喰らえ、メテオストライク!

宝刀捜索 二

「ここよ」

 リムジンから降り立ったエリーザベト姉。その視線が向かう先には、一軒の寂れた神社が建っている。日本全国津々浦々、どこにでもある稲荷信仰の一社だ。

 百坪無い程度のこじんまりとした敷地に、申し訳程度の拝殿と、これに続く形で一体となった本殿。その脇に社務所だろうか。人の生活の気配が感じられる平屋が建つ。

 碌に手入れもされていないのだろう。建物は土埃にまみれて汚らしく、更に周囲が木々に囲まれているとあって、酷く見窄らしく映る。

 この近辺は都内に在っても田舎と呼ばれる地域だ。隣家は野良地を隔てて、数十メートル先に築数十年のぼろ屋がちらほらといった具合。

「こんなところにラッキーなものがあるんですかね? むしろ、不幸な何かが詰まってそうな気配がビンビンに感じられるんだけれど」

「調査は私が行った訳じゃないわ。いいから行くわよっ!」

 有無を言わさず、真正面から進入を試みるエリーザベト姉。

 なんて頼もしい姿だろう。

 その背中は自信と余裕に満ちあふれているではないか。

「あ、お姉ちゃん、待ってよっ!」

 これに妹さんが続く。

 仕方なく、俺も鬼っ子を連れて姉妹の後を追った。

 神主は相当に掃除が嫌いらしい。境内は酷く荒れていた。雑草は生えっぱなしだし、木造建築のそこらかしこは虫が食っていたり、カビが生えていたり。

 唯一、社務所だけが辛うじて手入れの跡が窺える。けれど、それも非常に適当であって、明らかに立て付けの悪い玄関ドアだとか、傾いた郵便ポストだとか、住んでいる人間のズボラさが、あちらこちらに窺える。

 真っ当な人間が住んでいるようには到底思えない。この様子では、同社に所在するお稲荷様も困りものだろう。或いは既に主人は留守となり、別に性悪な妖怪の類いでも住み着いているのか。そう考えると怖い。

「お、おい、ちょっとは警戒とかした方がいいんじゃ……」

 俺の言葉は姉妹の下まで届かなかった。

 何故ならば、届けようとした先、その耳が頭部ごと吹き飛んだ。

 バァンバァンと二つ続けて、銃声のようなものが響いた。

 同時、エリーザベト姉妹の首から上が消えた。グチャリ、足下に汁気を伴う何かの飛び散る音。何事かと意識を向ければ、赤いものにまみれて、グチャグチャになった肉のような、そうでないような、何か。

 その中に形を残す目玉を見つけて、ようやっと彼女たちの頭部だと理解する。骨までグチャグチャ。脳味噌のウネウネしたピンク色が砂利に混じって鮮やかな光沢を放つ様子は、なんだろう、段々と慣れつつあるな。

