喰らえ、メテオストライク!

終末 二

 翌日、相変わらず目覚めは最悪だった。

 二日酔いである。

 一つだけ褒められたことがあるとすれば、ここ数日と比較しては、幾分か早い起床時間。まだ午前八時を過ぎた程度である。昨晩は酒の回りが早かった。午前零時まで意識が持たなかったのだ。

「いっつぅ……」

 横たわっていた身体を起こすと、場所はエリーザベト宅のリビング。

 そのソファーの上。

 昨晩は皆々、取り立てて暴れることなく、屋外で痴態を晒すこともなく、フロアを血まみれにすることもなく、静かに過ぎていった。

 ただ、深酒には違いない。

「あら、起きたわね」

 対面のソファーに腰掛けたエリーザベト姉が言った。

 彼女もまた目覚めてから間も無い様子だ。髪の毛はボサボサだし、服もシワだらけである。ただ、こちらより幾分か先に起きていたようで、起きがけの俺に平素からの軽い調子で語り掛けてきた。

「……くっ、先に起きてアンタにエッチな悪戯をするという作戦がっ」

「ちょっと貴方、まさかっ、さ、昨晩とか何かしたじゃないでしょうね?」

「さてそれはどうだか……」

 ニヤリ、不気味な笑みを浮かべてやる。

「まさか、そそそそ、そ、挿入したりしたんじゃっ……」

「さてさて、それはどうだか」

 挿入はおろか、触れることすらしていないのだけれど。

 それでもエリーザベト姉の反応が嬉しくて、イヤラシい笑みと共に適当を口とする。セクハラ楽しい。特にエリーザベト姉に対するセクハラは格別だ。何回やっても一向に飽きが来ない。俺の天職だわ。

「ちょっと、本当のことを言いなさいよっ。笑ってないで!」

 声も大きく吠える金髪ロリ吸血鬼。

 そんな彼女の声に応えたのは、俺でなく別の誰か。

「そんな度胸のある男じゃないから心配はないよぉー?」

「あ、あらっ、ハイジ」

「性器を晒して寝ていた私やお姉ちゃんを目の前に、見ていることしか出来なかった駄目男だもん。昨日のあれでまさか手を出せる訳なんてないよ」

「……たしかに、そうかしら」

「ぐっ……」

 廊下へ通じる出入り口から妹さんが姿を現した。

 シャワーを浴びていたらしく、バスローブ姿の上、首にはバスタオルを掛けている。上気した肌の僅かにピンクに染まる様子は、とても艶めかしい。女の色気というヤツだろうか。ホコホコとしている。

