喰らえ、メテオストライク!

変質者 一

 目指す先は馴染みのコンビニ。そこでは中学校の頃の先輩が店番をしている。未成年の俺が酒を購入できる店は同店舗しかない。

 ということで、最寄りとは一キロばかり離れたコンビニへ歩いて向かう。

 通い慣れた道を早歩きで進む。

 すると、ちょうど折り返し地点の辺りまで進んだ頃合だろうか。

 通りの角を曲がった先、それは立っていた。

「オッ、オッ、オッ、オッ、オマンコォオオオオオオオオオオ!」

 つい先日にも出会った変態との再会だ。

 上下共に、真っ赤なスーツを着ている。その下に着たシャツも赤。ネクタイも赤。このクソ暑いなかコートまで着込んだ上で、やはり赤。更にシルクハットをかぶっており、これも同じように赤。

 全身、赤、赤、赤一色のチョイス。

 顔にはピエロのようなペイント。

 そして、手には相変わらず見事な日本刀を構えている。

「またかよ……」

 以前に通った道とは別のルートで進んできたというのに。

 これでは何の為に遠回りしたのか分からない。

 しかもお誂え向け、今に立つ場所は人気も少ない細路地だ。周囲をコンクリートのブロック塀に囲まれて、自動車がギリギリ一台通り抜けられるかどうか。

 大声を上げたとしても、人が集まるにさえ時間はかかるだろう。事実、度重なるオマンコ宣言を受けても、野次馬が集まってくる様子は皆無だ。

「オマンコォッ! オマンコオマンコオマンコオマンコォオオオオオオオ!」

「お前はそれしか言えないのかよ」

「オマ?」

「オマ? じゃねぇよっ」

「オチンポッ! オチンポッ! オッオッオッ、オチンポォオオオオオオオ!」

 最近のキチガイはレベル高い。

 ちょっとついて行けない。

 友達にいたら嫌だけど、クラスに一人くらいなら、やっぱり嫌なタイプだ。

「くっそっ」

 鬼っ子の言葉を信じるなら、日本刀に刺されても死ぬことはないだろう。しばらくすれば勝手に生き返るとの素敵仕様だ。

 しかしながら、腹を刺されれば痛い。まさか我慢できる痛みじゃない。正直、もう一度やられたら人生諦めるレベル。

「ふざけんなよっ」

 全力で逃げ出した。

 すると、相手は当然のように付いてきた。

 昨日と同様、また鬼ごっこだ。

「OH! マンコ! OH! マンコ! OH! マンコ!」

「くっそっ、調子に乗りやがってっ。妙に発音が良くてムカつくぜぇ……」

 段々と距離が縮んでゆく。

 なんとか人気のある場所まで逃れられれば。そんな淡い期待も、相手の足の速さを鑑みるに難しそうだった。

 数メートルばかり後方から、ブォンブォン、日本刀が振るわれるに応じて、風切り音が届けられる。

「うぉおおおおおおおおっ!」

 このままではジリ貧だ。

 攻勢に出るぞ、おい。

 通りの曲がったところで、その角に身を潜める。

 腰を低くして、意識を集中させる。

「レッツゴーマンコォォオオっ! オォオオオオマンコォオオッ!」

 変態が姿を現した。

 その瞬間を狙い、相手の腹部へ向かい突進だ。幸いにして敵の獲物は片刃の日本刀。振り下ろされるにタイミングを合わせて、峰の上から覆い被さる形だ。

 両手を相手の腰から下へ。いわゆるレスリングの両足タックル。

「オマァアアッ!?」

 まさか、こちらが反撃に出るとは、相手も想定外だったのだろう。

 オマンコ拍子に焦りが混じる。

「うぉおおおおおおおおおっ!」

