喰らえ、メテオストライク!

二日酔い 三

「えー、それでは今から、失われた記憶を取り戻すの会を開催します」

 予期せぬ妹さん来襲から小一時間。一同は部屋を掃除したり、風呂場に入ったりと、一通り身の回りを綺麗にした。

 ちなみに掃除に関しては、ほぼ全面的に俺が担当。

 室内に飛び散った血液は拭うだけ拭い、染み抜きについては諦めた。まさか落ちる筈がない。それにどうせ、あと四日も経てばアパートごと綺麗になるのだ。

 おかげで我が家はホラーハウスさながら。

 そうして、ようやっと人心地ついたのが今し方のこと。

 時刻は午後二時を少しだけ過ぎたところ。エリーザベト姉、それに鬼っ子を迎えて、三人でちゃぶ台を囲い腰を落ち着けていた。

「で、貴方はどこまで覚えているのかしら?」

 腕を組んで、胸を張って、酷く偉そうに言ってくれる弱小吸血鬼。

「俺はアンタが交差点の真ん中で自分の名前を叫んだところまで」

「……なにそれ?」

 エリーザベト姉は、ギョッとしてこちらを見つめた。

 その反応を受けては、むしろ俺の方が驚きだ。

「え? マジ? そこから?」

「ちょ、ちょっと待ちなさいよ。どうして私が交差点で自分の名前を叫ぶのよっ!? 意味が分からないじゃない。どういう状況よそれはっ!」

 こちらが素直に答えたところ、随分と慌てた様子で問うてきた。

「昨日のアンタ、赤ズボンに赤ジャケ赤ネクタイのまま外に出て、人前だろうがズンドコ歩いて、最後は大声で吠えてたろ。いやマジ、あのテンションは凄かった」

「だから、その原因をちゃんと説明なさいよっ!」

「んなこと言われても……」

 俺の方が酔っ払っていたと思ったけれど、実はそうでもなかったらしい。不死者とあって新陳代謝が究極的によろしくないのか。記憶を失ってから行動に限界が訪れるまで、その間に猶予が大きいのだろう。