「それじゃあ、次は私が浴びようかしら?」

「行っといでぇー」

「あ、俺も是非一緒に……」

「いやよ。気持悪い」

 即断して部屋を後とするエリーザベト姉。

 パタパタと風呂場へ向かって行った。

 これを見送って、俺は妹さんに向き直る。

「ところで、あと何時間くらい?」

「そうだねぇー……」

 リビングの壁に掛けられた時計を眺めて、彼女は答えた。

「あと二十六時間くらいかなぁ?」

「そっかぁ」

 人類終了のお知らせまで、残すところ一日と幾らか

「もう発表ってされてるんだよね?」

「そうだね。テレビでも見てみようかー」

「かなり気になるわ」

 百インチ程度だろうか。大型なテレビのスイッチを入れる妹さん。応じて、画面に映し出されたのは国営放送が流すニュース番組。

 二人してソファーに並び腰掛けては視聴スタイル。

 画面の向こう側では、マイクを手にしたナレーターが、ヘリを用いて上空から都内の様子を生中継していた。映し出されているのは渋谷近辺だろうか。

 カメラが捉える先、大勢の人が屋外で乱交に励んでいる。

「うっわぁー、すごいねぇ」

「うわー、ウルトラ混ざりたいわ-」

「行ってくればぁ?」

「辿り着く前に殺される確率の方が高そうだから、今日のところは遠慮しとく」

 ナレーターの言葉に従えば、地球終了のお知らせが国から発表されて数時間、日々の生活を放り出した人々の流れは、この国から秩序を完全に奪っていた。

 画面にはモザイクに隠されることなく、そこら中に人の死体が映されている。

「君、死なないじゃん? むしろやりたい放題だよ? 王者になれるよ?」

「……ま、今はそんな気分じゃないんで」

「お姉ちゃんとは一緒にお風呂へ入りたいのにぃ?」

「彼女は別さ。愛しているのだもの。最後は好きな人と過ごしたいじゃない」

「ふぅん? なら今から入ってくれば? お姉ちゃん、背は低いし胸も全然だけど、太股とかムチムチしてて、とっても柔らかいし、お尻からオマンコに掛けてのラインとか、凄くエロいよ?」

「…………」

 やたらと絡んでくる妹さん。

 彼女もまた、人類文化の終焉を間近に控えて、色々と思うところがあるのだろう。こんな時、近くに居るのが俺のようなブサメンというのは、些か申し訳ない気もするが、まあ、こればかりは勘弁して貰おう。

「焦らなくても大丈夫さ。今晩は姉妹共々、寝かしてやらないぜ」

「君、口だけだからなぁー」

「いやいやいや、俺はやるって言ったら、絶対にやるタイプだから」

「ヤラない男ほどそういう主張するよねぇー。みっともなぁーい」

 俺は幸せだ。こんな可愛い金髪ロリータたちと共に最後を過ごせるのだから。

 そうしてしばらく、妹さんと共にテレビを眺める。

 この期に及んでは番組の放送枠も何もあったものでなく、番組は一度として途切れることなく、延々と映し続けられた。どうやら幾つかの中継ヘリでローテションを組んでいるようだ。新宿、池袋と何度か現場が移ろっては、最初の渋谷に戻ってくる。

「あっ、また死んだ」

「あーあー、これもう隕石とか来なくても駄目だろ」

 画面に映し出された映像の一端、裸の女を巡って男同士の喧嘩。

 眼鏡を掛けたスーツ姿の真面目そうな、もやし系四十代リーマンが、チーマー風の二十代不良を鉄パイプに殴打していた。頭部へ向けて連続的に振り下ろされるそれは、容易に頭蓋骨を陥没させて、脳内組織をあたりに散らせる。

 そうした光景が、今眺める中継の最中に限っても、あちらこちらに窺える。

 誰も彼も銀行や宝石店といった店舗は完全にスルーだ。金品を無視して、男は女を、女は男を、互いの肉欲を満たす為だけに求め動く。その様子は酷く原始的で、野性的で、見るものの性欲を刺激する。とてもエッチだ。AVの比じゃ無い。

「こうして見ると、人間も動物なんだって思い知るわ-」

「そうだねぇー。あ、ほら、あそこ。女が生きたまま捌かれてるよぉ?」

「うはー、グロいわぁー」

 包丁を手にした男が、風俗系ギャルを刻んでいる。

「ああいう女の血は生臭くて不味いんだよねぇー」

 まるでスナッフムービーでも眺めているよう。これがお堅いことで有名な国営放送の提供というのだから、いよいよ人類終了のお知らせに実感が沸いてくる。

 遠方に眺める建物も、火の手が上がっているもの多数。ショーウィンドウも悪戯に割られて、まるで大きな地震でも起こったよう。

「あ、見て、あそこ、君が好きそうな小学生が、凄い沢山の男に犯されてるよぉー?」

「うわ本当じゃん! なにあれっ! 超絶羨ましいんだけどっ! マジでっ!」

「混じりに行けばぁ?」

「今から行っても間に合わないだろ。っていうか、これ、録画しよう、録画。後でオナニーに使えるだろ。こんな素敵なオカズ、滅多に見られるもんじゃないだろ。小学生の貴重な乱交シーン!」

