喰らえ、メテオストライク!

座敷童子 二

 目的の一室は屋敷の最奥にあった。

 周囲を部屋と廊下に囲まれて、窓の無い部屋。屋外に面した辺が一つもない部屋。明かりも消されて薄暗い。一歩を踏み込めば、まず目に付くのが部屋の四方に打ち付けられた大きな杭と、これに結ばれた麻縄、加えて、その縄に織り込まれた真っ白な紙。

 畳敷きの十畳ばかりの空間は、紙垂の結いつけられた注連縄にグルリと囲まれていた。事故現場への立ち入り禁止を示すキープアウトの黄色いテープのような感じ。ただ、あの手のパッキングテープより、余程のこと禍々しい。

 部屋にある唯一の家具らしい家具はと言えば、中央に敷かれた座布団。

 問題の座敷童子は、これにちょこんと座り、俺たちを迎え入れた。

「……飯は、飯はまだかのぉ?」

 第一声はボケ老人みたいな台詞だった。

 パッと見た感じ、外見は座敷童子界のデファクトスタンダード。どうやら性別は女らしく、肩口に切りそろえたオカッパに和服姿。年の頃は七、八才といった具合。少し長めに伸びた前髪の先、やたらと鋭い真っ赤な瞳が特徴的だった。

「お腹が減っているの? であれば、フランス料理のフルコースでも、満干全席でも、好きなものを好きなだけ食べさせてあげるわよ? だから、大人しく私たちと一緒に付いてきなさい」

「ん? 見ない顔じゃのぉ……」

「ほら、さっさと立ち上がりなさい」

「……強引じゃのぉ」

 酷く一方的なエリーザベト姉の物言いを受けて、眉を潜める座敷童子。

「いいから早くなさい」

 淡々と呟いて、室内へ向けて一歩を踏み出す金髪ロリ吸血鬼。

 すると、彼女の爪先が麻縄に作られた領域へ踏み込んだ瞬間のこと、バチン、強電の爆ぜたような音が当たりに響いた。同時、その親指と人差し指が火薬にでも当てられたよう、千切れ飛ぶ。

 ぴしゃり、血液と僅かばかりの血肉が飛んでは、俺の頬を赤く汚した。

「ぎゃっ!?」

 凡そ女の子らしくない声を上げて、エリーザベト姉はひっくり返った。

 まるで熱いものにでも触れたよう、大きく身を後方に飛ばしてのこと。一連の振る舞いは、タンスに小指をぶつけた際に眺めるそれと、良く似たものだった。

「え、なに今の」

 思わず呟く。

 これに答えてくれたのは、隣に立つ妹さん。

「結界だねぇ……」

「マジか」

 この和製キープアウトは、決して伊達や見栄に作られたものではないらしい。自らの爪先を抱えて、ごろんごろん、痛い痛いと悲鳴を上げながら、廊下に転がる残念系吸血鬼。これを眺めて強く理解だろう。

 まあ、なんとなく、そんな気がしていたのだ。

 碌に考えもせず突っ込んでくれるヤツが、身内に一人居ると便利で良い。平然と語ってみせるあたり、妹さんも予期してはいたのだろう。姉にその確認を押しつけるあたり、腹黒くて最高に可愛い。

「……おぬしら、なにをやっとるんじゃぁ?」

「これ、なんとかならないの?」

 閉じ込められている当人に尋ねてみる。

「どうにもならんのぉ」

「ですよねー」

 でなければ、こんなふうに閉じ込められてはいないだろう。

「何しに来たんじゃ?」

「君をディナーへ誘いに来たのさっ」

 キリっと良い感じの表情を浮かべて言ってやる。

 心はイケメン。

 すると、座敷童子ちゃんは甚く感心した様子で、感嘆の声を上げた。

「ほぅ!」

「海の見える素敵なレストランで僕と席を共にしてはくれないかな?」

 畳み掛けるように続ける。

「シーサイドブルーに臨むホテルの最上階、ロマンチックな夜景を楽しみながら、カリラの古いヤツでも飲もう。もちろん、メインディッシュは小豆飯さ。最高級の丹波大納言小豆をふんだんに使い、南魚沼産のこしひかりと合わせて、ふっくらと炊きあげた極上の小豆飯を堪能させるよ」

