喰らえ、メテオストライク!

飲み会 二

 コンビニでは普段より多めにお酒を購入した。鬼っ子がやたらと飲むからだ。一晩で瓶一本を開けてしまうのだ。度数四十の七百ミリリットルを一人で飲み干してしまうのだ。流石は鬼。

 ということで、両手にビニール袋をぶら下げて帰宅。

「相変わらずボロ臭いアパートね」

「うるせぇよ。住めば都ってやつだよ」

「田舎者が偉そうなことを」

「だから都って言ってるだろ? ここ限定で都会なんだよ。発展してるんだよ」

「なんでも良いから早くしてくれない? 外は暑いわ」

「ぐっ……」

 コンビニの便所でピエロメイクを落としてから、エリーザベト姉の態度の大きさが三割増しだ。元の美少女スタイルに戻ったことで、自分に対する自信とか優越感とかが復活したのだろう。

 全力で可愛いから、こちらとしても嬉しいのだけれど。

「ほら、早くなさい」

「なんて不貞不貞しい」

 促されて玄関のドアを開ける。

 玄関に靴を脱いで、僅かばかりの廊下を越えて、六畳一間の居室へ。

 そこには大人しく留守番をしていた鬼っ子の姿が。

 ちゃんと暴れずに待っていてくれたようだ。良い子じゃないか。

「おー、帰ったかー!」

「おう、帰ったわー」

「なんか一緒に変なのが付いてきてるな? それもコンビニで買えるのか?」

 早速、鬼っ子が金髪ロリ吸血鬼に興味を示した。

「咥内射精からアナルファック、生中出しまで、やり放題で八十分、五千円だ」

「おぉ、安いなっ!」

「安すぎるわよっ!」

 後頭部をグーパンで殴られた。

 ガツンと目の奥に火花が散った。かと思えば視界が暗転して、畳の上に倒れる羽目となる。まるでビール瓶でも振りかぶって殴りつけたよう。立ち上がろうとしても、ちょっとやそっとじゃ起き上がれない。四肢に力が入らない。

「痛っぇえぇええ……」

 悶絶、動けなくなる。

 ちょっとこれ中身とか出ちゃってるんじゃないか。おい。

「買われたのか?」

「違うわよっ! 貴方に話があって来たのよっ」

 その間にも残る鬼二人は言葉を交わす。

「……吸血鬼が、なんの用だぁ?」

「彼の魂を喰らったと聞いたので、確認しに来たのよ」

「魂? 欲しいのか?」

「いいえ、欠片ほども欲しくないわ」

 この金髪ロリ吸血鬼、こっちが満足に動けないからって、好き勝手を言ってくれる。しかも本心から欲しくないという誠意が伝わってきてしまうから、後頭部に加えて、心にまでダメージ大だろ。

「本当に鬼なのかしら?」

「だったらなんだよぉー」

「それにしては脆弱な……」

「…………」

 鬼っ子を見て、何やら考える素振りを見せるエリーザベト姉だ。一方的に値踏みするよう、頭の天辺から足の先までをジロジロと。

 観察される側にしては、不愉快この上ない話だろう。

「なーなー、何だよコイツ。面倒だぞー」

「お、俺に言うなよっ、うぅ……無理矢理に付いてきたんだから……」

 痛みが引いてゆくに応じて、ゆっくりと身体を起こす。

 流石に刀で刺された時ほど、ダウンタイムは長くなかった。手の平で後頭部を擦ってみると、今まさにタンコブが縮んでゆくのに遭遇した。しゅるしゅると凸凹が平らになってゆく。割と気持ち悪い。

 これもう人間じゃないな。

「それより飲もうぞー! おさけー!」

 鬼っ子が吠えた。

 その視線が見つめる先は、俺の脇に落ちたコンビニのビニール袋。

 中には酒瓶。

「あぁ、そうだな。こんな変態吸血鬼は放っておいて飲もう、飲もう」

「おしゃー!」

 俺も飲みたい。

 今日も沢山飲もう。飲んで飲んで酔っ払おう。

「貴方たち、昨日あれだけ酔うまで飲んでおいて、今日も飲むの?」

「残り五日だろ? 飲まなきゃ損だろ」

 隕石が落ちてきたら酒も何もあったもんじゃない。

 いくら不死の肉体を得たとは言え、それも鬼っ子が生きていてこその代物だ。そして、彼女の雑魚っぽさを鑑みるに、恐らく衝突を生きながらえることは不可能だろう。

 ならば今は残すところ僅かとなった命を全力で謳歌する限り。この吸血鬼が提唱するラッキー救済大作戦も、成功するか怪しいものなのだ。

「……そんなに美味しいとは思えないのだけれど」

「はぁん、それはアンタの舌がお子様だからだな。俺らは大人だし」

「おー! おとなだな。おとなー」

「っ……」

 ピクリ、元ピエロの額に血管がピクついた。

 なんて分かりやすい。

 鬼っ子と比べても、どちらが子供か分からない。

 というか、ふと疑問に思ったのだが、この鬼っ子は果たして何歳なのか。吸血鬼に限らず、人外連中は外見年齢と実年齢が比例しない。この形(なり)で実は五百歳だとか、そうしたことも往々にしてあり得る。

