉妹で並び立ち、宿直室を見渡す。

 姉の方は俺を一発殴って、ひとまず機嫌を直した様子だ。おかげで左の頬が熱を持ってズキズキと痛む。この理不尽さが人外連中の腹立たしいところ。気に食わないことがあると、すぐ暴力に訴えるんだから。

「それで、何か見つけたの?」

「神棚はあったけど、留守っぽい」

 痛む左頬を、手の平に擦りながら言う。

 心なし奥歯がグラグラしてるんだけどさ。

「……そう」

「あ、これ知ってるっ! 昔のテレビって、凄く大きかったんだよねっ!? 前にテレビでやってるの見たよ! よくこんな馬鹿デカイの使ってたよねぇ!」

 部屋の片隅に置かれたブラウン管テレビを眺めて、妹さんは楽しそうだ。

 俺とそう年齢が変わらないというのは、きっと本当なのだろう。

「ハイジ、うるさいわよ」

「お姉ちゃんは気にならないの? ほら、これとか、ザ、日本って感じ?」

「今は遊んでいる状況じゃないでしょうに……」

 障子戸に区切られた畳敷きの一室は純和風。そこに金髪碧眼のロリータ姉妹がキャッキャする姿は、違和感も甚だしい。

「他の場所は探したの?」

「一階は全部探した。後は二階と三階が残ってるけど」

「では二階から順に進みましょう」

「ここは?」

「神殿があったところで、留守では意味がないでしょう」

 これ以上の捜索は無用だとばかり、踵を返すエリーザベト姉。

 その歩みが廊下へ向けて一歩を踏み出した瞬間の出来事だった。

『……鬼風情が何用か?』

 どこからともなく声が届いた。

「マジかよっ!?」

「っ!?」

「お、お姉ちゃんっ!」

 まさか、俺じゃない。当然、ロリ姉妹でもない。宿直室に響いたのは、老年の男性を思わせる嗄れた声だった。ジジイ声だった。

 咄嗟、身を固くしたところで、神棚の辺りに変化が起こる。

 カシコン、カシコン、鐘を鳴らしたよう。甲高い音が響いた。同時に眩い輝きが部屋の中を一杯に満たす。それこそ目を開けていられないほど。

「うぉおおおおおっ!?」

 俺は過去の経験から、目を閉じて、両耳を手に押さえて、しゃがみ込んだ。

 突風のようなものが吹き荒れて、髪の毛を激しくはためかせる。

 額を膝に押し付けるよう身を丸めているので、周囲の様子は確認できない。もしも今この瞬間、グサリとやられたら終わりだ。何の抵抗も出来ない。けれど、他にどうすることもできなくて、状況が落ち着くのを待つ。

 すると、輝きは数秒ばかりの後、やんわりと収まっていった。

 瞼越しに光が薄らぐのを感じて、俺はゆっくりと目を開く。

「……お、おぉう」

 目の前には爺さまが居た。

 胡座をかいて空に浮かんでいる。

 しかもデカイ。

 部屋の半分を占めるくらいの大きさがある。

「もう一度、問う。鬼風情が何用だ?」

 縦に長い頭は毛の一本も見当たらないハゲ。一方で顎には、真っ白なヒゲがもっさり。胴体は短くて、手には古びた木の杖をついている。

 もしもこれで笑顔なら、或いは福の神と思えたかもしれない。けれど、今に眺めるご老体の表情は、どうにも厳しい。具体的には頑固爺の仏頂面。

 理由は知れないが、どうにも機嫌が悪そうだ。

「……おい。アンタら聞かれてるぞ」

 爺さまと向き合う俺の右斜め後ろ。部屋の出入り口付近に金髪ロリ姉妹だろう気配を感じた。振り返って問い掛ければ、そこには既に宿直室を脱して、廊下へと至る二人の姿があった。

 コイツら俺のこと放って、自分たちだけ逃げ出そうとしやがったな。

「お、お初にお目に掛かりますわっ!」

 俺の声に応じて、ビクリ、エリーザベト姉妹は肩を震わせて応じる。

 姉は場を代表するよう、大慌てに爺さまへと向き直った。妹さんはその傍らで、姉の背に隠れるよう、身を小さくしている。つい今し方までの元気が嘘のようだ。

 この爺さま、コイツら吸血鬼よりヤバいっぽい。

 そりゃそうだ。双子姉妹の言葉が正しければ、有名な神様だもの。

「最後に問う。鬼風情が何用だ?」

「誠に勝手ながら、福禄寿様であるとお見受けして、お願いに参りましたっ」

「……鬼が神に願い事か?」

 野太く低い爺さまの声は、地鳴りのように部屋の壁や天井を震わせる。

 かなり怖い。地震雷火事親父の親父が、きっとこれに相当する。

「今、この星は未曾有の危機に瀕しております。我々はこれを救うべく、数多の神々や物の怪に協力を仰ぐべく動いております。際しましては、どうか福禄寿様、我々の言葉に耳を貸しては頂けませんでしょうか」