「……わし、おぬしについて行くっ」

 釣れた。フィッシュ。座敷童子フィッシュ。

 彼女は座布団から立ち上がると、とことこ、こちらへ向けて歩み寄ってきた。ただ、その歩みは部屋を囲う麻縄の前で止まる。それ以上を踏み出してはどのような目に遭うのか、全てはエリーザベト姉が身をもって示してくれた。

 互いに手を伸ばせば触れられる位置。

「でも、この結界、私たちじゃ無理だよぉ?」

「そこはほら、あれだ、アンタのお姉さんにもう一回、特攻して貰って」

「嫌よっ! すごく痛いのよっ!? 冗談言わないでよっ!」

 マジ切れだ。

「ペチャパイで良かったな。もしも巨乳だったら足より先に乳首が飛んでたぞ」

「……殺すわよ?」

 余程のこと痛かったのか、涙目に抗議の声を上げるエリーザベト姉。

 相変わらずな打たれ弱さだ。

 どうやら足の負傷は癒えたらしく、こちらへ向かい歩み寄ってきた。

 ただ、肉体こそ元に戻っても、靴には穴が空いたままなので、酷く不格好だ。まるでホームレスのそれ。いや、最近はホームレスだって、穴の空いた靴なんて履いてないだろ。なんて惨めな格好か。

「じゃあどうするか……」

 俺も痛いのは嫌だ。

「貴方がなんとかなさい」

「なんで俺よ?」

「私で無理なら、恐らくハイジでも無理よ。なら貴方しか残らないじゃない」

「なるほど。こんなことなら千年を連れてくれば良かった」

 アイツなら、きっと笑いながら突破してくれただろうに。

 振り上げた拳の一撃に、目に見えないバリアーを打ち砕く姿が、容易に想像された。果たして彼女のポテンシャルが如何ほどのものなのか。把握こそできていないけれど、俺たちと比較しては、飛び抜けて高いこと間違いない。

 伊達に本名で鬼を自称していない。

「そうね。その点には同意するわ」

 エリーザベト姉も素直に頷いて応じた。

 目に見えないバリアーの先、こちらを寂しげに眺めるのは座敷童子ちゃん。上目遣いに見つめられては、ドキン、胸の高鳴りを感じざるを得ない。

 その姿は大変に可愛らしくて、俺としてもなんとかディナーへ漕ぎ着けたいところ。彼女の年寄り臭いしゃべり方は、大変な興奮を伴います。

 ああ、ここは一つ、男を見せる場に違いない。

 行くか。行っちゃうか。

「んじゃ、ここは俺がなんとかするから、代わりに俺の言うこと、なんでも一つ聞いてくれよ? そうしたら、俺が俺の責任で俺の独力により、この結界を何とかしてみせる」

 俺だよ俺。俺がやるんだよ。

「ふぅん? 言うじゃない」

「どうなんだ?」

「まあ、余程に変な願いでなければ、いいわよ。好きになさい」

「よしっ!」

 気合いを入れて、結界へ向き直る。

 しかし、本当に人外相手だと強く出られる。

 これがもしクラスの女子だったりしたら、きっと、まともに声を掛けることさえも叶わず、今頃は隅っこの方でジッと大人しくしている限りだったろう。そう考えると、この金髪ロリ吸血鬼たちの存在は、非常に貴重なものだ。

 コミュ障のリハビリに最適である。

「え、お姉ちゃん、それって良いの? 絶対にエッチなこと言ってくるよ? 生中出しさせろとか、一時間耐久イラマチオさせろとか。俺の子供を孕んでくれとか」

「その時は踏み倒すに決まっているじゃない。事前に通達はしたもの。というか、ハイジ、貴方のその偏った知識はどこからやって来ているのかしら?」

「流石にそれは秘密だよぉー」

「ちょっとちょっと、いきなり隣で人のやる気を削がないで貰える?」

 適当に突っ込みを入れつつ、向かって正面、結界に対峙する。

 さて、どうしたものか、冷静に考えたところで、答えなど出ない。

 ならば素直にぶつかる他にない。

 幸いにしてこの肉体は不死身だと言う。であれば、今はその恩恵を存分に与るとしよう。痛いのは嫌いだけど、この碌でもない人生に多少なりとも華を添えられるのなら、美少女の為に苦痛を我慢することは、きっと嘗てない誉れとして、僅かばかりの充実と共に、俺の想い出になってくれるだろう。