「いいわ。分かった。飲んであげましょう。存分に」

「いやいやいや、頼んでないから。大人しく家に帰ろうよ」

「黙りなさい」

 ギロリ、俺を睨み付けては、足下に転がるビニール袋を漁り始めた。

 取り出したるは白州。

 これを荒々しくも封を切り、口元へと運ぶ。

「こんなもの、夕食で幾らでも飲んでるわよっ」

 そして、あろうことか直に口を付けて、まるで清涼飲料水でも口にするよう、豪快に喉へと流し込んだ。ゴクゴクと喉が大きな音を立てて鳴る。

 次の瞬間、彼女は壮大に吹き出した。

「ぶっぅふうぅううううううううっ!」

 霧状になった酒が俺に降りかかった。

 主に顔から腹にかけて、上半身が酒まみれとなる。

「ってぇえええっ! お、おいこらなにやっちゃってんのっ!?」

「げほっ! ごほっ! げほぉおっ!」

 壮大に咽せ始める金髪ロリ吸血鬼。

 それまでの威勢はどこへやら、途端に涙目となりゲホゲホとやり始める。

「それ高いんだぞっ!? 普段だったら絶対に買わないんだぞっ!?」

「げほっ、ちょ、ちょっと、なによこれっ!? ふざけんじゃないわよっ!」

「ふざけてんのはお前だろっ!?」

 貧乏が学生にとっては、白州など大した贅沢なのだ。

「ぁあああああ、喉が、喉が痛いっ! ごほっ、げほぉっ!」

「ウィスキーをゴクゴク飲むヤツがあるか。あーあー、こんなに減らしちゃって、まったもうこれぇ、もうほんとうに、なんだよおい、ゆっくりチビチビ飲むのがいいのに……」

「こいつ馬鹿?」

 鬼っ子が金髪ロリ吸血鬼を眺めて言う。

「そうだ。コイツはとんでもない馬鹿だ。大馬鹿者だ」

「だったら仕方ない」

 腕を組んでウンウンと頷き見せる鬼っ子だ。

 他方、喉を灼かれた大馬鹿者は、ヒーヒーと阿呆みたいに大口を開けながら、ああでもない、こうでもない、悲鳴を上げ続ける。ご近所迷惑だろうに。

「水っ! 水を寄越しなさい! はやくっ!」

「あぁ、ちょっとまて……」

 水なんて買っていない。この女なら、水道水で十分だろう。

 台所へグラスを取りに向かおうとした俺の手前、鬼っ子が何やらボトルを差し出す。そのラベルに示された名前を目の当たりとして、けれど、俺が止める間も無い出来事だった。差し出した側にしては確信犯。

「ほれ、水だぞー」

 これを金髪ロリ吸血鬼は疑うこと無く、口元へと囲んで、またゴクゴクと。

「ぶぅふぅうううううううううううっ!」

「うぉっ!?」

 また拭きやがったコイツっ!

 しかもいちいち俺に吹きかけてくるのは狙ってのことか。

 美少女の唾液ブレンドとか、ミラクル嬉しいじゃんかよ。

 思わず顔がにやけそうになるのを隠すのが大変だわし。

「だ、だからっ、お前はいちいち拭くじゃねぇよっ! ポンプか何かかっ!?」

「ちょ、ちょっとっ!? なによこれっ! お酒じゃないっ!?」

「ボトルのラベルを見りゃ分かるだろっ!?」

「あははははっ! 馬鹿だ! 馬鹿がいるぞおい! あははははははっ!」

「こ、このっ……」

 笑いこける鬼っ子。

 彼女が渡したのは山崎だった。同じメーカーの製造で、白州とは姉妹商品のような位置づけにあるお酒だ。似たようなボトルなのに、まるで疑わずに飲んだエリーザベト姉は、確かに馬鹿だ。大馬鹿者だ。

「殺すわっ!」

 右手にボトルを持ったまま、金髪ロリ吸血鬼の左ストレートが唸る。

 向かう先は鬼っ子の顔面。

 この辺り、とても人外らしい反応だ。人間なら歳幼い子供を相手に手を上げるとなると、無意識のうちに抑止力が働くだろう。けれども、外見年齢と実年齢が、或いは姿そのものが変幻自在の手前、見た目など見た目以上の何の価値も無い。

「おおっ」

 これを褐色肌の黒髪ロリ鬼は正面から受けた。

 顔の前に置いた手の平の先、拳を受けて、パァン、良い音が鳴る。

 まるで運動会のスタートライン脇に耳とする火薬銃のよう。

「なっ……」

「ふふんっ」

 鬼っ子の着ていた和服の裾が、その衝撃から生まれた風にヒラヒラと。

「どうして、こんな餓鬼に!?」

 頭に角を生やした幼女は、その表情に余裕。

 金髪ツインテールの一撃を事も無げに受け止めていた。

 次いで、告げられる問答無用の一言。

「あんまり暴れるようなら、殺すぞ?」

「っ……」

 語る調子は笑顔。

 俺も同じような台詞を、つい先日に耳としたばかりだ。或いはこの傲慢な金髪ロリ吸血鬼ならばとは考えたのだが、どうやら無理だったらしい。褐色ロリ強い。

 それ以上は争うまでもなく、軍配は鬼っ子に上がった。

「……貴方、この力はどこから?」

「おさけ」

「そ、そんなことある訳ないじゃないっ!」

 笑みを崩さない鬼っ子を前として、エリーザベト姉は狼狽えてばかり。

「おさけ飲むぞ-。たくさん飲むぞ-」

「って言う訳だから、諦めてお前も飲め。飲めば万事解決だ」

「ちょ、ちょっと、なんでそうなるのよっ!?」

 別に幾つか買っておいたチューハイの缶を手渡してやる。

 これを受け取って、弱小ツインテール吸血鬼は慌てた。けれど、ここから先は俺の思惑も併せて進む。せっかくこうして、鬼っ子がお膳立てしてくれたのだ、後は押して押して押しまくる。

 酔っ払った金髪ロリ美少女と前後不覚セックスとか、最高だろ。

「んじゃかんぱいだー!」

「おうおう、乾杯だ」

「な、なんで私がっ……」

 鬼っ子の戦闘力の勝利。

 済し崩し的に一名追加して三名での飲み会を開催だった。