 あんなにしっかりと受け答えしてたのに。

 どうして答えたものか。

 俺が悩んでいると、すぐ隣に座った鬼っ子が口を開いた。

「私とコイツはオチンチンしてたな。オチンチン」

 オチンチン、言いおった。

「そうだな。一緒にオチンチンしてた。そこまでは俺も覚えてる」

 これは素晴らしいセクハラチャンス。

 焦った金髪ロリ吸血鬼は、慌て調子に言葉を返す。

「だ、だから中は無事だったって言ったでしょうっ!?」

「そうじゃねぇよ。っていうか、命令してくれたのアンタじゃん」

「はっ!? な、なな、なんで私が命令したのっ!?」

 本当に記憶がないのだろう。

 殊更に慌てる弱小吸血鬼へ、淡々と言葉を続ける。

「オチンチンしろって」

「なんでよっ!?」

「まあ、俺が命令してくれとお願いしたのもあるけど」

「やっぱり貴方が原因じゃないのっ!」

「いやでも、最初に俺に首輪を付けたのってアンタだろ?」

 もしも不死体質じゃなかったら、今頃は首回りに酷い痣が残っていただろう。グイグイと激しく引っ張り回されたことを覚えている。

「あの、次から次へと妙なことを言わないで貰えないかしら? まるで整理ができていないの。まだ話し合いを始めてから数分と経っていないのよ?」

「自業自得だろ?」

「そもそも首輪なんて、どこで見つけたのよ? 意味が分からないわ!」

「あるぞ。ほらここに」

 部屋の隅に転がっていた首輪を手に取り、彼女の手元へと放ってやる。

「ぇ……。それ、本当に?」

 両手に受け取って、ポカン、驚いた様子に見つめる。

 どうやら今の今まで存在に気づいていなかった様子だ。他の荷物に紛れていた為、視界に入っていなかったのだろう。

 いくら片付けたとは言え、そう丁寧に掃除をした訳ではない。メインはグチャった脳味噌や、血切れた首から吹き出した血液の処理である。

 他は適当に隅へ寄せてスペースを作った程度。そもそも元が男の一人暮らし。仕方が無いと言えば仕方の無いこと。

「ああでも、俺もこれに関しては一部、記憶が不鮮明なんだよな。家を出たときはしてなかったのに、気づいたら、いつの間にかそれして公道ハイハイしてたわ」

「そ、そんな汚らしいもの、こっちへ放らないでくれるっ!? 変態!」

 首輪を投げ返された。

 ポンと胡座をかいた股の間に落ちる。

 恐らく、この吸血鬼のパンチか何かで、道中、最低一度は死んだのだろう。それが原因で意識と記憶を失い、同時に目覚めたときには首輪が嵌められていたと。

 やっぱり首輪の理由は不明だけれど。途中でドンキにでも寄って買ったんだろうか。この辺にドンキなんてなかったと思うけど。

「この輪っかに繋がるリードを、嬉々として握っていたのはアンタだぞ? おかげで膝やら手の平が血まみれになっちまってたし」

「嘘よ、そんなの、嘘よっ……」

「いや、本当。スゲェ本当。ワンと鳴きなさいって言われて、ワンワン鳴いた覚えがあるもの。いやもう、お酒の力は凄いね。プライドなんてちっぽけなものさ」

「気持わる……」

「ええ、そうですね。そのとおりでしょう。俺もそう思います。なので、この件ついては、下手に触れられると双方共にダメージ大です。追求はここまでにしようじゃないの」

「ちょ、ちょっと、もしかして私に変なことしたのではないでしょうね?」

「は? 膣は無事だったんだろ?」

「膣は無事でも、ほ、他が無事かどうかなんて、分からないでしょうっ!」

「もしかして口でしてくれてた?」

「し、したのっ!? わたし、貴方なんかにしてしまったのっ!?」

「その記憶があったら最高だったんだけど」

「……私、ちょっと吐いてくる」

「いや、記憶にないって言ってるじゃん。下着もカピカピしてないし」

「お、お掃除フェラしてたらどうするのよっ!?」

「んなもん知るかよっ」

「していても、していなくても、それでも一度は吐いておかないと気分が落ち着かないわ! もしもそれで貴方の精液が出てこなかったら、私は潔癖な証拠。そう、綺麗なまま、大丈夫、大丈夫」

「キチガイの上に潔癖症かよ……」

「誰だってフェラチオ疑惑があったら嘆くわよっ!」

「相手がイケメンだったら?」

「……三日は歯を磨かないわね」

「アンタいい加減に死ねよっ!」

 エリーザベト姉は席を立ち、便所へと駆け足に向かっていた。

 ややあって、ゲーゲーと壮大な嘔吐の音が響き始める。既に一晩が経ったのだ。胃の中など空っぽだろう。仮に出たとしても胃液くらいなものだ。どこまで頭のネジが緩いんだろう。それとも俺に対する当てつけのつもりか。

 ややあって、彼女はちゃぶ台の前まで戻ってくる。

「なんか、やつれたな」

「誰のせいよ……」

「自業自得だろ」

「というか、さっきの話、どういうことなの?」

「オチンチンのことか?」

「……そうよ。なに、したのよ。私は」

「天下の往来で俺に首輪して、その手綱を握って、オチンチンしろって。周りにスゲェ沢山、人が一杯いたのに、正々堂々とオチンチンしろって。そりゃもう、するしかないでしょ。オチンチン」