「えぇっと、録画ってどうやったかなぁー……」

 テレビのリモコンを相手にポチポチとやり始める妹さん。

 多少を待つと、画面の隅の方にRECのマークが付いた。

 よし、完璧だ。

「ナイス妹さん」

「君も君でナチュラルに変態だよねぇ……」

「それを血液が主食な変態ロリに言われたくはないんだけど」

「変態ロリのお肉を美味しい美味しいって食べてたのはどこの誰かなぁ?」

「ぐっ……」

 視線をテレビからこちらへ移して、挑発するような眼差しを向けてくれる妹さん。そんな彼女の瞳が、俺を見つめて即座、驚きから大きく開かれた。

「君、なんか煙りみたいなの出てるんだけど……」

「え?」

「ほら、腕とか、黒いのモヤモヤしてるぅ」

「あ……本当だ」

 妹さんの指摘する先、腕を眺めると、確かに何か出てる。

 黒い靄みたいなのが。モヤモヤしてる。数日前、某国の大使館へお招きされた際、エリーザベト姉妹が漂わせて見せたものと同じような靄だ。

 それが俺の身体の表面から、滲むように立ち上っている。

 何コレ怖い。

「ちょ、ちょっと、おい、なんですかこれっ!」

「うわ、気持ちわるぅっ!」

「いやいや、引かないでよっ! ちょっと、距離置かないでぇっ」

 ソファーに腰掛けたまま、人一人分ほど身を引く妹さん。

「だって気持悪いしぃ……」

「俺だって気持悪いよっ! っていうか、前にそっちも出してたじゃん」

「だって君の場合、出所が不明すぎるよぉー」

「た、確かに……」

 っていうか、これ、原因があるとしたら、思い当たるのは唯一。

「そうだよ、千年っ! 千年ったらどこいったのっ!?」

「あー、千年ちゃんだったら、あっちのソファーで寝てたよ」

「おうっ!」

 妹さんが人差し指に示す先には、バーラウンジのソファー。

 よくよく見てみれば、横たわる千年の姿こそ、背もたれに隠れて見えないものの、そこからは黒い靄の立ち上る様子が窺えた。

 十中八九で彼女の身体からも、俺と同じものが出ているのだろう。

「あ、同じみたいだねぇー」

「うぉーい、千年、こりゃどうなってるんですかっ!」

 大慌てに駆け寄る。

 案の定、鬼っ子ロリータは爆睡中。

 その肩に両手を置いて、ゆっさゆさ、揺すり起こす。

「おーい! 千年っ! 千年っ!」

「んぅぅ……」

「千年、起きてくれ!」

「……んぁ、ぁ、なんだぁ?」

 ゆっくりと瞼を上げる千年。寝起きも相当にラブいぜ愛してる。思わずギュッと抱きしめたい衝動に駆られた。

 だが、今はそれどころじゃない。

 自らの右腕を正面に差し出して、左手の人差し指に指し示す。靄は決して収まることなく、むしろ勢いを増して、肌より滲み出るよう立ち上る。

 なんか悪い病気にでも罹ったよう。

「これ! なんだこれ!黒いのがモヤモヤしちゃってるんだけどっ」

「……ん?」

 寝ぼけ眼に俺の姿をジッと眺める千年さん。

 しばらくして、彼女はボソリと呟いた。

「おぉー、凄いな」

「いやいやいや、凄いのは百も承知だから」

「凄い勢いで、人間の負の感情が流れ込んでくる」

「いやいやい、……え?」

「これ、量が多くて拒否できないなぁ」

