喰らえ、メテオストライク!

二日酔い 一

 翌日、二日酔いの頭痛にも先んじて訪れたのは、この夜のモノとは思えないほどの自己嫌悪だった。レイプ被害にあった女性は、無理矢理に犯されてしまったという事実の過程で、それでも快楽を感じてしまった自身の肉体に、大変な嫌悪を抱くという。

 俺が今に感じている想いは、きっとそれに近しいものだ。

「……マジか」

 途中までしか覚えていない昨晩の出来事が、けれど、途中までであっても十分に深刻な問題だった。失った先の記憶も非常に気になるけれど、失う以前までに関しても、決して無視できない由々しき問題。

 しかも何故か、今こうして自宅で眠っている不思議。

「オチンチン……オチンチン……」

 傍らから卑猥な単語が聞こえてきた。

 何事かと視線をやれば、そこには全裸で横となる鬼っ子の姿があった。すやすやと眠っている。どうやら今の呟きは寝言らしい。

 何も着ていないので、胸は当然として、オマンコまで丸出しだ。パイパンの褐色スジマンはエロすぎる。思わず舐めたくなる。

「なんだこれは……」

 ただ、今はロリータの淫靡な姿に興奮する以上に、昨晩の出来事に意識が向いていた。有り余る羞恥心から、頭を抱えたくなる。冷静な自分、お帰りなさい。

 昨晩の言動を思い起こして頭を抱える。

「……あぁ、俺はなんてことを……」

 二日酔いに痛む頭を擦りながら部屋の状況を窺う。

 鬼っ子の傍らには、他にエリーザベト姉の姿もあった。

 こっちはちゃんと、とは言えないけれど、一応、服を着ている。ただ、ズボンを履いておらずパンツ丸出し。ジャケットとコートはどこへとも消えている。シャツは大きくはだけて、臍まで露出している。これはこれで十分にエロい格好だ。

「オチンチン……オチンチン……」

 そして、こっちも卑猥なことを寝言に呟いている。

 そんなにオチンチンが欲しいのなら、今すぐにでも突っ込んでやりたいわ。この淫乱ロリビッチ共めが。雄としての冷静なところで強く思う。

 だが、やっぱり今はそんな気分じゃ無い。二日酔いが酷いのも理由の一つだ。昨日以上に具合が良くない。頭が痛い。気持悪い。喉はカラカラ。

「あー……水ぅ……」

 粘つく口の中を何とかしようと立ち上がる。

 台所でグラスに水道水を注ぎ、二杯ほど、ゴクゴクとやる。それでも全身を覆う不快感は決して拭えるものでない。ただ、多少なりとも口の中の具合は良くなった。

「はぁ……」

 ふと思い出して首元に手をやると、未だそこには首輪があった。

 手綱も繋がって、足下へと垂れている。

「……俺、もしかしてマゾなんだろうか」

 自分が自分で信じられなくなりそうだった。

 ところで、俺はもしかして鬼っ子と致してしまったのだろうか。記憶にはないけれど、全裸ということは、その可能性が高いように思える。エリーザベト姉にしても、服の乱れ具合は如何ともしがたい。下着を横にずらして、とか、ありえる、ありえるぞ。経験こそないけれど、俺は着衣のまま致すのも大好きだ。

「あぁああああっ! そういう一番に大切なところを何故に忘れているっ」

 脱童貞の瞬間を覚えてないなんて悲しすぎる。

 そうこうする内に、居室から他に声が上がった。

「いっつぅぅ……」

 どうやらエリーザベト姉が目覚めた様子だ。

 台所から振り返った先、そこには髪の毛ぼさぼさ、衣服めちゃくちゃ、瞼に大きな隈を作る金髪ロリ美少女の姿があった。綺麗に剥いては結われていたツインテールも、今やリボンをどこかへ落として、ストレートである。

 彼女は上半身を起こして、しばらく、はてここは何処だろうと、呆ける。さらり流れた艶やかなブロンドが、はだけた衣服の上、素肌を見せる肩口に流れる。思わずガン見だ。もう少しずれたのなら、乳首が、乳首が見える。

 ただ、それも僅かな間のこと。即座に平静を取り戻す。

「あっ、あっ、うぉあああああああああああ!」

 どうやら、彼女もまた昨晩の出来事を思い起こしたらしい。

 妙に男らしい悲鳴があがった。

 乱れた衣服を覆うよう、バッと自らの身体を両手に抱きしめては狼狽。

「わ、わ、わた、わたわたっ……」

 この世の終わりでも見てきたかのような、絶望的表情となる。

 そして、彼女は顔を上げた先、不幸にも俺と視線が合ってしまう。

「…………」

「…………」

 互いに一瞬、何を口として良いか分からずに無言。

 ただ、このままではあまりに居心地が悪い。

「お、おはよう」

 だので適当に朝の挨拶などしてみる。

「こっ、こっ……」

 その結果は考えるべくもない。

「ころぉおおおおおおすぅうううっ!」

「ひぐぅっ!?」

 その叫びに一切の違いなく、俺は頭部を彼女の拳骨に吹き飛ばされて、自宅台所に殺された。グチャリ、まるでスイカでも棍棒に叩き潰したような、やけに瑞々しい響きが、最後に聞いた音である。

 意外とやるじゃないか、新米吸血鬼め。

 再び蘇るには、数分を要した。