「ほぅ……」

「このままでは、この地球に生きとし生けるもの全てが失われてしまいます。人間などはその最たるでしょう。ですから、突然のお願いとなり大変に恐縮ではありますが、お話だけでもお聞き願えませんでしょうか」

 エリーザベト姉にしても、俺に対する際とは打って変わって腰が低かった。

 ただ、それでも流暢な日本語に交渉して見せる姿は大したもんだ。

 俺なんて既にパンツが湿っている。

「儂に鬼の言葉を信じろと?」

「そ、それはその……」

 しかしながら、交渉の雲行きは、どうにも怪しい。

 この爺さま、鬼が嫌いなのだろうか。確かに福の神と鬼では、存在のベクトルが正反対だ。きっと、その辺りが影響しているのだろう。

 この姉妹にしても、一応、鬼と名の付く種族には違いない。

「人に仇なす鬼の子よ。この場に消滅せよ」

「っ!?」

「お、お姉ちゃんっ!」

 問答無用、爺さまが手にした杖を振りかざす。

 福の神だからと言って、性格が温厚とは限らないらしい。

 めっちゃ攻撃的だった。

 この急激且つ一方的な反応には、エリーザベト姉妹も慄いた。恐怖に瞳を見開いたまま、その場に固まってしまう。逃げ出すことも忘れたよう、頭上に掲げられた杖に意識を奪われていた。

「滅びよ」

 杖の先端が、つい先程に同じく輝きを灯した。

 このままでは大変だ。

「ちょっと待ってマジで待ってお願いしますストップお願いしますっ」

 両手を広げて、爺さまと姉妹の間に躍り出る。

 もしも相手が神様でなく他の化け物、例えば悪鬼の類いであったら、こんなことは絶対にしない。一緒に巻き込まれて、そのまま死んでしまうのがオチだ。

 だけれども、相手は十中八九で神様と特定。それも人間に対して善意的な福の神だ。それなら俺が場へ飛び出すことにも、少なからず意味があるのではなかろうか。

「……どうした、人の子よ」

 間一髪、爺さまの腕が止まった。

「コイツらってば確かに鬼だし、どーしょもない子悪党だけど、まだ俺とそんなに歳変わらないくらいのガキだから、み、見逃して欲しいんスけど、そこんところどうにかなりませんかね? ここは一つ、寛大な神様の御心ってやつで……」