 これに構わず、俺は全力で相手を路上へと押し倒した。

 金属の冷たい感触が太股に触れる。日本刀の刃が刺さるかも知れない。そんな恐怖も、どうせ治るんだからと覚悟を決めて、肉を切らせて骨を断つ作戦。

 そして、どうやら決断は正しかったようだ。

 見事にマウントを取った。

 しかも無傷である。振り下ろされた刃物は、コンクリートにすれて堅い音を立てたものの、他に何を傷つけることなく、変態諸共、路上へと倒れた。

「オマっ……」

 真っ赤なシルクハットが頭から外れて、路上をころころと転がる。

 その中から出てきたのは、ツインテールに結われた長い金髪。

「なっ!?」

 俺は慌てた。

 てっきり男だとばかり思っていた変態は、しかし、完全に女だった。

 相手はこちらを腹の上に乗せて仰向けの姿勢。それとなく手元をまさぐれば、胸部にほんの僅かながら、膨らみが感じられる。尻の下に敷いた腹の肉も強ばっておらずポチャポチャと柔らかい。

 けれど、驚いた一番の理由はそこじゃない。もっと別のところにある。

 髪を結っているリボンに、見覚えがあったからだ。

「ま、まさかっ……」

「っ!?」

 俺が呟くに応じて、ビクリ、変態の身体が震えた。

「なに、この変態吸血鬼っ……」

「オ、オマ、おっ……ちがうっ! ち、ちがうわよっ!?」

 野太い全力オマンコな鳴き声が消えた。代わりに耳へ届いたのは、耳に覚えのある響きだ。どうやら今までの奇声は意図して声を変えていたらしい。先程までの雄叫びを思えば、まるで別人のようだろう。

「マジかよ、本気かよ……」

「っ……」

 今の俺はきっと、困惑したような、同情したような、軽蔑したような、どうにも複雑な表情をしていることだろう。正直、自分でも今この瞬間、腹の下の相手にどんな感情を抱けば良いのか、正直、分からなかった。

 そして、それは相手も同様であったらしい。夜の暗がりの下にあっても、更にピエロのペイントの上からであっても、その複雑な心境は、手に取るように理解できる。やっちまった感がひしひしと伝わってくる。

「…………」

「…………」

 姿勢を変わらず、沈黙のままに時間は流れた。尻に感じる柔らかな腹肉の感触は間違いなく女性のもの。自分より幾分か暖かな体温が、衣服越しに伝わってくる。

 本来の一秒が一分にも一時間にも感じられた。ただ、それも延々と続くことは無い。しばらくを見つめ合って後、先んじて口を開いたのは変態だ。

 覚悟を決めた様子で、平素からの凛とした口調でのこと。

「……ど、どきなさいよ」

 どうやらオマンコ祭りは終了らしい。

 今更こうして素に戻られても困るのだが。

「オマンコはいいんスか? 俺で良ければ幾らでも相手になるけど」

「……また刺されたいの?」

「っていうか、今更になって素に戻られても、逆に困るんだけど」

「っ……」

 ボッと相手の顔が真っ赤に染まった。

 割と冷静に自分の置かれた状況を捉えている様子だ。

 だがしかし、そこは伊達に吸血鬼、勢い任せの行動にでる。両手をアスファルトに付いて、腕の力で身体を跳ね上げるように身を起こした。足の動きを一切利用しない、超絶ハンドスプリング。スゲェ。

 当然、彼女の上に座り混んでいた俺は吹っ飛ばされた。危うく倒れそうになったところで、ギリギリ、蹈鞴を踏んで持ち堪える。相手の腹を跨いで腰掛けていたので、一度は両足が完全に宙へ浮いていた。