「そうだなー。言ってたなー。オチンチンって」

「あぁぁ……」

 俺の言葉に追随するよう、鬼っ子にまで弄られる始末。

 金髪ロリ吸血鬼は頭をちゃぶ台へ突っ伏した。

「っていうか、アンタ、どこまでなら覚えてるんだ?」

「わ、私は外へ出た記憶なんて、これっぽっちもないわよ……」

「……そりゃスゲェ。むしろそこからが本領発揮だったぞ」

 逆に部屋で飲んでいる最中は普通だった。

 むしろ頬が赤くなったりして、普段よりも可愛らしい女の子だった。

「そんなぁっ!」

「酒なんて飲み慣れてるって、豪語して他のは何処の誰だろう」

「わ、ワインだったらイケるのよっ! 昨日のが強すぎたのよっ!」

「あら来ましたよ、負け惜しみ。これだからプライド高い高いちゃんは困る」

「このっ、こうなったら何度でも殺しっ……」

 これ以上は何も語らせぬとばかり、膝を立てて、堅く拳を握ってくれる。

 しかし、それで言葉を収めるほど、俺は大人しい人間じゃない。

「しかもアンタさ、深夜徘徊用のズボンをどっかに捨ててきたろ? あのクソ高そうな真っ赤な色のズボン。どんだけ探しても部屋の中になかったし」

「あっ……」

 今更ながら、ポカンとした表情になる。

「財布とか大丈夫か? あと端末も」

「あ、あっ、あのなか、財布と端末と、それに、が、学生証がっ……」

「現場で拾われてたら最悪だな。ストリップショーで個人特定とか」

「うっ……」

 いよいよ、金髪ロリ吸血鬼の目元に涙が浮かび始めた。

 これでも年頃の娘さんらしい。限界が近いのだろう。

「うぅっ……」

「っていうかさ、財布や端末はともかく、何故に学生証まで入ってたんだよ?」

 何気ない俺からの問い掛けに、けれど、ウッと短く呻いて、エリーザベト姉の動きが止った。ピクリ、肩の位置が普段より高いところに上がったまま、一向に降りてこない。

「…………」

「なぁ?」

 その露骨なまでの態度は、俄然、こちらの興味を誘う。

「……何かあったのか?」

「だ、だって……」

「だって?」

 ボソリ、続けられたのは、本当にしょうもない理由。

「そ、その方が、スリルが、あって……」

「うわ、確信犯かよ」

 今、俺はコイツに本気で惚れたよ。

 淫乱痴女ロリ金髪吸血鬼とか全力でラブい。

「ち、違うわよっ! 脱ぐつもりなんて無かったのだからっ!」

「痴女は得てしてそう言うよな。本当は脱ぎたかった癖に」

「だから違うって言ってるでしょぉっ!」

 涙目になりながらも、唸り掛かってくる。

 なにこれ可愛い。セクハラ楽しい。

 でも、これ以上は危険だ。

 あまり苛め過ぎると、また部屋を掃除する羽目になる。

「まぁ、どうせ隕石が落ちてきたら、全部なかったことになるんだし、いいじゃん。放っておいても数日の恥だろ。捨ててきたズボンも地球と一緒に燃えちゃうんだから」

「私、隕石、落としたくなったわ。凄く」

「そうっスか」

 しかしまあ、随分と好き勝手に語ってくれる女だ。この手の人種は、ネイルが割れただけで、もー死にたーい、とか言うんだよな。しかも二十代中頃になっても、気分は十代とばかりにブリブリするし。

