喰らえ、メテオストライク!

遭遇 一

 自宅最寄り駅へ到着する頃には、既に日が暮れていた。

 夕食を摂っていなかったので、直帰せずに近所のコンビニへ寄り道をした。そこで弁当を購入すると共に、普段は同じ棚に在っても目を向けない、少し高めのお酒を手に取る。人生残すところ六日。奮発して白州とジャックダニエル、他数本を購入する。

 年齢確認だ何だと面倒なところは、店員と顔馴染みなので問題ない。中学校の頃の先輩で二つほど年上だ。高校を中退の上、ラノベ作家で成功するという夢を追いかけて、フリーターをやっている。ぶっちゃけ負け組の見本だな。

 ビニール袋は普段の二倍から三倍ほどに膨れた。

「ありあしぃたぁー」

 聞き慣れた間抜けな挨拶を背に店を後とする。

 人通りも疎らな住宅街を歩む。

 時刻は午後七時を過ぎている。昼の長い夏場であっても、空には星の爛々と輝く様子が窺える。外灯には明かりがともされていた。これに集る羽虫の類が、カツンカツン、不規則な音を立てては、一帯の静けさを殊更に際立たせる。

 なんか嫌な感じ。

 こういうときは得てして、良くないものが見えたりする。

 俺は少しばかり歩調を早めて、帰路を急いだ。

 さっさと帰って酒を飲みたい。お酒を飲みたいんだよ。

 が、出会った。

「あ、昨日の人間じゃん」

「…………」

 ちょうど角を曲がった先、二、三メートルの地点。

 外灯の下に置かれた大きめの段ボール。

 昨日と同じヤツだ。

 そして、これに収まった幼女は、どうしよう、同様に見覚えがあるじゃない。

 しかもコイツ、今まさに見えている。

 俺だけじゃない。

 普通に“誰も”から見えている。

 なにやっちゃってるのよ。

「なーなー、また酒くれよ」

 段ボールの箱に収まったまま、こちらを見つめてくる。両手を縁において、その間に顎を並べて、ジッと凝視してくる。ちょっと可愛いけど、凄く可愛いけど、俺は騙されねぇぞ。このプリティーが。

 チラリとも視線を向けず、段ボールの前を素通り。

 道を歩いてたら、ヤクザの車が車道脇すぐ近くに止まって、おい兄ちゃん、この腕時計を買ってくれねぇか? 三万、いや、一万でいい、なんなら五千円でも、とか言ってくるタイプの詐欺あるだろ。あれと同じだ。

「なんだよ。昨日、助けてやったじゃんかよ。無視すんなよ」

「…………」

 昨日と今日では状況が異なる。

 鬼なんかと関係を持って、良いことなんて、万が一にも有り得ない。

 つい数刻前にも、同じ鬼仲間の吸血鬼に脅されたばかりだ。

 ちなみに先の恐喝系吸血鬼が洋服姿であったのに対して、こちらの鬼っ子は和服を着用だ。臙脂色の生地に白で桜の花が描かれている。相当に着古したものらしく、ところどころが摩れていたり、解れていたりと、残念なところが目に付く。

「おーい、そこの人間っ」

「…………」

 背後を振り返らず数メートルばかりを歩む。

「酒くれないなら殺しちゃうぞ」

「……っ」

 が、無視しきれずに即座Uターン。

 段ボール箱の前まで自らの足に戻る羽目となる。

 最近、自身の命をベットにする機会が多過ぎて嫌だ。

「……な、なんですかね?」

 もみ手と共に尋ねる。

 頬肉の引き攣るのが、自分でもよく分かった。

「酒くれよ、酒。昨日くれたやつ、あれウマかったんだよ」

 ニコーっと、良い笑顔で言ってくれる鬼っ子。

「あぁ、酒ね、酒、酒……」

 命には代えられない。

 購入したばかりの酒を一瓶、ビニール袋から取り出す。レシートに記載された額の一番に安いヤツだ。それでもIWハーバーなんて、普段は滅多に飲まないのだから、見ず知らずの鬼にくれてやるには勿体ない。

