喰らえ、メテオストライク!

転校生 一

 翌日、朝のホームルームで担任が言った。

「転校生を紹介します」

 途端に教室が賑やかとなった。

 両腕を枕に机へ突っ伏していても、クラスメイトの沸き立つ気配が窺える。お調子者の男子生徒や、ミーハーな女子生徒の発言は際立ち響く。この背景に流れるよう、他のクラスメイトの雑多に入り交じった呟き。

 あと数日を待てば夏休みという昨今、随分と時期違いな転校生だった。

「入って来て下さい」

 続けられた担任の言葉に応じて、教室の前側のドアが開かれた。

 興味が無いかと問われれば、そんなことはない。その面を一目拝んでやろうと、二日酔いに痛む頭を片手に押さえつつ、伏せていた顔を机から上げる。

 すると教壇の傍らには、可愛らしい金髪ロリータが並んでいた。

「自己紹介をお願いします」

 担任教師に促されて、小柄な少女二人が一歩を前に歩み出る。

 まるで中学生のよう。小学生であっても不思議でない。

「姉のコージマ・エリーザベト・フォン・プファルツです」

「妹のアーデルハイト・エリーザベト・フォン・プファルツです」

 しかも双子姉妹だ。

 一卵性なのだろう。外見は酷似している。パッと見て判断できる唯一の違いは、髪を結うリボンの色。姉が白で妹が黒。学校指定の制服姿であることも手伝い、他で見分けることは不可能に近い。

 ちなみにツインテール。

「二人はドイツの出身です。日本語は話せますが、文化的には理解の及ばないところも多々あるでしょう。皆さん、何か気づいたことがありましたら、意識的に助けてあげるよう、同じクラスメイトとしてお願いします」

 淡々と述べる教師。

 これとは対照的に教室は沸き立った。

「では、お姉さんの方から自己紹介を」

 促されて、姉妹の片割れが口を開いた。

「はじめまして。ドイツから来ました。コージマ・エリーザベト・フォン・プファルツです。コージマと呼んで下さって結構です」

 流暢な日本語だった。

 声立ちはハッキリと、凛とした響きの中にも、さりとて幼い少女の可愛らしさが窺える。ただ、本人が意識して押さえているのか、語り草は抑揚のないもの。良く言えば落ち着いた、悪く言えば冷淡なしゃべり方だった。

 或いはドイツ人が日本語を喋るとこうなるのか。

「趣味は読書と映画鑑賞です。日本での生活はあまり長くないので、至らないところ多々あるとは思いますが、どうぞ、よろしくお願い致します」

 自己紹介の内容は酷くありふれたもの。

 けれど、これをクラスメイトは歓声で迎えた。

「では、続いて妹さん、お願いします」

 担任は淡々と続ける。

「はいっ! 妹のアーデルハイト・エリーザベト・フォン・プファルツです。気軽にハイジって呼んで下さいっ! 日本の学校は初めてなので、とても楽しみです!」

 こっちは下手な日本人以上に日本人らしい自己紹介だった。

 落ち着いた姉とは一変して元気一杯だ。歳幼く映る外見に相応の語り草。その様子は姉妹で酷く対照的に思える。けれども、声の質は良く似て思えた。もしも喋り方を真似られたら、クラスの人間は見分けがつかないんじゃなかろうか。俺はつかない。

「趣味はゲームとアニメ、それに漫画ですっ! 最近は漫画喫茶にハマってますっ! 面白い作品とか知ってたら教えてねっ! よろしくお願いしますっ!」

 姉の時と同様に、クラスメイトは歓声を上げる。

 更にクラス一番のお調子者が、声も大きく野次を飛ばした。

「ハイジちゃん、かわいいよーっ!」

「本当!? ありがとぉっー!」

 教室内がドッと湧き上がった。

 これに構わず、担任は転校生二人へ向けて説明を続ける。

「二人の席は一番後ろに並んで空いている、あちらになります。夏休み明けには席替えを予定しているので、一時的なものと考えて頂いて結構です。どちらがどちらでも構いませんので、都合の良いように着席して下さい」

「分かりました」

「はーい!」

 この担任教師は堅苦しいことで有名だった。異例の外国人転校生に対しても、これは変わらない。僅かばかりの自己紹介に過ぎて、朝のホームルームは、普段どおり淡々と進んでいった。

 ただ一つ、留意すべき事柄があったとすれば、それは一瞬。

 姉妹が自席へ向かうべく歩み、俺の席を横切った際のこと。

「放課後に体育館裏で待ってるわ」

「……えぇ?」

 姉の方から、ボソリ、そんなことを言われた。