喰らえ、メテオストライク!

終末 一

 とりあえず、エリーザベト姉妹の自宅まで帰ってきた。

 既に清掃は終えられており、室内は壁紙まで貼り替えられて、とても奇麗。業者も姿を消して、他に人の姿のないフロアは静かなもの。今に居するは俺と家主である同姉妹、それに千年の四人のみ。

 時刻は午後十一時を過ぎた頃合。

「元気ないな?」

「あー、元気が無いんだよぉー」

 千年の言葉にも適当に答えて、俺はリビングのソファーへ身を預ける。

 他に姉妹の様子を窺えば、二人もまた同じような感じだ。

 どうやら、隕石の衝突確定及び、ラッキー軍団の全滅は、彼女たちにとっても相応に堪えた様子だ。普段なら付かず離れずの彼女たちも、今日に限っては距離を置いて、一人静かに黄昏れている。

 姉の方はバーラウンジのソファーで。

 妹さんはリビングの隅っこに設けられたマッサージチェアで。

 三者共に距離が遠い。

 近いのは同じソファーに隣り合って腰掛ける俺と千年くらいか。

「今日は飲まないのかー?」

「んー、飲みたいのか、飲みたくないのか、どうにも分からない感じ」

「なんだそれ」

「なんだろな? 俺にもよく分からない」

「変なヤツだなぁ」

 俺の情けない態度に何かしら察するところがあったのか、今日に限っては千年も幾分か大人しい。既に酒が入り、良い感じに出来上がっているにも関わらず、問い掛けてくる調子は少なからず相手を気遣ったものだ。

 可愛いよ、千年。千年、可愛いよ。

 でも、今はちょっとセンチメンタルな気分なんだよ。

 これなら何もせずに隕石落下を待ってれば良かったなと思う程度には。

「師匠なら、こんなときって、どうするんだろうなぁ……」

 弱り切った心が、そんな阿呆なことを口に呟かせた。

 ふと脳裏に過ぎる、俺にとって絶対の存在。最強の存在。あの人なら、もしかしたら、単身で隕石の一つや二つ、容易に追い返してしまうのではないか。

 とか、極めて阿呆な考えが浮かぶほど、パワーというか、活力というか、自信というか、そういうものに満ち溢れた人だ。

 もしも存命であったのならば、という条件は付くのだけれど。

「師匠ってなんだ?」

「ん? 俺に色々と教えてくれた凄い人」

「人間か?」

「そう、人間」

「ふぅん? 人間かー」

 気分が乗らなくて、千年への対応も適当になってしまう。

 悪いとは思いつつも、普段通りが難しい。

「お酒、持ってきてやるぞ? なんていうのがいい?」

「あー、ありがとう。どれでもいいぞ」

「そかー、分かった」

 短く応じて、俺の下を離れる千年。

 何を考えたのか、彼女は姉妹の下へと向かった。

 そして、今に俺に向けたものと同様の問い掛けを口とする。

 なんと珍しい光景もあったものか。

 グラスと酒瓶を携えた彼女は、俺の他、エリーザベト姉妹に対しても、甲斐甲斐しく杯を注いでやっていた。もしも昨日の俺が目の当たりとしたのなら、目玉をひん剥いて驚いたことだろう

 ただ、そうした千年からの気遣いを受けても、姉妹の調子は大人しかった。

		◇		◆		◇

 お酒は凄い。

 最初の一杯こそ静かに口として、けれど、二杯目を飲み終えて、しばらくした頃には、段々とフロアに動きが見え始める。呆け心に酒は随分と染みが良い。足りないところを補うように、ジワジワと染みては、形の定まらない虚勢に満たす。

 人間とは現金なものである。

 吸血鬼とは現金なものである。

 俺と千年、更にエリーザベト姉妹とは、バーラウンジに集まっていた。向かい合わせのソファーに作られたボックス席だ。そこで各々、好きなようにグラスを傾けている。

「お酒が美味しいわぁー」

 エリーザベト姉が呟いた。

「お酒が美味しいねぇー」

 妹さんが言った。

「お酒って最高だよなー」

 俺が言った。

「おう。お酒は最高だなー」

 千年が言った。

 誰もが同意する。

 お酒。

 お酒、最高。

 お酒こそ救世主。

 お酒があれば、きっと、隕石も怖くない。

「あー、おいしいなぁー」

 言葉を重ねるよう、俺はしみじみ呟いた。

 既に三杯目である。

 夕食を摂っていなかったことも手伝い、胃の中は空っぽ。酔いは早かった。加えて連日の飲酒である。果たして肝臓が弱るという事象が、今の肉体に起こりえるのか。内臓の次第は定かでない。ただ、既に意識はお酒に囚われていた。

 そして、これはエリーザベト姉妹も同様のこと。

「はいじぃー、お替わりが飲みたいわよぉー」

「おねえちゃん、わたしもぉー」

 手にしたグラスを掲げて姉妹が言う。

 すると、どうしたことか、これに応じたのが千年だ。

 先刻に同じく、自ら率先して席を立つ。

「今日は特別に私がおかわりを持ってきてやるぞー。感謝しろ?」

「うん、感謝するわぁ」

「やったぁー、千年ちゃんがお酌してくれるぅー」

 珍しくも自ら動く千年に、ふにゃふにゃ、感謝の言葉を述べるエリーザベト姉妹。完全に酔っ払っている。酒に弱い同姉妹にしては珍しい。今日に限っては自制もほろろ、既に俺と同じく三杯を重ねていた。しかも連日のアッパーが嘘のようなダウナー系。

 これに何を言うでもなく、千年は素直にお酒を注ぐ。

 二人分のグラスが琥珀色の液体に満たされる。

「ほら、のめ」

「ありがとー、千年。感謝するわ」

「ありがとうねぇ。千年ちゃん」

 答える姉妹の態度は酷く適当なものだ。もしも昨晩までの千年であったのなら、或いは、次の瞬間にでも彼女たちの首は飛んでいたかも知れない。けれども、これに構うことなく、可愛らしい新米バーテンは言葉を続けた。

 ぐいと有無を言わさぬ調子で、こちらへグラスを向けて。

「よし! それじゃあオマエも飲めよな! ほら!」

 姉妹に注ぎ終えた千年が、早々のこと俺に向き直る。

 手にしているのは、ショットグラスにすり切れ一杯のストレート。

 これ全部飲んだら、今晩は終わっちゃう感じの。

 けれど、今の俺にはちょうど良いのだ。

「ありがとう。千年。愛してるよ」

「おうー!」

 素直に受け取って、縁に口を付ける。

 きっと凄くお高いお酒なのだろう。けれど、全く味が分からない。ただ、酔った頭にも認識できたヨード臭から、彼女が俺の好みの酒を注いでくれたのだという事実が理解できた。なんだかんだで気の利く女じゃないですか、千年さん。

 愛してる。

「お酒、おいしいなぁ」

 一口飲んで、呟く。

 本当においしい。

 最高。

「だよな! お酒、おいしいぞぉー」

「うん、千年が注いでくれたから、更に美味しい」

「そうか?」

「そうだろ?」

「そうかぁー」

「そうなのさ」

 俺の隣に腰掛けて、彼女もまた自らのグラスを傾ける。

 ちらり眺めた表情は、ちょっとだけ楽しそう。

 そんな千年の存在に、少しだけ、癒やしを得る自らを感じた。