「なんだこれ。昨日と違う」

「昨日のヤツより高い酒だよ」

「おお、そうなのか」

 酒瓶を手渡す。

 鬼の瞳がキラリ、外灯の明かりを受けて輝いた。

 まるで宝石のような金色の瞳。

「んじゃ、俺はこれで……」

 そそくさと段ボール前を後とする。

 が、シャツの裾を掴まれて数歩と進まず停止。

 ズズズと僅かばかり地面に擦れて動く段ボール箱。

「せっかくだし一緒に飲もう、人間」

「……えー」

「一緒に飲まなきゃ殺すぞ?」

 どこまでが本気なのかと問い掛ければ、きっと、一字一句全てが本気だと答えるのだろう。人外とはどこまでも理不尽な存在だ。人間なんて、コイツらと比べれば、酷くちっぽけで弱々しいしい存在だ。

 結果、自宅へ幼女を連れ込む羽目となった。

		◇		◆		◇

 酒、酒を飲んでいる。

 毎日飲む酒。終わりのない酒。琥珀色の液体。流れる時間。前後不覚になった世界。赤く染まった頬。誰かの笑い声。子供の笑い声。鬼の笑い声。酒瓶を抱えるように、小さな鬼が笑っていた。

「おー、うめぇー」

「だろ? このスモーキー具合がイケるんだわ」

 気づけば楽しく飲んでいる不思議。

 俺は自宅で鬼っ子と酒盛りを共にしていた。

 路上に出会ってから、二時間ほどが経過していた。

「なにこれスゲー。こんな酒もあるんだなー」

「ちょっと水を足してみ? もっと香るから」

「本当かっ!?」

 途中で気分が良くなり、秘蔵のアードベッグまで振る舞っていた。いつか良いことがあったら飲もうと、大切にとっておいた一本だ。予定した機会とは真逆になってしまったけれど、こうして飲んでいる今まさに、何故だか悪い気がしない。

「うお、マジだっ! スゲェいい!」

「だろだろっ!?」

 このロリ鬼、なかなか話が分かるじゃない。

「うっひ、俺ももう一杯いちゃおっ」

「おーうっ、飲もうぜ飲もうぜぇー」

 エリーザベト姉妹から告げられた事実が、余程のことショックだったのだろう。酒の進みは自分が思った以上に早かった。普段ならば水で割るところを、ストレートでゴクゴクとやってしまう。

 一緒に飲む相手が居る、というのも大きいかもしれない。いつも一人酒だったし。

「アイラもののツマミはホワイトチョコに限るわぁ」

「なんだその白いの。うまいの?」

「甘くてうまいぞ」

「自分ばっかりずるい。こっちにも寄越せよぉー」

「おう。食え食え、たんと食え」

 まるで虎に餌付けでもしているような気分。

 実際は虎など足下にも及ばないほど危険な相手なのだけれど。

「おほぉ、甘くてうまいぃ」

「だろ? これ齧った後、こっちのを飲むと最高なんだ」

「よし、やるぞっ! それやるぞっ!」

 それにしても、怖いほどに素直な鬼だ。ここまで素直な鬼や鬼の仲間を、俺は過去に見たことがない。いいや、鬼に限らず人外一般、全てを含めてのこと。

 何気なく眺める先、角付き幼女はホワイトチョコを頬張り、ショットグラスに注がれた酒を、きゅっと一息に飲み干す。良い飲みっぷりだ。

 褐色の肌に作られた頬が、殊更に色を濃くするよう朱に染まる。

「っくぅううう、たまらないなっ! これ!」

「だろ? 人生、この為に生きてるようなもんだわ」

「オマエんち来てよかったわぁー」

「おぉう、そういって貰えると、なんかスゲェ嬉しいじゃんかよ」

 これはこれで、たとえ鬼っ子が相手でも、悪い気がしないな。

 六畳一間の畳部屋で、ちゃぶ台を囲って酒盛り。卓上には色々なアルコール類がならんで、色々なつまみが並んで、なんて幸せな気分だ。毎日二十四時間、ずっとこうだったら良いのに。気持ち良いのに。