 まあ、彼女の場合はフォーエバー可愛いから、まったく問題無いけど。

「こんな状態で、よくまあ家まで帰って来られたよな」

 しみじみと呟いてしまう。なにせ二人共、帰宅した記憶がないのだ。

 すると、不意に鬼っ子が割り込むよう、口を開いた。

「おおい、おおい。オマエらを連れて帰ってきたのは私だぞ。感謝しろー」

「あー、やっぱりそうだったんだ」

「そうだぞっ! だから、お酒、ちゃんとお酒、今日もたくさん用意しろよ」

「え、今日も飲むのかよ?」

「飲むー」

「アンタもアンタで凄いよな。まるで懲りてない」

 一昨日の二日酔いなど、まるで他人事の態だ。

 元気いっぱい、満面の笑みで言ってくれる。正直、俺としては今日くらいは休肝日にしたいと思っていたりするのだけれど。かれこれ一週間、毎日を飲み続けている。

「オマエらと飲むと楽しいから、今日も一緒に飲むぞ」

「ちょ、ちょっと、冗談でしょうっ!? 私はもう二度と嫌よっ!」

「一緒に飲まなかったら、殺すぞ?」

「はぁ? や、やれるものならやってみれば良いじゃないっ!」

 泣きっ面に蜂。流石に金髪ロリ吸血鬼がキレた。

 これに鬼っ子は、問答無用、隣に腰掛けた姿勢のまま、裏拳を返した。

「ギャッ……」

 パァンと小気味良い音と共に、エリーザベト姉の腹部が弾けた。まるで肉の下に指向性の爆発物でも仕込んでおいたよう。脇から拳の甲に叩かれた肉体は、腹部に大きな穴を開けると同時、後方へ向けて勢い良く吹き飛んだ。

 これまたヤバいくらいの腹パンだ。

「お、おいっ! ちょっといきなり何やってんのっ!?」

 せっかく掃除したのに。

 また畳やら壁やら何やら、まとめて全部が血まみれだ。

 白かった壁紙の六割くらいが赤く染まっちゃってるよ。

「だってコイツが、一緒に酒飲んでくれないっていうから……」

「だってじゃないでしょっ! 殴っちゃ駄目でしょっ!?」

 もうやだコイツら。

 部屋のなか真っ赤っかだよ。

「別に死んでないぞ? たいして力を籠めてない。だから良い」

「いやいやいや、腹に風穴空いてるから。一大事だから。良くないから」

「肉体的な損傷なら、アレはすぐに治るぞ」

 居室から吹っ飛んで廊下の先まで移動してしまった弱小吸血鬼。

 確かにその肉体は、俺と鬼っ子が見つめる先、早々のこと治癒を始めた。腹パン穴が大きくて、今にも千切れそうな上半身と下半身。その切断面が互いに蠢くよう肉をうねらせては、互いに結びつくよう蘇生してゆく。

「う、うぅっ……」

 かなり気持悪い。

 本人はグッタリとしており、醜態を取り繕う余裕すらない。

「……スゲェな吸血鬼」

「不死のヤツは丹精込めて叩かないと死なないぞ」

「んな微妙な表現されても。丹精って具体的になんッスか……」

「普通に殴るのとは違ってな? こう、なんていうか、身体と一緒に魂もぶっ飛ばす感じで叩くんだ。そうすると、中身も一緒に殺せる。いいかんじ」

「それはあれか、肉体的にも、精神的にも、みたいな」

「そう、それだ! それそれ! たぶんそれ!」

 そう言えば、俺の師匠にしても、似たようなことを言っていたような気がする。吸血鬼みたいな不老不死の連中は、どうやったら倒せるのか。訪ねた時に、今の鬼っ子がしたものと同じような説明をしてくれた。

 実践したことはないけれど。

「んじゃやってみ? 二つ一緒な? 一緒に」

「え? 俺が?」

「試しにアイツ、頭とか殴ってみればいいぞ」

 何気ない調子で、弱小吸血鬼を指さす鬼っ子。

 示された側はと言えば、廊下にうずくまり呻き声を上げている。傷口は段々と塞がりつつある。この様子なら数分もあれば元に戻りそうだ。とは言え、とても苦しそうだ。今にも死んでしまいそう。

 せっかく風呂にはいってサッパリしたのに、血肉が破裂した水風船のように飛び散って、全身が酷いことに。更に顔は涙と鼻水でグチュグチュ。なんかスンスンと鼻を啜る音が聞こえるんだ。