 腐っても吸血鬼という訳だ。

「い、いきなりなにすんだよっ!?」

「そっちこそ、女の腹にいつまで乗ってるんじゃないわよ」

「俺には女である以前に変態性のピエロとして見える」

「っ……」

 いちいち反応してくれる。

 かなり可愛いと思ってしまったのは内緒だ。

「っていうか、これがアンタの趣味? 流石にどうかと思うけど」

「ち、違うわよっ!」

「じゃあどうして、そんな格好でオマンコオマンコ吠えてるんだよ」

「これはっ、そ、そのっ……」

 冷静を取り戻すと、逆にピエロのペイントが滑稽で笑える。

 吹き出しそうになるのを堪えながら、俺は問答を続けた。

「妹さんに言っても良い? お姉ちゃん変態オマンコ系ピエロだって」

「い、いっ、言ったら殺すわよっ!? 絶対に殺すっ!」

「もう一度は殺されてるんだけど」

「だったら何度でも殺すわっ!」

 手に持った日本刀を掲げるエリーザベト姉。

 どうやら妹さんも知らない秘密のようだ。姉妹揃って深夜の路上にオマンコオマンコ叫んでいるのかとも危惧した。被害が姉だけに留まっていたことは幸いだ。

 もしも自分の身内から、こんなキチガイ変態オマンコ野郎が排出されてしまったら、そりゃもう悲しいだろう。俺だったら精神病棟へ突っ込んで、一生外には出してやらない。

「それならせめて、理由くらい教えても罰は当たらないだろ」

「それはっ……」

 俺からの問い掛けに対して、目を伏せて口籠もるエリーザベト姉。後ろめたいことがあると、言外に語ってならない態度だ。

 こちとら一度は日本刀に刺された被害者だ。その上更に、ここ数日に渡りコイツには脅されて、一方的な協力関係を求められている。

 流石に鬱憤も溜まろうというもの。

「説明しないなら、今ここで妹さんに電話する」

 ズボンのポケットから愛のホットライン、同姉妹支給の端末を取り出す。

 すると、構えた日本刀の切っ先がプルプルと震え始めた。

 切っ先を目前においてビビったけれど、意外と何とかなりそうだ。

「わ、分かったわよっ! 言うわよっ!」

「なら早く言うんだ。さぁ」

「くっ……」

 酷く悔しそうな表情となり、けれど、彼女はポツポツと語り出した。

 カチャリ、音を立てて日本刀が提げられる。視線も足下へ伏し目がちに。

「わ、私にしたって、いくら吸血鬼とは言え、まだ十七なのよ……」

「十七? 俺と同い年にしては小さいけど」

 幾ら年若いとは言え、同い年とは思わなかった。往々にして不死者の類いは外見と実年齢が合致しない。過去、コイツと同じような外見年齢で、しかし、三千歳を超える化け物みたいなロリキツネにも出会ったことがある。

「八歳で吸血鬼になったから、成長はそこで止ってしまったのよっ!」

「あぁ、なるほど」

 だからこんなにロリっとしている訳だ。八歳と言われて、酷くしっくりときた。それくらいに彼女の身体は幼い。

 身長も百二十に達するか否かといった程度。

 本来であれば、鼻先が俺の臍の辺りにくる。ただ、今は胸元当りに位置しており、少しばかり高い。恐らくシークレットブーツでも履いているのだろう。

 今にして思えば、よくまあクラスの連中は同年代として受け入れたものだ。

「怖いものは怖いのよっ! そりゃ不老不死だもの、死なないとは分かっているわ。だけど、もし実際に落ちてきたらどうなるのか。その後にはどういう世界が待っているのか、考えるだけで、ああもうっ、夜も眠れないのよっ! 悪いっ!?」

「…………」

 なんだ、コイツも俺と一緒かよ。

 豆腐メンタル仲間だ。

「だから、ほらっ、こうしてはっちゃけていれば、少なくとも一時的には気分も優れるしっ、嫌な感じもどっかいくじゃないっ!? 素晴らしいわねっ! えぇ、素晴らしいわっ! だから、貴方は大人しく私に刺されてればいいのっ! グサっとっ!」