「……いきなりヘッドショットかよ」

「おー、綺麗に吹っ飛んだなー」

 驚く俺。

 一方で鬼っ子は何ら動じた様子もなく、これを眺める。

 姉妹の頭部が吹き飛んだ先を鑑みるに、驚異は間違いなく神社の側から放たれて思える。っていうか、こんな昼間から銃を撃つとか、正気を疑いたくなるね。

「コイツら、だ、大丈夫だよな?」

 倒れた二人を見つめて、反射的に疑問を口とする。

 頭部を失った姉妹の肉体は、バタリ、その場に仰向けとなって倒れる。千切れた首から吹き出した血液が、まるで噴水のように飛び散り、辺り一帯を真っ赤に染めた。

 スカートがめくれて、パンチラしている。妹さんは黒のローレグ。姉の方はシンプルなシルクの白。素直に喜べないのが悲しいところだ。でもエロい。勃起しそう。

 もしも誰か神社の前を通りかかったら、かなりヤバいことになる。

「今のは普通の鉄砲だろ。あれじゃ吸血鬼は死なないぞ」

「今朝のアンタのパンチと同じか」

「そうそう」

 鬼っ子が語るとおり、二人の肉体に変化が始まる。

 失われた頭部を取り戻すよう、首の断面から肉や骨が盛り上がり始めた。ニョキニョキと伸びた頸骨が、筋や管の類いを伴い頭部の芯を作る。

 これを覆うように各組織が付いてゆく。まるで詰まった排水溝から水が溢れるよう、ボコボコと音を立てて、脳幹から小脳、間脳、大脳へと脳内組織が膨れ整ってゆく。

 そうして新たに生まれた器官を覆うよう頭蓋骨が生え始めた頃には、ようやっと顔形も整い始める。美少女の顔面再生だ。

 鼻筋が浮き上がった脇に両眼がボコり。まるでキノコの成長を早送りのビデオに眺めるよう。我々日本人より幾分か深く掘られた眼窩へと収まる。

 他方、口周りでは歯が生えると同時に、舌が喉の方から伸びてくる。舌はこんな深い部分から生えていたのかと、思わず驚いてしまうほど。

 更に一頻り待てば、筋肉が整い、これに皮下組織と肌が乗って、ようやっと人の顔と呼べるものが完成だ。本来、一人前の吸血鬼であれば、これくらいは一瞬でやってのけるそう。ソースは以前に知り合った吸血鬼の言(げん)。

 ということで、彼女たちは半人前確定である。

「っぅ……」

 意識が戻ったのか、ゆっくりと身体を起こすエリーザベト姉。

 その傍らに妹さんも同様だ。

「お姉ちゃん、今の……」

「ハイジっ、気をつけなさい!」

 つい先刻までの余裕はどこへ行ってしまったのか、途端に厳しい顔つきとなり、妹さんへ注意を促す。二人は大きく後ろに飛んで、俺と鬼っ子の脇まで移動した。

「ちょっとちょっと、こっちくんなよ。俺まで巻き添えを喰らっちゃうじゃん」

「私たちの為に命を捨ててくれる覚悟はどこへいったのかしら?」

「今はその時じゃないのさ」

「まったく、使えない男ね……」

「今の、きっとあっちから飛んで来たよ。流石に弾は見えなかったけど」

 妹さんの人差し指が指し示す先には社務所がある。よくよく見てみれば、並んだ窓ガラスの一つに、僅かばかり隙間が窺える。そこからは小さい筒のようなものが顔を覗かせていた。

 距離にして三十メートルばかり。

 恐らくショットガンだろう。小豆が飛んだ気配は無かったので、きっとスラッグショット。見通しの良い境内に立つ我ら一同だから、そこいらでシカやイノシシを狩るより、余程容易に撃てそうだ。

「なるほど、不死者の類いか。であれば銀玉を飛ばせば良かったな」

 俺らが見つめる先、社務所のドアが開いた。

 現れたのは四十代中頃を思わせる壮年男性。

 鬼っ子に同じく和服を着ている。強面のイケメンだ。髪型は時代物の日本映画に出てきそうな、黒の長髪を頭の高い位置でポニーテールにしたもの。身長は百九十くらい。ゆったりとした着物の上からでも容易に窺えるガタイの良さと、筋肉の膨らみ、それに伸びっぱなしの無精ヒゲが、否応なくこちらの危機感を煽ってくれる。

 そして、極めつけは正面に構えられた銃。銃床が木に作られた古めかしいデザインのレミントンM870だった。以前、師匠に見せて貰った覚えがあるので間違いない。二連装とは言え、先の射撃音の間隔の短さから、相当に撃ち慣れて思える。

 化け物の相手をするとき、人間側の銃器武装として一番に適しているのは、なんでもショットガンらしい。喧嘩が始まれば、必然的に近距離戦となる上、拳銃や小銃では火力不足。弾を色々と選べる利便性も大きい。とは、師匠の言。

 特に銃身を切り詰めて大型のハンドガンほどのサイズにしたものが良いと言って、常日頃から愛用していたことを思い出す。世間的にはソードオフショットガンと言うことをネットで検索して知った。この国では違法だそうで。