 続けられた言葉に、はて、どうして返したものか。

 彼女の訴えるところが理解できない俺は呆然とする。

 他方、千年はゆっくりと身を起こして、その場に立ち上がる。

「何があったんだー?」

「いや、何があったっていうか、むしろ知りたいのは俺の方なんだけど」

「んー?」

「っていうか、千年、大丈夫か? 痛いところとかないか?」

「大丈夫だぞ? むしろ絶好調だ」

「そ、そか。なら良かった」

 俺も特に痛いところとか、痒いところとか、不調は見当たらない。むしろ頗る調子が良い。近々でどうにかなってしまうようには思えない。

 無論、後々のことを考えると怖い。けれどまあ、それはそれ。人類寿命が二十数時間とあっては、そんな先のことまで考える必要もない。今が良ければ大丈夫だ。きっと。

「へんなヤツだなぁ」

「えっと、そうか? 普通だと思うけど」

「でも、私のことを心配してくれたのは、とても嬉しいぞ?」

「いや、ま、まぁ、俺はアンタのこと好きだしな」

「おほー!」

 ニコーっと良い笑顔を浮かべてくれる千年。

 本当に可愛い。愛してる。俺の子供を産んで欲しい。

「それで、これって何なんだ? 負の感情って……」

「君もいよいよ本格的にこっち側の存在なんだねぇ」

 千年へ問い掛けようとしたところ、妹さんの声が届いた。

 気付けばすぐ近くまで歩み寄って来ているではないか。

「ど、どういうこと?」

「君、鬼には詳しい?」

「詳しいかと言われれば、まあ、普通? くらい」

「なら理解も早いんじゃないかなぁ」

「……って言われても」

 妹さんの言うところが理解できない。

 これに畳み掛けるよう、千年が言葉を続ける。

「オマエは元気が出ないか? 私は凄く元気だし、気分が良いぞ?」

「元気? いや、元気かって言われれば、まあ、元気だけど……」

 そう言えば、いつの間にやら二日酔いの頭痛が消えている。尚且つ、胃の辺りに感じていた不快感も失われて思える。頭も凄く冴えて、今なら期末試験に向けた勉強とか、気分良く取り組めそうな。

「あれ、なんだこれ、確かに元気だな」

 流石に二日酔いが瞬殺というのは不思議だ。

 これも千年の鬼パワーの賜だろうか。

 つい数日前は急性のアル中で死にそうになっていた彼女なのに。

「何かあったのか? 人間に」

「こっちに来るといいよ、千年ちゃん」

「ん?」

 妹さんに促されて、場所をリビングのテレビ前まで移動する千年。

 俺もこれに続いた。

		◇		◆		◇

 鬼という存在の起源は、人間に代表される高等な精神活動を行う生き物が湛える、負の感情だと言う。これが膨大な時間を掛けて集まり、一カ所に濃縮、やがては形を取り、鬼という存在へ至ったのだと言う。

 つまり、人間がご飯を食べて日々の糧とするように、元来からの鬼という化け物は、人間の負の感情を食べて、それを原動力とするのだそうな。これは鬼と名の付く存在にとっては、酷く一般的で、ごく当たり前のことだという。

 とは言え、一口に鬼とは言っても、昨今、実にバリエーションに富む。元来からの負の感情に限らず、人と交じり血を欲する吸血鬼や、夜な夜な徘徊しては屍肉を啜る屍鬼のよう、多くは求めるところに変化を生んでいた。