「庇うのか?」

「え、えぇ、まぁ……」

 狙い通り一撃死は回避。

 代わりに始まったのは交渉パート。

「ほぅ……」

 爺さまは俺をジッと眺めて、何やら考えごとを始める。値踏みでもしているのか。杖を持った側とは逆の手で、顎髭など撫でながらのこと。

 自宅で二日酔いに沈んでいる自称鬼ッ子とは、雰囲気がまるで別モノ。

 そうだよ。これが本当の人外ってヤツですよ。まるで生きた心地がしない。膝は愚か腰から背中まで、ガクガクと揺れ始めている。

 ただ立っているだけなのに、どうにも平衡感覚が保てない。

「弱みでも握られているのか?」

「いや、別にそういう訳じゃないんスけど」

「そうか? その割には随分と妙な在り方をしているようだが」

「え? 在り方?」

 よく分からないことを言われた。

 神様の発言だ。決して意味のない言葉ではないだろう。

 ちょっと、いいや、かなり不安になる。

「まあ良い。そちらは関係の無い話ということか」

「……あの、ちょっと話について行けないんですけど」

 独白を続ける爺さまにどうしたものか。

 頭を悩ませる。

 悩ませている。

 すると、不意に相手の表情が変化を見せた。

「あい分かった。善意ある人の子よ、その願い儂がしかと聞き届けよう」

 にっこり。

 それまでの顰めっ面が嘘のよう。

 満面の笑みが浮かび上がった。

 それこそ福の神が福の神たる所以と言わんばかりの福顔。

「……え?」

「どうやら、そこの鬼の話、決して嘘の類いではないようだの」

 態度の変化は急激だった。まるで手の平を返したよう、柔和な言葉が返ってくる。最初からこうして語りかけられていたのなら、素直に福の神を理解していたと思う。

 今し方のやり取りはなんだったのか。

 疑問に思ったところで、答えは相手の口から語られた。

「まさか鬼の言葉を素直に飲む訳にもゆくまい?」

「そ、そうっすか……」

 俺らは試されたのか。

「人間であるお前が味方すると言うのであれば、そこの鬼も悪意あって我ら神に近づいた訳でもあるまい。ましてや滅ぼされる危険を冒してまで」

「……分かっていただけて何よりッス」

 少しばかり驚いたけれど、どうやら交渉は成功らしい。

 ついでにこの爺さんが神様である言質も取れた。

「おい、そう言ってるけど……」

 背後、宿直室の出入り口を振り返る。

 そこには吸血鬼姉妹の姿がある。先程の一喝が利いたのか、共に身を強ばらせて、目元は些か潤んで思える。よくよく確認すれば、両の膝がガクガクと震えていることが確認できた。相当にビビってる。ザマァ。

「……そ、そう」

「なる、ほどー……」

 物静かな姉も斯くや、元気な妹の方も酷く狼狽して思える。

 かなり心地の良い光景だ。

 自らの消滅に怯える金髪ロリ美少女とか最高に可愛い。

「おい、早く話の続きとかしろよ」

「ええ、そ、そうね」

 急かしてみると、姉は我が身を取り繕うよう、強めの口調に頷いた。

 そこから先は双子の仕事である。

 俺は黙って彼女らが神様へ事情を伝えるのを眺めることとした。

		◇		◆		◇

「なるほど、承知した」

 吸血鬼姉妹の訴えに対して、爺さまは肯定的だった。ひとしきりの説明を耳にしたところで、素直に頷いて応じる。善神は伊達じゃなさそうだ。その表情には一貫して笑みが浮かべられて、ニコニコと。

 その様子に安心したのか、ようやっと姉妹も肩の力を抜く。

「ご協力に感謝します」

「なに、人を導くのが、我々のような神の行いである」

 ただ、一言毎に響く野太い声は相変わらず。大した迫力だ。

 人外としての、神様としての格ってやつを感じさせる。

「そう仰って頂けると幸いです」

「それでは、本日中に迎えの者が参りますので、今しばらくお待ち下さい。恐らく日が暮れる前には、我々の拠点にご案内できるかと思います」

「うむ。しかと頼まれた」

 こうして、無事に俺たちは福の神、福禄寿様との交渉を終えた。

 話し合いが終わると、神様は早々に姿を消した。姿を消すといっても、歩いてどこかへ向かった訳では無い。その場に霞み消えるよう、どこへとも行ってしまった。宿直室の神棚へ収まったのだろうか。分からない。

 ただまあ、これで仕事は終わりだ。やることは全部やった。

 俺たちも長居は無用とばかり、旧校舎を後とした。

 気づけばいつの間にやら昼休みは終わっており、時刻は午後二時、五時間目の授業が始まっていた。近隣地域一帯に響いて聞こえる同校のチャイムだが、その音にすら気付けないほど、意識を集中していたようだ。

 旧校舎を後として、屋外、数歩ばかりを歩んだところで、姉が立ち止まった。

 新校舎とを結ぶ渡り廊下の中程だろうか。

「ふぅ……流石に疲れたわね」

 少なからず辟易した様子で言う。

「そうだねぇ。私も今日はもうお腹一杯だよぉ……」

 妹の方もドッコイドッコイといったところ。

 彼女たちは吸血鬼として、まだ歳幼いと言う。これが千年とか二千年とか生きた老齢であったのなら、異なる結果になっていたのだろうか。吸血鬼と福の神。戦ったらどっちが強いのかとは、少なからず気になるところ。

「っていうかさ、アンタら、俺のこと放置して逃げようとしたよね?」

「なんのことかしら?」

「えー? そんなことしてないよぉー」

 しれっと否定してみせる。

 だけれども、一瞬、視線が泳いだのを俺は見逃さなかった。態度こそ随分と偉そうだけれど、もしかしたら彼女ら、実際は大したことないのかもしれない。そりゃ人間の俺と比べれば強い。しかし、化け物の序列に数えては、どれほどのものなのか。

「吸血鬼だなんだ言ってるけどさ、アンタら姉妹って意外と雑魚いのな。せめて、もう少し根性とか、プライドとか、そういうのあると思ってたわ。大物に遭遇した際の迸る小物感は、どうにかならないもんですか?」