 だからきっと、この男もそれなりに知識のある人なんだろう。

「貴方、今のは私たちに対する反逆の意志であると捉えて良いかしら?」

 頭に一発良いのを喰らって、エリーザベト姉はご立腹の様子。

 ギリリと鋭い眼差しに男を睨み付ける。

 凄く格好いい。惚れた。マジ惚れた。惚れ直した。

「貴様らも我が家の宝を奪いに来やがったのか? この盗人共がっ」

 男は油断ならない様子でこちらを見つめている。

「お姉ちゃん、もうお話できる雰囲気じゃない気がするよぉ?」

「そうね。面倒だし殺してしまいましょう」

「いやいやいや、ちょっと待てよ。相手は化け物じゃなくて人間だぞっ!? きっと戸籍とか持ってるぞっ!? 殺したら警察がすっ飛んでくるだろっ!」

「あら、こんな貧民の一人や二人、殺したところでどうにでもなるわよ」

「わたしたちぃー、お金持ちだもぉーん」

 エリーザベト姉の他、妹さんもブチ切れているようだった。

「……そうっスか」

 頼もしい限りだ。どこのお嬢様だよアンタらは。

「さくっとやっちゃいましょう」

「りょーかい!」

 ニィと不敵な笑みを浮かべるエリーザベト姉。

 ニコニコと人懐っこい笑顔となる妹さん。

 これでやろうとしていることは強盗殺人なのだから、叶うことなら彼女らに惚れているイケメン連中にも、その実体を教えてやりたいところだ。そうすれば、少なからず恋敵も減ってくれるだろうに。

「大人しくも無様に死になさい」

 先んじて仕掛けたのはエリーザベト姉だった。

 昨日、雪女を前にしては小動物の如く逃げ出した彼女も、しかし、人間を相手としては嬉々として走り迫る。腰を低く落として、まるでレスリング選手のタックル姿勢のよう。その超小学生級ボディーと相まって、頭の位置が男の膝ほどとなる。

 これに並ぶよう、妹さんもまた同じ姿勢に駆ける。

 激しい動きで、丈の短い制服スカートがめくれて、パンチラしまくり。

 スゲェ嬉しい。

 特に妹さんの黒のローレグが超絶エロい。

「くそっ、化け物がっ!」

 焦った男は姉妹に向けて銃を構える。

 狙いを姉の方に絞り引き金を引く。

 込められた実包は先程のスラッグショットと異なり、バックショット。打ち出された数発の弾丸が彼女の頭部を目掛けて迫る。

 動きが速い人外に対しては、弾の使い分けが何より重要だと、師匠が言っていた。なるほど、それを今まさに目の前で見ている感じ。

 要は狩りと同じ。

 しかしながら、これをエリーザベト姉は飛び上がって回避する。

 続けて放たれた二発目も、弾の一つが足首を多少ばかり掠るに終わった。

 外れた弾は地面に敷き詰められた砂利を打って四散させる。大きめの粒が込められているらしく、軽く抉れて下から地肌が露出する。

 飛び散った小石の幾らかが、俺の足下まで飛んで来た。

「死になさい?」

「っ!」

 相手の顔面目掛けて、地上数メートルの地点から姉がドロップキック。

 男は弾切れとなった銃を捨てて、咄嗟、身を飛ばし下がる。

 残念ながら、ロリキックは空を切る。

 手前数メートルの地点にザザァと喧しい音を立てて地面に着地。地面を深く抉り、今し方の散弾にも勝る数の小石をあちらこちらに飛ばした。

「こっちも忘れないでねー!」

 姉からの一撃を避けた男。

 そこに生まれた隙を、地上から迫る妹さんの腕が狙った。

 胴を薙ぐように、大きく腕を振るう。

「なっ……」

 咄嗟、男は声の聞こえてきた側へ意識を向ける。

 驚愕に見開かれた瞳。

 大慌てに和服の懐から鉈を取り出す。

 それが彼の最後だった。

「はいっ、おーわりっ!」

 無駄に楽しそうな妹さんの一言に併せて、正面、男の胴体が臍の辺りでスッパリ、綺麗に分断された。まるで大きな刀に切り飛ばしたよう。

 彼女は何も凶器など手にしていないのに。

 これだから人外は嫌だ。

「残念。ハイジに持って行かれたわね」

 その傍ら、姿勢も穏やかに正した姉が、軽口を零す。

 臍を境に上下で切断された男の胴体。断面からは大量の血液が吹き出した。同姉妹が首を爆ぜられた際と比べても、殊更に多く感じる。大人として図体が大きい分だけ、血液量も多いのだろう。