 ただ、元々はそういう存在だったということ。

 故に鬼としての純度が高ければ高いほど、負の感情に大きな影響を受ける。

「なるほど」

 千年と妹さんから説明を受けて、色々と納得できた。

「つまり、今まさに世界中で溢れる絶望が、千年の下へどんどん集まっていると。んで、千年の中に取り込まれてる俺も、同じように影響を受けているのだと」

「おう。そういう感じだ」

 俺の言葉を受けて、満面の笑みに頷く千年。

 正解らしい。

「けれど、随分と大きく影響を受けているんだねぇ……」

「千年が言うには、もう取り出せないくらい引っ付いちゃってるらしい」

「へぇー」

「一心同体だな!」

「おうおう! 俺はアンタとだったら全然構わないけどな!」

「本当か?」

「当然だ」

「おほー、かなり嫌じゃないぞ? それ」

 満更でも無い表情を浮かべる千年に、なんかちょっと嬉しい俺。

 千年可愛い。

「まあ、そういう理由なら、実害はなさそうだねぇ」

「そうだな。良かった良かった」

「しれっと人間止めちゃったのに、割と気にしないね?」

「まーな。今更どうなったところで関係ないし。むしろ千年との繋がりが深くなったようで嬉しいから、逆にハッピーエンドだ。死ぬ前に良い経験ができた」

「ふぅん? 器が大きいのか小さいのか分からないねぇ」

「器なんて入れ物に興味はないね。男だったら中身で勝負だ」

「それって外見が悪い男の常套句だよね。私知ってるよぉ?」

「それでもいいの!」

 千年も交えて、ああだこうだとリビングに言葉を交わす。

 すると、入浴を終えたエリーザベト姉が戻ってきた。

 妹さんに同じくバスローブを着用の上、首にはバスタオルというスタイル。

「あぁ、なんて美しいっ!」

 気付けば思わず吠えていた。

「な、なによ、いきなりっ」

 ビクッと身体を震わせるエリーザベト姉。

「アンタの美しさだけは、例え人類が失われたとしても残るのだと思い返して、その美が永遠のものであることに満足を覚えた次第さ。アンタは美し過ぎる。俺は最後の瞬間をアンタと共に過ごせることが、嬉しくてならない」

「……よくまあ惜しげも無く、そんな臭い台詞を言えるわね。その顔で」

「俺にとってのアンタは掛け値無しに愛おしい存在ですから。愛してますから」

「だからそれが気持悪いって言ってんのよ」

 軽い調子に語りながら、エリーザベト姉はスタスタと歩んで、俺たちが腰掛けるに同じく、リビングのソファーへと身を落ち着ける。

 都合、ソファーテーブルを挟んで、俺と千年、エリーザベト姉妹とで顔を向き合わせる形だろうか。ここ数日で随分と馴染んで思える。いつもの配置だ。

「ところで、貴方と千年、なんか出てない?」

「あぁ、気にしなくても良いよ。無害らしいから」

「だぞー」

「……流石に気になるのだけれど、まあいいわ」

 どうやら黒い靄が気になった様子。

 そりゃ誰でも気になるさ。

 ただ、気にするなと言えば、それで話は切り上げられた。

「それで、いよいよ終わりも近いようだけれど……」

 依然として付けっぱなしのテレビ。そこに映し出される中継を眺めてエリーザベト姉が言う。わしゃわしゃとバスタオルに濡れた髪を拭きながらのこと。

「今日くらいは学校に行ってもいいか?」

「え?」

 誰にも先んじて、俺は言った。

「やっぱり、ほら、最後は自分に馴染みのある場所を周りたいし」

「……ふぅん?」

 すると、早々、こちらへ意味深な視線を向けてくれるエリーザベト姉。

「駄目か?」

「別に。良いわよ」

「んじゃ、俺はこれで失礼するわ」

 短く続けて、席を立つ。

「なら、ヘリを用意する必要があるわね。ハイジ」

「でもぉー、運転手、きっともう居ないよ?」

「なら貴方が運転すれば良いじゃない」

「もー、お姉ちゃんも運転できるくせにぃー」

「こういうのは妹の役目でしょう? 最後くらいは姉を立てなさいな」

「分かったよぉ」

「え? あ、ちょっと、別にアンタらまで来なくても……」

 予期せぬ姉妹の言葉に慌てる。

「籍を置いているという意味では、私たちも同じなのよ? 別に貴方だけのものでもないのだし、同行するくらい問題ないのではなくて? それとも、私たちと一緒というのは気に入らないのかしら?」

「日本の学校も、もぉ―少しだけ、楽しみたかったんだよねぇ。ほら、アニメみたいなの、教室でお弁当食べたりとかぁー、放課後に部室で遊んだりとかぁー、色々と憧れてたんだけどさぁ」

「いや、まあ、別に良いと思うけどさ」

「どこか行くのか-?」

 隣に腰掛けて、こちらを見上げるよう窺う千年。

「んじゃ、千年。人類文化文明、最後の観光ツアーに出発だ」