 飲酒とオナニーに費やされた我が灰色の人生に、多少ばかりの彩(いろ)を与えよ。

「うぉおおおおおおおおおおおお!」

 大きく振り上げた右腕を、渾身のストレート。

 見えないバリアーを目掛けて、突き出した。

 都合、パキン、乾いた音が響く。

 更に続けて、ドスン、握り拳に柔らかな感触。

 俺の右手は座敷童子の頬を打ち抜いた。

「えっ!?」

 これに応じて、パァンと座敷童子の頭部が吹っ飛んだ。それは当人が悲鳴を上げる間すらない、ほんの一瞬の出来事だった。

 首から上が消えて、代わりにその後方、ベチャリと血肉が飛び散る。同時に千切れた首の断面から大量の血液が噴き出して、部屋の天井までをも真っ赤に染めた。

 当然、正面に立つ俺も真っ赤となる。

「ちょっ、なっ、これっ!?」

 ちょうど上手いこと、拳の進行方向に座敷童子の顔があったのだ。

 水道の蛇口から放水でも受けたよう、思わず後ずさる。

 これはエリーザベト姉妹も同様だ。

「ちょ、ちょっとっ! 貴方っ! なにしてくれちゃってるのっ!?」

「さ、流石にこれは酷いと思うよぉっ……」

 当然のように非難も飛ぶ。

「いや、あのっ、これはそのっ!」

 まさかの座敷童子殺傷事件、美少女吸血鬼姉妹は見ていた。

「こ、こうなったら目撃者も殺すしか……」

「なに物騒なことを言ってるのよっ!」

 怒鳴られた。

 予期せぬ出来事を受けて、ちょっと混乱している。

「っていうか、あのっ、ちょっと、本当にっ……」

 凄く悲しい。

 同時に有り得ないほどの罪悪感。

 本当、ちょっと、なにこれ。

「お、おいっ! しっかりしろよっ!」

 大慌てに駆け寄り、座敷童子の身体を抱き起こす。

 未だ血液を溢れさせる首から先、そこに本来あるべきものが、どうしても見つからない。あんなに可愛かったお顔が、どうしても見当たらない。代わりに生まれたのは、畳の上に伸びたピンク色をしたペースト状のなにか。

「しっかりっ! おいっ! ちょっとっ!」

 抱き上げた彼女の肩を揺する。

 すると、どうしたことか、反応が返ってきた。

「ひぃっ!?」

 抱き上げる為に腰へまわした腕。

 彼女の手が動いて、これをギュッと握った。

「い、生きてるっ!? 生きてるのかっ!? おぉぉおおおっ!」

 良かった。

 生き返れ、生き返るんだ座敷童子。復活だ座敷童子。

 なんかもう必至になって、その小さな身体を抱きしめる。

 まだ暖かい。

 冷たくしてなるものか。

「復活だ座敷童子ぃいいいいいいいいいいいっ!」

 今生の念を込めて叫ぶ。

 すると、おぉ、俺の願いが通じたのか。

 彼女の首先に変化が訪れた。

「うおっ!?」

 断面からニョキニョキと、骨が伸びる、脊椎が伸びる、肉が生える、神経が再生する。まるでトカゲの尻尾が再生する様子を、早送りのビデオ映像に眺めるよう。彼女の頭部が元の形を取り戻してゆく。

 脳幹が伸びては、続く脳組織が蘇生し、これを覆うように頭蓋骨が生まれる。目玉や咽喉といった組織も、それに習うよう整う。パッと眺めた感じ、理科室の人体模型の頭部さながらの光景。

 やがて、完全に頭部を形作った骨の上には皮下組織が整い、更に肌が敷かれた先には、頭髪が生え揃う。新たに整った髪は以前と変わらないオカッパの様相。髪に限らず、まつげや眉毛も同様だ。

