喰らえ、メテオストライク!

酔っ払いの容態

「おーい、生きてるかー?」

 一時帰宅、玄関を抜けて廊下を歩み、一つしかない居室へと向かう。

 するとそこには、家を出た際と変わらず、布団の上に横となる鬼っ子の姿があった。相変わらずグッタリとしている。

 ただ、多少なりとも具合が改善したのか、顔色が良くなっていた。

 ちなみに吸血鬼姉妹は家の外で待っている。俺の部屋なんて入りたくない、だそうな。本格的に嫌われてるっぽい。

「……大丈夫か?」

「の、のど、かわいたぁ……」

 語りかけると返事があった。

 ちゃんと意識があったことにホッと一息だ。

「水とか飲めるか?」

「うん……きっと、のめる……」

「じゃあ、ほら、これ」

 近所のコンビニで買ってきたポカリをくれてやる。

 蓋を開けたペットボトルを差し出すと、鬼っ子は上半身を起こし、これを受け取り口を付けた。ゴクリ、ゴクリ、ゴクリ。大きく喉を鳴らして、けれど、ゆっくりと慎重に飲んでゆく。

 大凡、半分ほど納めたところで、口をボトルから離した。

「はぁー……」

「お前さ、マジで大丈夫?」

「……びみょう」

「び、微妙か」

 大丈夫じゃなかったら、どうなっちゃうんだよ。

 鬼ってお酒に強いんじゃなかったのですか。

「おさけ、ヤバい。おさけ、こわい」

「……そか」

 どうにも元気がないぞ。

 布団の上、アヒル座りに腰を落ち着ける姿は、どうにも弱々しい。今なら俺でも簡単に倒せてしまいそうだ。っていうか、コイツは本当に鬼なのか。エリーザベト姉の言葉じゃないが、色々と怪しくなってきたぞ。

「俺、またちょっと出かけてくるから、お前はここで寝てろよ」

「え、いいのか?」

「別にいいよ。好きにしてくれて」

 手にしたビニール袋を鬼っ子に差し出す。

「あとこれ、ほら、食い物とか入ってるから、食べられるようになったら食えよ。あ、でも無理してまた吐くんじゃないぞ? これ以上、部屋を汚されたら泣いてしまう」

「おぉ……ありがたい、ありがたい。おまえ、いいやつ……」

 人外に感謝されるなんて、生まれて初めての経験だ。

 肌で感じる異文化コミュニケーション。

「んじゃ、行ってくるから」

「ん、いってらっしゃい……」

 弱々しい声に送り出されて、俺は部屋を後とした。

 玄関で靴を履いて外へ出ると、家のすぐ前には吸血鬼姉妹の姿が。姉は正面に直立不動、妹の方は足下の石ころなど蹴飛ばしながら。外見は全く同じであっても、まるで性格の違う姉妹だ。

「遅いよわ」

「悪かったね」

「女の子を待たせるなんて最低なんだよぉー」

「俺は脈のない相手に優しくするほど人格ができちゃいないのだよ」

「あ、それ女にモテない典型なんだってっ! 前にテレビで見たよぉ」

「マジか……」

 スゲェどうでも良い情報を貰った。

「っていうか、これからどーすんの? どこか行くんですか?」

「行くに決まっているでしょう? 次の候補地へ向かうわよ」

「それってどこ?」

「ちょっと待ちなさい。今調べるから……」

 エリーザベト姉がスカートのポケットから端末を取り出す。

 そうした最中のことだった。不意に耳に届いたのがサイレンの音。ウゥーーーーーン、ウゥーーーーーン。どうにも不安になる響きだった。

 パトカーとも救急車とも異なる、過去に聞いたことのない音色だ。発せられているのは、自治体が設置した地域の防災スピーカーのよう。

 今は夏場であるから、もしかしたら、光化学スモッグか何かの警報だろうか。だとしても耳に覚えが無いのは気になるけれども。

「なんだこれ?」

「さぁ?」

 尋ねてみたところ、エリーザベト姉も知らないようだ。

 首を傾げている。

 他方、妹さんはこの音の正体を知っていた。

「あ、私これ知ってるよぉ。この前、ネットで見たからっ!」

「それは本当? ハイジ」

「何の音なんですかね?」

「ミサイル発射、大規模テロ等の発生に応じて鳴る国民保護サイレン」

「え?」

「は?」

 ウゥーーーーーーン。ウゥーーーーーーン。

 音は一向に鳴り止む気配が無い。

 不協和音とでも言うのだろうか。不吉な音をご町内に散らしている。

「それマジですか?」

「マジだよ? ネットで話題になってたから、何度も聞いてたし覚えてるの」

「ちょ、冗談じゃないだろ!? 一週間後って言ってなかったかっ!? まだ五日くらい余裕あるんじゃないですかね? っていうか、この音、怖すぎるからっ!」

「私に聞かれても分からないわよっ! それに伝えた猶予は本当のことよっ!」

「隕石がぁー、加速したのかな?」

「されて堪るかよっ!」

「待っていなさい。ちょっと連絡を取ってみるわ!」

 エリーザベト姉が端末を操作する。

 通話回線は早々に繋がった。彼女は電話の向こう側、まだ見ぬ誰かと言葉を交わし始める。サイレンがうるさいので、端末のスピーカーから漏れる音を拾うことも叶わない。俺と妹さんとは、大人しく通話が終わるのを待った。

 時間して数分ばかり。

 通話を終えたエリーザベト姉は、少なからず疲弊した様子でこちらに向き直る。

 スカートのポケットへ端末をしまいながらのこと。

「どうやら、隣国が日本へ向けて弾道ミサイルを発射したそうよ」

「え、マジですか?」

 どういうことよ。

「それを日本海に展開した、この国のイージス艦が迎撃したそうよ。海上自衛隊所有のみょうこうから発射されたSM-3が、海上二百キロの距離で対象を撃墜。核弾頭であったらしいのだけれど、今のところ陸上汚染被害の可能性は低いと伝えられているわ」

「……っていうか、そこまで電話で教えてくれるものなのか?」

「ふふんっ、あまり私を舐めないことねっ」

 少しばかり得意気な表情となり、ペタンコな胸を張っては語りみせる。化け物としてのレベルは低くても、人間社会における権力は、相応のモノを持っているようだ。なんかちょっとムカつく。

 しかしまあ、これで昨晩から続く隕石云々が、確実なものとして俺の中へスルリと降りてきた。隣国がミサイルを発射するような状況だ。流石に嘘や冗談では済まない。

「これって、やっぱりそういうことなのか?」

「隕石の迎撃作戦に用いられた兵器の残骸が、大気圏で燃え尽きずに隣国へ落ちてきたらしいわ。これを他国からのミサイル攻撃だと早合点して、とりあえず日本へ向けてミサイルを撃った、というのが今のところ掴めている状況かしら」

「なんて迷惑な……」

「あははははっ! おっばかだなぁー!」

 妹さん、スゲェ笑ってる。ケタケタしてる。

「日本の防衛システムってば凄いじゃん。本当に迎撃できるんだな」

「ええ。ぶっつけ本番にしては頑張ったわね」

 いよいよ隕石を巡る問題が現実味を帯びてきた。

 この調子では今晩あたり、更にお酒の量が増えそうだ。