 彼女たちは至近距離から血を浴びる羽目となった。

 しかし、なんら動じた様子もなく、これを身に受けては笑みを浮かべるエリーザベト姉妹。長く艶やかな金髪が、べっとりと赤く染まる。顔も、身体も、制服も。まるで赤い色のシャワーでも浴びたように。

「あはぁ、久しぶりにオジサマなイケメンの生血ぃー」

 妹さんが、ぺろり、口の周りに付着した血液を舐めて言った。

 その台詞はまるでキャラを作ったよう。

 けれど、語る調子は本当に美味しそうだ。顔にはニィと笑みが浮かんでいる。

「駄目よ、ハイジ。お行儀が悪い」

 これを姉が諫めるように言う。

 けれども、その視線が向かう先は妹さんが見つめるところと変わらない。

「そういうお姉ちゃんも、ねぇ、どこを見ているの?」

「……えぇ。お行儀が悪いのは確かだけれど、捨て置くのも勿体ないわよね」

 姉妹の意識が向かう先、そこには血液を吹き出す男の下半身が倒れる。

 上半身は既に地べたへ横たわっている。

 上下共に彼の身体は、ピクリとも動かない。即死だろう。

「だよねー! 私もそう思うよっ! 渋いオジサンの生血、凄くいいぃ」

「えぇ……悪くないわね。凄く、悪くないわ」

 ゴクリ、二人の喉を鳴らす音が、嫌に大きく響いて聞こえた。

 見てくれが可愛らしいから、あと姉の方は極めてアホっぽいから、忘れそうになるけれど、彼女たちも歴とした吸血鬼なのだった。

 俺が白米を美味しく頂くように、人間の血を美味しく頂く連中なのだ。その目に映るイケメン中年男性の死体は、きっと我ら人間にとってのコシヒカリ。炊きたて。

 二分されて倒れた男の身体の下へ、エリーザベト姉妹が歩みを進める。

「いただきまぁす」

「ふふ、おいしそう」

 そして、姉が上半身を、妹が下半身を、互いに男の身体を自らの下へ組み敷くよう位置取り、血液を溢れさせる断面の只中へ、がばり顔を埋めさせる。

 吸血タイムだった。

「おいしいねぇー。おいしいねぇっー」

「そうねぇ、おいしいわぁっ」

 顔や身体が汚れることを厭わず、ゴクリ、ゴクリ、喉を鳴らし始めた。折角の制服も血みどろである。赤くないところを探すほうが難しい。

 その様子を眺めて、俺のすぐ隣、鬼っ子が言う。

「これだから吸血鬼っていうのは卑しいよなぁー」

 意外な手合いから、意外な台詞だった。

「……鬼だって人の血や肉、食べるんじゃないのか?」

「まー、そこいらの鬼は、そうかも」

「アンタは違うのか?」

「うん。私みたいな凄い鬼は、純粋に他の生き物の嫌忌を食べるんだ」

「嫌忌?」

「そうだ。だから血なんて飲まないし、肉だって、まあ、あんまり食べないな」

 チーズハンバーグを三皿も食った口が何を言うか。

 しかも付け合わせのサラダとライスの全てをスルーして。

「そ、そうっスか」

「それに、お酒のが美味しい。あっ! あとオマエがくれた白いヤツな」

「俺もその意見には賛成だけどさ。あと白いのはホワイトチョコな?」

「おーっ、ホワイトちょこぉー!」

 鬼という存在の起源は、そもそも人の負の感情、強いて言えば人間が自らの死や不幸を恐れるが所以に生まれたものだと言う。ならば、人の嫌忌を食べるという言葉も、割としっくり来る。

