喰らえ、メテオストライク!

森林捜索 二

 気がついたら、夜だった。

「……俺、生きてるわ」

 しかも五体満足であります。

 いつだかキチガイの通り魔に刺された際のことを思い起こす。あの時は鬼っ子に助けて貰った。だがしかし、今回は誰の助けもなかった筈だ。逆に雪女から追い打ちを掛けられて然るべき状況だった。

「意味がわからんね」

 まあ、生きているに越したことは無い。

 分からないものは分からない。これ以上は考えても仕方ない。

「っしょと」

 立ち上がって周囲を見渡す。

 真っ暗な森の中にいる。

 どうやら、倒れた場所から位置は変わっていない。

 ただ時間だけが過ぎて、夜になっていた。ズボンから端末を取り出して時刻を確認する。午後七時半。どうやら三、四時間ばかり気を失っていた様子だ。

 足下には、水にまみれてグチャグチャになった、何だかよく分からない肉っぽいものが落ちている。ああ、なるほど、凍って砕けた俺の背肉の成れの果てだ。

「とりあえず、家に帰るか……」

 端末が壊れなかったのは幸いだ。

 今にいる場所は東京も隅の隅、青梅の樹海。最寄り駅まで歩いていては日が暮れる。そもそも無事に人里まで戻れるかどうかすら怪しい。これ以上を世話になるのは癪だが、素直に連絡を入れることとしよう。

 アドレス帳からエリーザベト姉の番号を呼び出す。

 通話ボタンを押すと、三コールばかりで回線は繋がった。

『……誰かしら?』

「俺だけど、ちょっと迎えに来てくれない?」

『ちょっと、貴方、だ、誰なのかしらっ!?』

 俺が死んだと思っているのだろう。

 電話の向こう側で、エリーザベト姉は焦っていた。

 その様子が手に取るように想像できる。

「置いてけぼりの恨みを晴らす為、地獄の底から這い上がってきました。お願いだから中出しセックスさせて下さい。できれば妹さんとも中出しセックスさせて下さい。可能なら姉妹丼プレイが良いです」

『……何故に生きているのかしら?』

 一発で伝わった。

 流石は俺だ。面倒がなくて良い。

「さぁ? 知らないけれど、何故だか無傷で生きてる」

『…………』

「とりあえず迎えに来てくれない? 場所は変わってないから」

『……あれはどうなったの? 例の雪女は』

「気づいたらいなかった。家に帰ったんじゃないのか?」

『そう……』

 幾らばかりか間をおいて、弱虫吸血鬼は頷いた。

 どうやら俺の言葉を信じた様子だ。

『分かったわ。迎えを行かせるから、しばらく待ってなさい」

「あいよ」

 僅かばかりの会話を終えて、通話回線を切断する。

 通話時間五十九秒。

 異性との通話にしては短くて、ちょっと悲しくなるね。とは言え、女の子と電話をすること自体、彼女たちが初めての経験であるからして、贅沢は言ってられない。俺なんかと話をしてくれるだけ感謝だろ。

 とか何とか、待ちぼうけて過ごすことしばし。

 迎えはヘリコプターでやって来た。

 マジでブルジョアだろ、あの吸血鬼。