 とは言え、問答無用で刺されるのは嫌だ。

「いやいやいや、ぜんぜん良くねぇよっ!」

「私に逆らうなっ!」

「逆らうに決まってるだろっ!?」

 恥ずかしいところ見られて逆ギレかよ。

 肉体はおろか精神まで八歳で成長が止ってないか。

「っていうか、そういう貴方こそ、どうして生きてるのよっ!?」

「え?」

「あの時、私は確かに殺した筈よ。心臓を貫いた感触があったもの。それに今日だって、確実に凍り付いて、肉は愚か脊髄までが砕けていた。だっていうのに、どうして、どうしていけしゃぁしゃぁと電話なんて掛けてこられたのよっ!? 訳が分からないわっ!」

「あぁ、そうだよ、忘れてたわ。お前ってば俺のこと見捨てて逃げたよな?」

「先に質問したのはこっちよ」

「それとこれとは話が別だろうに」

「もしかして、不死者なの? それにしては人間にしか見えないけれど」

「いやいやいや、普通に人間だよ」

「じゃあどうしてっ……」

 酷く驚いた調子に問い掛けてくる。

 なんて俗物的な吸血鬼だ。

 少しだけ親近感を感じてしまった俺がいる。下手な人間より、余程のこと人間らしい感情の表れだった。いや、というよりはむしろ、今まで出会ってきた人外連中が、人間から離れすぎていたから、そちらと比較してしまっているのだろう。

「なんでも鬼に魂を食われたから、俺は死なないらしい」

「……どういうこと?」

「俺んちに二日酔いの鬼がいたろ?」

「えぇ、居たわね。餓鬼が一匹」

「アレに魂を食べられたから、こっちの身体はどれだけ傷ついても平気なんだと」

「……それ、本気で言っているの?」

「嘘だとでも? 現にこうして、ほら、殺されても生きてるじゃん?」

「鬼に魂を食べられて生きていると言う時点でおかしいわ」

「あぁ、それなんだけど、消化せずに腹の中に残してくれてるらしい」

「は? 何故に?」

「俺が頼んだからじゃないか? お前に刺されて、死に損なってたところを、アイツに頼んでどうにかして貰ったんだよ。助けてくれって。そうしたら、まあ、なんだかんだで今の状態だ」

「…………」

 素直に伝えると、殊更に驚いた様子を見せるエリーザベト姉だった。

 鬼に魂を食われるとは、民間の伝承にも度々登場する出来事だ。例えば仏教概念の上では、もしも鬼に魂を食べられてしまったのな、魂は輪廻転生の環を外れて無に還る、などとある。

 果たしてその伝承が事実か否か、その過程の一つとして、今の俺が居る。食いかけのまま腹に残されると、どうやら不死になるらしい。不老であるか否かは確認していないので、まだ分からない。十年後に期待だ。

「あれが本当に鬼だったというのが、私には一番の驚きね」

「それには同感だよ」

「ただ、それなら納得だわ。鬼に魂を抜かれて不死となったと」

「らしいよ。俺もついさっき確認したばかりだけどさ」

「……あの鬼は貴方と友好的な関係にあるのかしら?」

「さぁ?」

「ちょ、さ、さぁって、アンタっ」

「元は無理矢理に押しかけられて、昨日と今日で酒飲み仲間? みたいな」

「意味が分からないわ」

 頭でも痛くなったのか、難しそうな顔をして額を抑えるエリーザベト姉だ。

 俺自身もよく分かっていないのだから、理解できないのは当然だろう。そもそも、あの鬼っ子はいつまで我が家に、酒客として居着くつもりなのか、疑問に思わないでもない。本日も当然のようにお酒を催促された。

 まあ、欲しがるものを与えておけば大人しいし、外見は可愛いし、そこまで困るものでもないけれど。素直に白状すると、家出少女を囲っているようで、かなり悪くない。本当、可愛いんだよ。

「っていうかさ、俺を言及するより先にやることがあるんじゃないか?」

「なにかしら?」

「姉妹揃って人のこと置いてけぼりにしやがって、マジで死ぬかと思ったわ。背中が凍り付いたときの絶望感ったら、アンタ、俺だって全裸で町内走り回りたくなるくらいに怖かったんだからなっ!?」

