喰らえ、メテオストライク!

終焉

 夢を見ていた。とても幸せな夢だった。どこまでも幸福で、どこまでも朗らかで、どこまでも癒やされる。どうかお願いだから、永遠に留まっていたいと思わせるだけの、とても幸せな夢だった。

 ただ、全ては目覚めに応じて霧散する。

 何もかもが失われて、自分がどんな夢を見ていたのかすら、思い出せなくなる。

 訪れるのは現実。

 意識が覚醒した先、そこは見慣れた場所だった。

「……おー、俺んちだ」

 呟いて、自分がまだ生きていることを理解した。

 まず最初、視界に入ったのは、一人暮らしを初めて数ヶ月、ようやっと見慣れ始めた天井。仰向けに横たわる背中には、薄くて堅い安物布団の感触がある。どうやら電気は通じているらしく、エアコンの動作音が静々と響いて聞こえる。

 それとなく首を動かして周囲の様子を窺う。

 部屋中に飛び散った俺や誰かさんの血痕は、その細かな形まで覚えがあった。布団が敷かれていること以外、最後に部屋を後としてから、なんら変化は感じられない、住み慣れた自宅の風景だ。

 身を起こして布団の上に座り混む。

 すると、すぐ隣に誰かの気配を感じた。

「……お、千年ぇ」

 千年だ。千年が同じ布団の中で寝ていた。

 今もスースーと穏やかに寝息を立てている。横向きに背を丸めて、芋虫のような姿勢に眠っている。上手い具合に顔がこちら側へ向けられており、俺はその穏やかな寝顔を拝むことができた。

 例の発作は治まったのだろうか。

「っていうか、誰がここまで運んできたのか……」

 呟いて、早々に思い至る。

 エリーザベト姉妹以外、それが可能な手合いを俺は知らない。

 ただ、部屋に彼女たちの姿はなかった。

「ん?」

 いや、薄い士切り戸を隔てて、キッチンの方に人の気配がある。

 どうやら料理をしているらしく、トントントン、包丁を扱う規則正しい音が聞こえてきた。他にも鍋の湯だつ音やら、なにやら。

 ぼんやりと滲む視界を人差し指に擦り、曇りガラスの向こう側へ目を凝らしてみる。すると、流し台の前に立つ人のシルエットが確認できた。

 かと思えば、不意に聞こえた音。

「お姉ちゃん、探して来たよぉー」

 玄関のドアが勢い良く開かれる気配と共に、妹さんの声が響いた。

「ありがとう。そこに置いておいて頂戴」

「他になにか手伝うことあるぅー?」

「それじゃあ、あの二人の様子を見てきてくれるかしら?」

「わかったー!」

 ガラリ、士切り戸が開かれる。

 都合、妹さんとバッチリ視線があった。

「げぇー、もう目覚めちゃってるよぉー、おねえちゃぁーん」

「いやいやいや、なんでそんな嫌そうな顔するかなー」

 心底嫌そうな表情で言ってくれる妹さん。

 他方、これに酷く驚いた様子で声を上げるエリーザベト姉。

「え、本当に?」

 パタパタと慌ただしい足音と共にこちらへ向き直る。

 妹さんの肩越しに、彼女とも視線があった。

「つまりあれか。これは、もう少し寝てた方が良かったと」

 仕方ない。眠るとしよう。

 ゴロン、掛け布団を引っかけては、身体を横たえる。

「ちょっと、なにいきなりふて腐れてるのよ?」

「いや、別にそういう訳じゃないけど……」

 適当に軽口など交わしながら、エリーザベト姉妹から顛末を確認した。

 曰く、彼女たちが現場に戻ったとき、俺と千年とは現場で気を失っていたのだそうな。それを我が家へ運び込んだ後、今日まで丸一日を眠りこけていたとのこと。

 時計を見れば、ちょうど正午を過ぎたあたり。

 自身が意識を失ってから、千年がどうなったのか、全ては推測に過ぎない。ただ、どうやら約束通り、俺は彼女を抑えることに成功したようだった。

 良かった。約束を守れて。

 あぁ……本当に良かった。

「で、アンタらは何を?」

「見て分からないの? 食事の支度をしているんじゃない」

「いやいやいや、それは分かるけど」

 何故に俺の家で。

「お姉ちゃんったら、重要な後処理も全部丸投げで、昨日から泊まり込みだよ? しかも、いつ起きるか分からない相手の目覚めを待って、三食共におかゆ作ってるし。流石の私もこの白くてドロドロしたのは、流石に飽きてきたんだから」