 これが数多に派生して、昨今の多種多様な鬼文化に至っているそうで。

 一口に鬼と言っても色々とある。例えば昨今、一番に有名な鬼の一種として吸血鬼。これが鬼と人の交わり生まれたもの、とは、これまた師匠の言。きっと、師匠の言葉なのだから、事実なのだろう。

 故に存在として、古ければ古いほど、鬼は純然なところに近しい性質を宿すそうな。彼女が自身を指して、私みたいに凄い鬼は、と言った下りは、この辺りの経緯が含まれた話に違いない。なんて、想像してみる。

「……アンタ、割と歳取ってる?」

「なんで?」

 興味本位に尋ねると、クルリ、こちらを振り向いた鬼っ子。

 くりくりとした大きな金色の瞳が、俺を真正面からジッと見つめてくる。

 こうして眺める分には普通に幼女しているのだけれど。

「いや、なんとなく」

「んー、どうだろう?」

「人間的には割と重要だったりするんだけど」

「ま-、まー、あー、それなり? 相応? 数えたことないかも……」

「相応ッスか……」

「おー」

「もしも覚えてたら、誕生日にはパーティーとかしてあげたのに」

「え? パーティーしてくれるの?」

「ウマいもんくわしたる」

「あー、じゃー、ちょっと待った。思い出す。思い出すぞ私は」

「まあ、気長に待ってるから、そのうち思い出してくれ」

「分かった! 代わりにウマいもん約束な!? 絶対だからな!」

「おうおう」

 二晩を共にしたものの、未だにこの褐色黒髪ロリータは全てが謎だ。

 とは言え、詳しく知りたいとも思わないので、まあ、いいや。

 それよりも、今はこの飢えた吸血鬼をどうにかするべきだろう。このまま放っておいて、万が一にも他の誰かに見られたら、非常に面倒なことになりそうだ。

「じゅるじゅる」

「じゅるじゅる」

 うっわ、スッゲェじゅるじゅるしてる。

 姉妹揃って全力でじゅるじゅるしてる。

 時折、息継ぎなのか、各々の顔が男の腹部断面から上げられる。その折、チラリ、チラリ、伺い見える顔は悦びの一色だった。口の周りが真っ赤に染まっていて不気味だ。昨晩に眺めた姉のピエロコスと比較しても、なんぼか気持悪い。

 美少女が台無しだよ。

「健康な中年男の生き血は美味しいわねぇ。顔も悪くないし」

 苦痛の表情がまま、固まってしまった死人の頬を撫でて姉が言う。

「だよねぇ-。やっぱり男の血はこうじゃないとだよぉ。あぁーおいしー」

 妹さんの方は、まあ、なんていやらしい。男の股間を指先に撫でている。

 どうやら二人とも、好みのタイプは年上の様子だ。

 狂ったように、切断された男の胴体へ顔を押しつけ、その血を啜る。

 これが噂に聞くチューチューしちゃうぞ、なのか。二人とも何故か性的に興奮して思える。これほどのものであるのなら、死ぬ前に一度は経験してみたいところだ。

 とは言え、あまり長くこうしている訳にもいかない。

 どうやら今の二人の在り方は、俺の隣に立つ鬼っ子にとって、少しばかり問題のある行為に思われる。これ以上は腹パン必至の展開だ。

「お、おーい! 食事も結構だけど、先に目的のモノをなんとかしないか?」

 が、俺が何を言ったところで、二人は聞く耳を持たない。

「じゅるじゅるじゅるじゅる」

「じゅるじゅるじゅるじゅる」

 飢えた猿のように血を啜っている。

「おーいっ……」

 何度繰り返し声を掛けて、一向に反応は得られなかった。

 どんだけ血が好きなんだよ。

 血への執着は若い吸血鬼ほど衝動的だと、以前に会った吸血鬼が言っていた。まさかここまで強烈なものだとは思わなかった。相応に若い二人なんだろう。

 仕方が無い。

 面倒だし放っておこう。

「いいやもう、俺らだけで確認しに行こう」

「おう」

 飢える姉妹を放って、俺と鬼っ子とは社務所へ向かった。