「良いじゃない。助かったんだから」

「良くねぇよっ! 痛いモノは痛いんだよっ!」

「なら走れば? 全裸で」

「誰が走るかよっ! アンタと一緒にするなっ!」

「っ、そ、それを言わないで頂戴っ!」

 途端、三度(みたび)顔を真っ赤とするエリーザベト姉だ。

 なんかムカつくから、当面はこのネタで弄ってやろう。

 強く誓う。

「ところで、一つ確認したいんだけど」

「……なによ」

「青梅のケサランパサランって、ぶっちゃけ、雪女の雪の見間違いじゃね?」

「…………」

 返答はなかった。

 恐らく、この女も薄々は感づいていたのだろう。そもそも、大量のケサランパサランなど、滅多なことでは見つけることができない。たいていの場合は一つ二つが、ふんわり、路上に漂うを見つけるのが、同人外のメジャーな発見スタイルだ。

 沢山降ったら、それすなわち雪。

「ミスったな?」

「……何のことかしら?」

 しらばっくれるつもりか。

「いや、まあ、もういいよ。そっちが無能ってことは十重に理解したから」

「ちょ、ちょっと待ちなさい!? それは私を侮辱しているのかしら?」

「それは自身の能力を自身で評価した上で、自ら結論を出して下さい」

「…………」

 しばしの沈黙。

 何やら考える素振りを見せるドイツ人吸血鬼。

 その後、彼女は今一度、確認するように問うてきた。

「……やっぱり、馬鹿にしているわね?」

「俺はアンタの脳味噌の行方が心配だよ」

「こ、殺すわ。やっぱり、この場で殺してしまうわ!」

「いやいやいや、なにやっても死なないし。さっき説明した通りだから」

「ぐっ……」

 良かった、不死で。

 でなければ、間違いなく本当に殺されていた。この辺の温度差が、決して冗談で通じないのが人外ってやつだ。もしもこちらが不死でなければ、間違いなく、手にした日本刀を振り下ろしていただろう。

 しかし、この顔のペイントは本当に面白いな。マジでピエロ。

 記念に写メっておくか。

 憤る金髪ロリ吸血鬼を正面において、適当に相づちなど打ちながら、俺はズボンのポケットをゴソゴソとやる。取り出したるは彼女から支給された最新鋭の端末。画素数が半端ないから、綺麗に取れるぞ。きっと。

「……なによ?」

 これを正面に掲げて、いざ写真撮影。

 フラッシュが瞬くに応じて、ピロリン、小気味良い電子音が鳴る。

「ちょ、あ、あなたっ、いきなり何してるのかしらっ!? 写真っ!?」

 パシャリと炊かれた輝きに目を細めて、キーキーと抗議の声を上げる。長いこと屋外を徘徊していた為、目が暗がりに慣れていたのだろう。急に光を与えられて、熱いモノにでも触れたよう、金髪ロリ吸血鬼は半歩ばかりを後ろに下がる。

「記念撮影?」

「勝手に撮ってるんじゃないわよっ! け、消しなさいっ! ただちにっ!」

「嫌だよ。勿体ない」

「勿体ないって、それを何に使うつもりよっ!?」

「今晩のオナニー。俺ってほら、ピエロフェチだから。アンタ可愛いし」

「なっ……」

 ピエロは愕然とした。

 更にはスーツのジャケットの上から、爪先で二の腕の肌をボリボリと掻き始める。何事かと目をこらしてみれば裾から覘く先、手の甲にはビッシリと鳥肌が立っていた。暗闇でも分かるほどにハッキリと。

「じょ、冗談でも止めて欲しいわっ! あぁっ、気持ち悪いっ! 気持ち悪いっ!」

「え、えぇー……そんなに嫌なもの?」

「当然でしょうっ!? 消しなさいっ! 今すぐにっ! でなければ、本当に殺すわよ? 例え肉体を殺せなかったとしても、その精神を殺すわ。もう二度と私の前に立つことができないほどにっ!」

