喰らえ、メテオストライク!

飲み会 一

 自宅まで戻って来た。

 ヘリコプターの座席に姉妹の姿は無かった。運転手だけが乗っていた。そして、生まれて初めてとなる空の旅を楽しむこと小一時間。道中の会話を、早く乗れ、着いたぞ、の二言に済ませての帰宅だった。

 今日はもう遅いので、姉妹からは明日になったら連絡が来るとのこと。

「ただいまー」

 挨拶など口にしながら、玄関を超えて居室へ。

 すると、何にも先んじて目に入ったのは、例の鬼っ子の姿だ。乱雑に敷かれた布団の上、何をするでも無く、胡座をかいて座っていた。その傍らには昼に与えた食事のゴミが散らばっている。

「おー、帰ったかぁー」

 鬼っ子はこちらに気づいて、何気ない調子に声を掛けてきた。

 その語り口調は、パートに出た妻の帰りを待つヒモ旦那のよう。

「アンタ、もう調子はいいのか?」

「なんとか耐えた。凄い頑張った気がする」

「そうか、そりゃ良かった」

 どうやら二日酔いから立ち直ったらしい。

 それとなく観察してみても、顔色は元に戻っているし、舌も回りも順当。指先や足先に見られた小刻みな痙攣も失われている。

 良かった良かった。

「っていうかさ、俺、アンタに聞きたいことがあるんだけど」

「なんだ?」

「俺の身体、どうなってるんだ?」

 ということで、ヘリに揺られている間、延々と考えていた疑問を尋ねてみることとした。もしもこの身に起こった不思議を解決する糸口があるとすれば、それはこの鬼っ子に他ならない。

 これでもし吸血鬼にでも咬まれていたのなら、話は簡単だったのだけれど。

「身体がどうしたんだ? 痛いのか?」

「いやだから、ほら、アンタって俺のこと助けてくれただろ?」

「おー、助けたな。死に損ないを」

「その時、何か変なことしたんじゃないのか?」

「変なことって、どういうことだ?」

「ぶっちゃけ無敵感が半端ない。何されても死なないっていうか」

「あー、そうだなぁー……」

 やはり鬼っ子、何か知ってるっぽい。

「そこんところ、ちょっと詳しく説明してくれない?」

「えっとなぁ」

 問われて、彼女は舌足らずな調子で語り始めた。

「お前の魂を私が食べたんだ。普通なら食べてすぐに消化しちゃうんだけど、私はお前の魂を消化しないで残してる。今もお前の魂は私の中に残ってる。こう、お腹のなかでフヨフヨしている感じ」

「それで?」

「鬼に食べられた人間の魂は消滅するだろ? けど、お前の魂は消化されてない。私の中にそのままの形で残ってる。お前ら人間の世界だと、不老不死の法とか、そんな感じで呼ばれてた気がする」

「……で?」

「身体がどれだけ駄目になっても、魂は無事だから、ちゃんと元通りに治る。お前はどれだけ酷い目に遭っても死なない。ぐちゃぐちゃになっても、私が生きていれば、そのうち復活する」

「…………」

「でも、私が消化しようと決めたら、お前は死んじゃう。だから、お前は私に美味しいお酒を振る舞う義務がある。昨日のお酒、凄く美味しかったから、私はもっともっと飲みたいと思っているぞ!」

 エヘンと胸を張って言う。

「あんだけ酷い二日酔いを喰らっておいて、まだ飲みたいのか。お前は」

「そろそろ大丈夫だと思う」

「……そか」

 これは困った。

 よく分からないけど、コイツの気まぐれでいつ死んでもおかしくない状況ってことだろう。なんて危うい立ち位置にいるのか。これなら聞かなければ良かったと、後悔せざるを得ない。

「共存繁栄ってヤツだ。前に偉そうな人間が言ってたぞ。お前は私にお酒を寄越して、私はお前に不老不死の身体をくれてやる。どうだ、凄いだろ。まるで蟻とキリギリスの関係じゃないか」

「最後のはちょっと違うと思うけどな」

「そうか?」

「けどまあ、大凡は理解した。ありがとな」

 何はともあれ、可愛いので頭を撫でておく。

 俺はロリコンだからな。

 それも隙あらば犯しに掛かる非紳士的な方のロリコンだ。

 相手も満更でもない様子で、瞳を細めている。

 コイツは本当に鬼なのだろうか。

「ところで、アンタが熱望してやまないお酒なんだが……」

「おうぅ、早くだしてくれよぉ」

「昨日、ほとんど飲んじゃったから、買いに行かないと無いわ」

「え? ないのか?」

「いやいや、だから買いに行かないと、って言っただろう? 買ってくれば大丈夫だから、そんな不安そうな顔してくれるなよ。こっちも不安になるじゃないですか」

 勘違いで殺されたら堪らないでしょう。

「ここで待ってればいいのか?」

「そのとおりだ。すぐに買ってくるから、ちょっと大人しく待ってろよな」

「分かった。待ってる」

「よし、んじゃ行ってくる」

 まさか頭に角の生えた子供を連れ歩く訳にはいかない。

 居室に鬼っ子を残して、俺はアパートを後とした。