喰らえ、メテオストライク!

二日酔い 二

 俺が再び意識を取り戻したとき、エリーザベト姉に加えて、鬼っ子もまた目覚めていた。一昨日と比較しては具合も良いらしく、その表情は明るい。割と元気な様子。どうやら昨晩は加減を間違えずに飲めたようだ。

 そして、前者が後者を抱えて、我が家の風呂場へ向かったのが先刻のこと。

 自身が服を乱れさせていたに併せて、鬼っ子に至っては全裸だ。当人は暑いから脱いだと言っていたが、彼女はこれを信用しなかった。俺の息子に容疑をかけた金髪ロリ吸血鬼は、自身のモノも含めて、各々の貞操の確認へ向かったのだった。

 絶対に覗くんじゃないわよ、とはまさに鬼のような形相で。

 そして、それが今ちょうど、完了した様子だ。

 ガチャリ、風呂場のドアを開けて、浴室からエリーザベト姉が出てくる。

 傍らには鬼っ子の姿もある。

「それで、膣の具合はどうだった? ザーメン入ってた?」

 気になる二人の服装はと言えば、前者はパンツの上に、ボタンを留めたシャツを着ただけ。後者は昨日までと変わらない和服を少しばかり帯を緩めて崩し着ている。

 何故に前者が下着を晒しているかと言えば、居室にズボンが見当たらなかったからだ。どうやらどこかで落としてきたらしい。

 酔っ払いが落とし物と言えば定番だが、まさかズボンを落としてくるとは凄い。

「い、いちいち聞かないで頂戴っ! 大丈夫だったに決まってるでしょっ!?」

「私も綺麗だったみたいだぞー!」

「いやでも、心配だから確認しに行ったんだろ? っていうか、わざわざ他人の家の風呂場まで借りて、どんだけ貞操が大切なんだよ。今時そういうのって流行らないんじゃないの? そもそもビッチでしょ?」

 絶対にヤリマンなビッチだと思うんだけど。

「……もう一回死んでみる?」

「いや、あの、流石に勘弁して欲しいんですけど」

 台所は未だ俺の脳組織が飛び散って、偉いことになっている。こちらは掃除を諦めた。正直、掃除をするのが億劫でならない。グチャグチャに飛び散った脳味噌の欠片を雑巾がけとか、どんな罰ゲームだよと。

 もう何もかもが滅茶苦茶だ。お酒怖い。

「あぁもう、本当に生きた心地がしないわね。この状況は」

「あのー、そこまで俺とするのは嫌なのですかね?」

「当然でしょっ!?」

「そですか……」

「挿入したら絶対に中出しするだろうから、これで大丈夫だと思うけど……」

 人外二人組が貞操確認と称して、我が家の風呂場で何をやっていたかと言えば、ひとえに中出しの有無を確認である。

 もしも俺がイケメンだったのなら、悦んで股を開いたろうに、ブサメンというだけでこの仕打ち。これは悪いビッチ認定するべきだろう。

 良いビッチは誰にでも股を開く。

 悪いビッチはイケメンにしか股を開かない。

 これ絶対。

「っていうか、セックスしてなかったのかよ。悔しいなぁ……」

「はぁっ!? 貴方と交わるなんて、冗談じゃないわよっ!」

「私はお酒くれるなら交尾してやってもいいぞー。やるか?」

「え? マジで!?」

 鬼っ子が誘ってくれている。

 この際、人間だろうと人外だろうと構うものか。

 童貞のまま死んでなるものか。

 むしろこんな可愛い褐色ロリとセックスして死ねるなら本望。

「やるっ! 是非お願いしますっ!」

「おーう」

「ちょっと貴方、もし本当にやったら殺すわよ? この腐れチンポが」

「す、少しくらいいいじゃんかよ……」

 頷いてくれた鬼っ子とは対照的。

 目くじらを立ててくれる金髪ロリ吸血鬼。

「それよりもズボンっ! なんでもいいからズボンを貸しなさいっ!」

「え? せっかく綺麗な太股なのに、まさか隠すつもり?」

「今の私は貴方の下らない冗談に付き合うほど寛容じゃないわよ」

「普段も問答無用だと思うんですけどね」

 仕方ない。衣装ダンスからジーンズを取り出し放ってやる。

「っていうか……」

 そこで不意に玄関の呼び鈴が鳴った。

 どうやら客人のようだ。

 新聞勧誘か何かだろうか。

「ちょ、ちょっと、待ちなさい。私、まだズボンを履いてないっ!」

 大慌て、ジーパンへ足を通そうとして、焦った為か、二日酔いが原因か、見事に畳の上へすっ転ぶ金髪ロリ吸血鬼。ザマァ。その様子を目の当たりとして、少しばかり胸がスッとした。姿勢が移動した為、むっちりした尻肉周りを堪能できた点も大きい。

 他方、玄関側から届けられたのは来訪者の声。

「あれ? カギが空いてるの?」

 声の主には覚えがあった。

 間違いない。妹さんだ。

 姉が心配で様子を見に来たのだろう。我々が所持する携帯端末にはGPSのトレーサーが組み込まれている。これを追いかければ、その位置情報は筒抜けだった。

 もしかしたら、これを追えば昨晩の軌跡も確認できるんじゃなかろうか。

「ちょっ、ちょっと待ちなさいっ!

「お姉ちゃん? やっぱりここに居るの?」

 姉が吠えるに応じて、薄い玄関扉の向こう側から明確な声が返った。

 俺が立つ間もない。

 客人の手により玄関のドアが開かれた。

 都合、玄関から僅かばかりの廊下を越えて居室、そこにパンツ丸出しで転んだ姉の姿を、妹さんは否応なく目撃だった。そのすぐ傍らには俺の姿もある。

「……お姉ちゃん?」

「ハイジっ、こ、これはっ、そのっ……」

 見る見るうちに顔が真っ赤となるお姉ちゃん。

 俺が彼女の下着を見ても、頬を赤くすることなどなかった。酷く堂々としていた。だと言うのに、妹に見られただけでこの反応は何だ。

 恐らく俺は彼女から異性として、興味の対象として、まるで認識されていない。路上に転がる石ころかなにかと同じ扱いに違いない。

 割と悲しい事実を再認識である。ちくしょう。

「えぇっと……そういうことなら、連絡を入れて欲しかったかなぁー」

「違うのっ! ハイジっ、わ、私の話を聞いて頂戴っ!」

「それじゃあ、先に行ってるね?」

「あっ……」

 開いて早々、玄関ドアは閉じられた。

 パタン、軽い音と共に戸が閉まる。

 パタパタという足音は、早々のこと遠退いて聞こえなくなった。ややあって、自動車の走り去る排気音が届けられる。どうやら完全に姉の下から立ち去った様子だ。

 その数秒後、俺は再び脳味噌を自室へと散らした。