 なんというか、最近、こういう光景ばっかり見てる気がする。

 そして、ぱちり、閉じられていた瞳が開いた。

「お、おぉ……元に戻った。すげぇ」

 俺の腕の中、座敷童子ちゃんが、意識を取り戻す。

 その口から漏れたのは、誰もが想定外な囁き。

「わし、こんなに激しく愛されたの、はじめてじゃぁ……」

 くりくりとした大きな瞳が、俺の顔を覗き込んでいた。

「お、おぉ、良かった……」

 安堵から、思わず全身の力が抜けた。

 良かった。マジ良かった。

 先程から心臓が、バクンバクン、激しく脈を打って止まない。

 見た目可愛いから、うっかり殺しちゃったとか罪悪感が半端ない。

「座敷童子って、こんなに耐久力があったかしら?」

 すぐ後ろから、エリーザベト姉の素朴な疑問が飛んでくる。

「個体差なのかなぁ?」

 これに妹さんが適当を呟く。

 何はともあれ、無事で良かった。本当に良かった。

 俺は学んだね。

 自身へ能動的に話しかけてくれた美少女の失われる悲しみを。

「って言うか、本当に大丈夫?」

 畳に膝を突いて、その身体を抱きかかえた姿勢のまま、俺は座敷童子ちゃんに尋ねる。首から上が吹っ飛んでも大丈夫なほど強靱な座敷童子というのも、エリーザベト姉の言葉ではないが、幾分か疑問が残る。

 書物や伝聞に従えば、もう少し弱々しい人外だった筈だ。

「だいじょうぶじゃよー。これでも相応に歳を重ねておるからのぉ」

「そ、そか。なら良かった……」

 まあ、本人が大丈夫と言うのだから、大丈夫なんだろう。

 良しとする。

「ところで、いつまで抱きしめているのかのぉ? まー、わしとしては、このままずっと抱きしめてくれておっても、まったく構わないのじゃが……」

 チラ、チラチラ、なにやら視線を寄越す座敷童子ちゃん。

 超絶ラブい。

「そんなことを言われたら、未来永劫、僕は君を抱きしめ続けてしまうんですが」

「んほぉっ」

 驚いたような顔になる座敷童子ちゃん。

 なんか、妙な声を発した。

 これに非難の声を上げるのが、エリーザベト姉。

「ちょっとっ! 人の前でいきなりナンパを始めないで貰えるかしらっ!?」

「あ、いや、別にそんなつもりじゃ……」

 俺は魂の叫ぶがままに言葉を返しただけである。

 座敷童子ちゃん可愛い。

 でも、金髪じゃないんだよな。

 大人しくオカッパロリを胸中より解放する。子供特有の暖かな抱き心地が、ふっと接するより離れて、一瞬ばかり切なさ。ずっと抱きしめていたかったよ。だって、エリーザベト姉妹ってば、握手すらしてくれないんだもの。

「まーまー、お姉ちゃん。目的は達成したんだし、早く帰ろうよ」

「分かっているわよ。あ、ハイジ、ヘリを呼んでおいて」

「りょーかい!」

 元気良く頷いて、懐から端末を取り出す妹さん。

 例によってヘリの調達。

「え? 帰りヘリなの? ここまで乗ってきたリムジンはどうするの?」

「ヘリはそこの座敷童子を乗せて、本部へ直行させるわ。実質、あと一日しか猶予が無いから、早い内に顔合わせは済ませておきたいでしょう?」

「なるほど」

 小田原から都内まで、一往復数十万は掛かるヘリをタクシー感覚に呼んでみせる。コイツら本物のブルジョアだ。これが常日頃からの在り方なのか、それとも貨幣経済の崩壊を目前において、色々と面倒になったのか。

「……わし、どこに行くのじゃ?」

「これから貴方には本部へ向かって貰うわ」

「本部? なんの?」

「ああ、そうね。こんな場所に閉じ込められていたんじゃ、碌に情報も入ってこないわよね。ヘリが到着するまでに一通りを説明するから、良く聞いていて頂戴。決して貴方も無関係ではない事柄よ」

「わかったのじゃ」

 エリーザベト姉の口から座敷童子ちゃんへ、今この地球が瀕する危機的状況が伝えられる。迫る隕石。無力な人類。失敗した数々の作戦。最後の最後で頼りとなるのは、君たちラッキー族だけなのだ。云々。

 人型の化け物とあって、彼女の理解は早かった。

「なんと、いつのまにそんなことが……」

「と言うわけで、協力して貰うわよ。いいわね?」

「わかったのじゃー。行くぞ、本部とやらへ」

「ええ、それじゃあ外へ出ましょう。ヘリがすぐに来るわ」

 思いのほか友好的に頷いてくれた座敷童子ちゃん。

 彼女を連れて、俺とエリーザベト姉妹とは屋敷を後とした。

 途中、銃器に武装した数名から成る一団と遭遇したものの、これらは同姉妹がサクッと片付けた。いつぞや雪女に撃ち込んだ大口径が、今回は役に立った。エリーザベト姉ってば、ロリの癖に大した射撃の腕前だ。

 男たちは頭やら腕やら、身体のあちらこちらを欠損させての絶命だった。