「ちょ、ちょっと、ハイジ!」

 なるほど。

 どうやら彼女たちは俺と千年を看病してくれていたらしい。

 想定外の事実は、あまりにも嬉し過ぎた。

 正直、涙がちょちょぎれそう。

「まー、一方的に巻き込んだ手前、多分に負い目もあるんだろうけどねぇ」

「そういう貴方だって、ず、ずっと一緒に居るじゃない!」

「私はお姉ちゃんに付き合ってるだけだもん」

「なっ……」

 平素から変わらぬ調子で姉を弄くりまわす妹さん。

 途端に部屋が賑やかとなる。

 これを受けてだろうか、すぐ隣、同じ布団に横となっていた千年が目を覚ます。むくり、こちらに同じく上半身を起こしたかと思えば、右を見て、左を見て。

 最後に俺の方を見る。

「お、おぉう、千年……もう大丈夫?」

「…………」

 彼女の挙動を受けて、エリーザベト姉妹が静かになる。

 一同、緊張した面持ちに千年の様子を窺った。

 沈黙は数秒ばかり。

 ややあって、彼女は口を開いた。

「なんか落ち着いてる。きっと、大丈夫だと思う」

「よかったぁ……」「よかったー!」「よかった……」

 三者一様に溜息を吐いて胸を撫で下ろす。

 図らずして声がハモってしまった。

 相当に緊張していたのだろう。

 そうした他の面々の心中を知ってか知らずか、千年本人はと言えば、呆気カランとした様子で言葉を続ける。こちらへ向けられた表情は、俺が知る平素からの彼女のもの。

 いや、若干。

 いやいや、俺の自惚れでなければ、かなり嬉しそうかも。

「約束、守ってくれたんだなー」

「最後の方は怪しかったけどな。きっとギリギリだ」

「そかー」

 ニコニコと良い笑みを浮かべて、急に千年が抱きついてきた。

 胸の辺りに顔を埋めて、ポフって感じだ。

「んぉっ!?」

 彼女らしからぬ態度に思わず声を上げてしまった。

「ありがとうなー。うれしいぞ」

「そ、そか。そりゃ良かった」

 俺も嬉しい。

 凄く癒やされる。

 千年の暖かな体温を腕の内に感じて、この上なく幸せ。自然と手は動いて、その艶やかな黒髪をナデナデしてしまう。サラサラしてて気持ちいい。

 俺の背中にまわされた両腕の、身体をギュッと抱きしめてくる感触が、この上なく愛おしくて、なんかもう、今なら死んでも良いってくらい。

 ただ、そうした時間も、僅かな間のこと。

「で、そろそろ食事にしたいのだけれど、良いかしら?」

 エリーザベト姉だ。

 ちょっと棘のある声だった。

 普段通りと言えば、普段通り。

「ん、ご飯かー?」

「そうよ。支度をするから、貴方たちも大丈夫なら、布団を畳んで準備をして頂戴。ただでさえ狭い部屋なんだから、無駄に敷布を広げている余裕はないの」

「そりゃまあ六畳一間ですから」

「私は別に狭くてもいいぞー?」

「よ、四人も居ると窮屈じゃないっ! いいから、ほら、片付けてっ!」

 吠えるエリーザベト姉。

「お姉ちゃん、負けてるねぇ……」

「ハイジっ! 何の話かしらぁっ!?」

「別にぃー?」

「くっ……」

 仕方なく、俺と千年とは立ち上がって、それまで寝ていた布団を片付け始める。

 しかし、本当に良かった。

 千年が無事で良かった。エリーザベト姉妹も無事で良かった。三人が無事でいてくれて、本当に良かった。これほど嬉しいことは他にないね。しかも、ご飯を作って待っててくれたなんて、それこそ嬉しさのあまり踊り出してしまいそう。

 なんて、気を抜いたのが、良くなかったのかも知れない。

 立ちくらみだろうか。

 目の前が真っ暗になった。

 俺はそのまま前のめりに倒れて、意識を失うのだった。

「ちょ、ちょっとっ!? あんた、顔色がっ……」

 今し方、丸一日ぶりに目覚めたばかりだと言うのに。







 喰らえ、メテオストライク! 終わり。

 次作「喰らえ、インベーダーアタック!」は来年公開予定。