「いや、まぁ、うん……」

 ここまで拒絶されると、罪悪感が大きい。

 素直に撮影した画像を消した。

 ピロリン。削除に応じて小さく電子音が音が鳴った。

 普通にショックだった。ここまで露骨に嫌がられるとは思わなかった。いいじゃん、オナニー用の写真を撮影するくらい。

 調子に乗ってしまって本当にごめんなさい。

 でもこれ、もしも俺がイケメンだったら、反応も違ったんだろうな。あぁ、その可能性は高い。非常に高いぞ。

 だって、隕石衝突が怖くて深夜徘徊で通り魔しちゃうようなキチガイ女だ。オマンコオマンコ言うメンヘラ女だ。絶対に股の緩いヤリマンだ。ビッチ認定だ。

 ヤリマンに拒否られるとか、精神的に響くわ。

「最悪ね。本当に最悪だわ」

「冷静に言わないでよ。本気で胸が痛いんだけど」

「良い気味だわ」

「けどまあ、アンタの頼りなさと人間臭さには安心したよ」

「……どういうこと?」

「以前に会った吸血鬼は相当にヤバかったから。少し気が楽になった」

「吸血鬼の知り合いがいるの? どこの眷属よ」

「さぁ?」

「聞かなかったの?」

「そう長い時間を一緒に居たわけじゃないし」

「ふぅん。それってこの町かしら?」

「いいや、隣の町だけど」

「……隣町に? この辺りは私たち姉妹の縄張りなのだけれど」

「ああいや、根城にしている訳じゃないっぽい。アンタら吸血鬼って縄張り争いが激しいんだよな? その人に聞いたよ。そういうのが面倒だから、あっちこっちを彷徨ってるって言ってた」

「あぁ、流れ者ね。なるほど、それなら納得だわ」

「でなきゃ不用意に転校してこないって訳だ」

「そういうこと。貴方も多少は吸血鬼に理解があるようね」

「まーね」

 身体が弱い分だけ、知識で補うのが我々人間の処世術だ。化け物連中と対等にど突き合う変態は全体からすれば圧倒的に少数派。多くは知恵と根性、後は小手先の技術とで日々を生き抜いている。

「ところで、俺はコンビニへ行く途中なんだけど、もう行っても良い?」

「どうして私に許可を取るのかしら」

「お前がいきなり襲ってきたんだろうが」

 余り遅れると鬼っ子の機嫌が崩れそうで怖い。

「あら、そうだったわね」

「んじゃ」

「ところで、あの餓鬼はまだ貴方の家に居るの?」

「……居るけど、なんだよ?」

「少し確認したいことがあるのだけれど、一緒しても良いかしら?」

「嫌」

 俺が思うに、アイツとコイツは非常に相性が悪い。

 そんな気がする。

「こんな可愛らしい美少女の頼みを断るの?」

「今は変態ピエロだけどな」

「っ……」

 この吸血鬼ってばスーパー恥知らず。よくまあ今し方までのオマンコ騒動を無視して、普通に会話を進められるもんだ。その切り替えの良さは褒めても良いくらい。

 俺だったら全力で逃げ出すね。

「んじゃ」

「いいから連れて行きなさいっ! でなきゃ力尽くで乗り込むわよっ」

「そうか、GPSか……」

「そういうこと」

 自分の力ではない癖に、したり顔を決めてくれるエリーザベト姉。

 なんて苛立たしくも可愛らしい。

「……好きにすればいいじゃん」

「そうして最初から素直に頷いておけば良いのよ」

「でも、喧嘩はしないで下さいよ」

「しないわよ。あんな餓鬼相手にみっともない」

「……ならいいけど」

 何の因果か、金髪ロリ吸血鬼と共に、馴染みのコンビニへ向かうこととなった。

 店員をしていたラノベ作家志望の先輩には、景気良く一発、右の頬を殴られた。

 普通に痛かった。