「いや、殴っちゃ駄目だろ。凄い苦しそうにしてるじゃんか」

「今がチャンス」

「チャンスじゃねぇよ」

 ついさっきまで和気藹々と歓談してた気がするんだけれど。

 この辺りのさじ加減が怖い。困る。

「殴れよー! 勉強したことは、ちゃんと試さないと駄目だぞ!?」

「いやいやいや。だって可愛そうだろ?」

「でも、自分の力を把握するのは大切」

「そりゃそうだけど、今はちょっとよろしくないだろ」

「逆らうのかー?」

「おーいおい。あんまり無理言うと、美味しいお酒をやらないぞ?」

「うー、それは困るなぁ」

「だろう?」

「分かった。まあ、また今度にしような。今度」

「おう。そうしよう。俺もそれがいいと思う」

 危ういところで納得させた。

 段々とこの鬼っ子の扱い方が分かってきた気がする。

 そうこうするうちにエリーザベト姉の怪我は治りゆく。腹の穴が塞がり、はじけ飛んだシャツの先、皮膚に浮かんだ傷も跡を残さず元通りとなる。衣類の破れや汚れやこそ代わりないものの、他は殴られる前と変わらない程度まで落ち着いた。

 肉体の損傷が完治するに応じて、彼女はゆっくりと自らの足に立ち上がる。

「うぅ……」

 ただ、いきなり殴られたショックが大きいのか、気分が悪そうだ。

 呻き声は本物である。

「おーい、大丈夫か?」

「……大丈夫に見えるの?」

 恨みがましい眼差しを向けてくれる弱小吸血鬼。眦には涙が浮かんでいる。コイツ、マジ泣きしてやがる。人の家でマジ泣きしてやがる。なんか可愛い。

 だが、俺はつい小一時間前の出来事を忘れてはいない。

「アンタ、俺のことはいきなり殴っといて、自分が殴られたらそれかよ」

「っ……」

 痛いところ突いてやった。

 悔しそうな顔になる弱小吸血鬼だ。

 ざまぁ。

「んじゃ、今日もお酒なっ! オマエも一緒なっ!?」

「っ……」

 そんな彼女へ追い打ちをかけるよう、先程に同じく問い掛ける鬼っ子。

 続く言葉に詰まるエリーザベト姉。

 とは言え、流石の彼女にしても、また腹に穴を開けられたくはないようだ。多少ばかりを躊躇の後、小さく首を縦に振った。

 そして、ゆるゆると口を開いては、とても嫌そうに言葉を続ける。

「じゃ、じゃあ、今日は、その……妹も一緒で、良いかしら?」

「うわ、ひでぇ、妹さんを巻き込みやがったっ」

 率先してコイツを巻き込んだ俺が言えることなじゃないけれど。

「う、うるさいわよっ! 止める人間が居た方が安全じゃないっ!」

「なるほど、自分では止まれないと理解した訳だ」

「っ……」

 殊更に渋い表情を浮かべながら、彼女は再びちゃぶ台の前に座った。

 当然、その背後には今にコイツの身体の内から放出された血液やら肉片やらが散乱している。アンタが汚したんだから、アンタで片付けろと言いたくなるのだけれど、もう、諦めよう、部屋のことは。

 それを言えば、また余計に部屋が汚くなる。

「そ、それで、話は……どこまで進んだのかしら?」

 自らの醜態を誤魔化すよう、涙目ながら気丈にも話を蒸し返す金髪ロリ吸血鬼。

 こういう持ち直しの早いところは、凄くカッコ良いし、可愛い。魅力的。

「自分から振っておいてなんだけど、もう止めないか? 不毛な気がする」

 確かに失われた記憶は惜しい。とても気になる。しかしながら、流石にこれ以上は俺も勘弁だろうか。万が一にもコイツらの面倒に巻き込まれては叶わない。こっちは死なないだけの一般人だ。この子より尚のこと弱い。

「……ぅん……そうね、それが良いわ」

 珍しくも意見が一致した二人。エリーザベト姉にしては、余程のこと鬼っ子の腹パンが答えたのだろう。随分と大人しくなって思える。

 打たれ弱い性格の持ち主なのだろう。鼻をかもうとしてティッシュ箱を探すも、室内に見つからなくて、必死にスンスンと鼻水を啜っている。

 他方、これにきょとんとして呟くのが鬼っ子。

「もう終わりなのか?」

「終わりでいいだろ。それより何か食べに行かないか? 腹減った」

「そうね……」

 そんなこんなで、一同、遅めの昼食を求めて家を後とした。