「な、なんですって!?」

「めっちゃ涙目だったじゃん。足とがガクガクしてたし」

「っ……」

 咄嗟、言い返す言葉が浮かばなかったのだろう。

 悔しそうな顔になるエリーザベト姉だ。

「だったら、えぇ、これから貴方で試してみようかしら?」

「いやいやいや、弱いモノいじめは止めようよ。みっともない」

「先に噛み付いてきたのはそっちでしょう?」

「普通の人間とか虐めて楽しいの? 試すまでもないでしょうに」

「ええ、とても楽しいわ。最高じゃないかしら」

「開き直るなよ」

 雑魚決定だ。あと百年は寝かさないと、コイツら使い物にならない気がする。きっと、吸血鬼とはそういう生き物なんだろう。また一つ利口になった。恐らく鬼としての格はそこまで高くない。むしろ不死者であることに強みがあるのだろう。

「っていうか、吸血鬼のアンタらがラッキー集めとか、色々と相性が悪すぎないか? どちらかと言えば悪い系の化け物だろ?。逆にラッキーな連中は、良い系の化け物が多いイメージだし」

 聖と邪

 LOWとCHAOS。

 オラオラ系のリア充とニート系の非リア。

 そんな対応関係。

「いちいちうるさい人間ね。今はそういう細かいことに拘っていられる状況じゃ無いの。そんな簡単なことも理解できないのかしら? 頭悪いわねっ!」

「そうだぞぉー! 文句ばっかり言ってるとチューチューしちゃうぞぉ!」

「チンポを?」

「えぇっ、その顔で下ネタとか言うのぉー……」

 妹さんに凄い嫌そうな顔をされた。

「俺はブサイク属性の陵辱要員だから。そっち系でお願いします」

「戦う前に負けてるねぇ……」

「うっせ」

 あーくそ、妹さんとセックスしたい。可愛いなぁもう。隕石衝突の前日くらいになれば、或いは土下座すれば一発くらいやらせてくれるかもしれない。どうしよう。駄目元で頼んでみようかな。

「あぁー、エロいこと考えてるね? ブサい顔が更にブサくなってるよ……」

「君みたいな可愛い子と一緒なんだから仕方ないでしょ。エロくもなるって」

「それ本気で嫌だよ。私」

「そっすか……」

 まあいいや、やることやったし家に帰ろう。

 今は自宅で床に伏しているだろう鬼っ子が気になって仕方ない。見ず知らずの人外を家に一人きりとか、流石に不安が募る。帰ったらアパートが炎上していたとか、家具一式が消えていたとか、色々と笑えない。

「ってことで、俺は帰る。お疲れ様でしたー」

 小さく会釈をして、昇降口に向かい歩み出す。

 今日は授業を受けるつもりもなかったので、鞄の類いは持ってきていない。このまま上履きから下履きへ履き替えれば、そのまま学外へ出て行ける。

 そうだ、帰りにコンビニでポカリとゼリー飯でも買っていってやろう。

「ちょ、ちょっと、待ちなさい!」

「なんだよ?」

 一歩を踏み出したところで、エリーザベト姉に呼び止められた。

「まだ昼過ぎなのよ?」

「だから?」

「まだ仕事を続けるわ。付いてらっしゃい」

「なんでだよ……」

「さっきも言ったわよね? 私たちには時間がないの」

「お前らでやれば良いじゃん」

「さっき貴方が指摘したとおりよ。私たちとラッキーな連中とでは、相性が非常に悪いの。この間に人間である貴方が入ることで、ここまでやり易くなるのであれば、協力させない理由はないわ」

「それって遠回りに俺のこと好きだって言ってる? 一緒に居たい感じ?」

 コイツらさっきの神様にビビって、自分たちだけで行動するのが怖くなったな。

「正直、隕石を乗り切ったら殺したいくらいに苛立ってるわ。さっきのアレで惚れたとか思ってるなら、それはとんでもない勘違いだから、自意識を訂正した方が良いわよ。貴方の顔に明るい未来は無いのだから」

「そっすか」

 ちょっとした冗談なのに、本気で返さなくてもいいじゃん。

 セクハラの通じない女はモテないぞ。

「ほら、行くわよ」

「別に行っても良いけど、ちょっと家に寄らせてくれよ」

「どうして?」

「置いてきたヤツが気になるんだよ」

「あぁ、あの餓鬼ね」

「少しくらい良いだろ? 少し様子を見に帰るだけだから」

「……まあいいわ。けれど、本当に寄るだけよ? 時間がないのだから」

「そんなに何度も繰り返さえなくたって、十分に分かってるよ」

 ということで、エリーザベト姉妹と共に、自宅へ向かうこととした。