 あぁ、素敵な感じに酒が回ってきた。

「ったくよぉ、本当、あと一週間で終わりなんて、マジで嘘みたいだわぁ」

 だからだろう、思わず愚痴ってしまう。

「あぁん? 終わりって、何が終わるんだー?」

「地球が終わるんだってさー」

 ぐびり、手にしたグラスを傾けて語る。

 喉の奥の方から熱いモノがこみ上げてくる感覚。

「なんだそれ?」

「隕石が降ってくるんだってさ」

「隕石? そんなにデカいのか?」

「スゲェでかくて、人間なんて絶滅しちゃうらしいわ」

「え? 本当か? そりゃ一大事だろ?」

「そうなんだよ。一大事なんだよ」

 ったく、あと百年くらいズレてくれれば良かったのにさぁ。どうして俺が十代で一人暮らし始めた途端に降ってくるんだよ。運がねぇ。本当に運がねぇよ。こんなの飲まなきゃやってらんねぇよ。

「人間が絶滅したら、酒も飲めなくなるなぁー」

「そうだよ。酒が飲めなくなるし、チョコも食えなくなっちまう」

「何とかならないのか?」

 悲しそうな顔で鬼ッ子が言う。

 そんなに酒が好きか。

 俺は大好きだよ、バカヤロウ。

「むしろこっちが聞きたいんだけど、鬼でも無理なのかよ? えいやっと」

「さー、どうなんだろな。隕石なんて実物見たことないし」

「俺のことは助けてくれたのにぃ……」

「オマエと隕石は別モノだろ? でっかいんだろ?」

「でっかいらしいわ。四百キロくらいって偉そうなヤツが言ってた」

「そらデカイなぁー」

 伊達に吸血鬼が他力本願に走ってないだろ。この鬼っ子のパワーでも、隕石相手は駄目らしい。デカイってのは、それだけで強いってことだな。化け物の出所不明な人外パワーも、巨大質量を前にしちゃからきしか。

「っていうか、人間の単位とか分かるのかよ? キロメートル」

「鬼なめんなよ? 少しくらいなら分かるぞ」

「マジか。スゲェな最近の鬼って」

「だろー?」

 お酒のせいで会話が酷く適当になっている。

 が、愉快な気分なので気にしない。

 きっと相手も気にしてない。

「あ、それもっとちょうだい。白くて甘いの」

「おう、ぜんぶ持ってけ」

「やった」

 残り三ピースくらいになった板チョコを放ってやる。すると鬼ッ子は、さっき教えてやった飲み方で、またグイっと一杯やった。

 なんて美味そうに酒を飲む幼女か。

 ますます俺も飲みたくなってしまうじゃないか。明日が怖いけど、なんかもう知ったこっちゃないわ。本能が赴くままに飲んじゃうわ。

「んでさ、他に手段がないから、ラッキー集めて、隕石なんとかするらしいんだわ」

「ラッキー? 犬か何かか?」

「鬼の癖に人間くさいこと知ってるのな」

「ちがうのか?」

「ワンワン集めてどうするよ? 幸せの方のラッキーらしい。英語でラッキー」

「そっちかー。紛らわしいなぁ……」

「んでもって、俺もそれを手伝わされる羽目になったんだわ」

「ふーん、ならがんばれよー? 私はもっとお酒飲みたい」

「俺だってもっと飲みてぇよ。一億年くらい飲んでいてぇよ」

 気づけば今日の出来事を愚痴っている俺だ。

 なんか妙に話しやすい鬼なんだよ、コイツ。珍しいよ。

「っていうか、オマエも手伝えよ。明日も好きなだけ飲ませてやるから」

「本当か? 本当に好きなだけ飲んでもいいのか!?」

「マジでマジで」

「分かった。そんなら手伝う! ラッキー集めるのっ!」

「おお、物わかりの良い鬼だなオマエ。良い奴じゃん」

「そうか?」

「そうだろ?」

「そっか」

「おら、飲め。こっちのも美味いぞ」

「おぉ?」

 足下に転がっていたターキーを、空になったグラスへ注いでやる。

 すると鬼は即座、口元へ運んで一気に飲み干す。

「おっほぉぉ、こっちも美味いな! 喉の辺りが堪らないだろ」

「ちょっと他のよりアルコールがキツいからな。気持ちいいだろ?」

「気持ちいい、気持ちいい。もっと気持ちよくなりたいっ」

「よし、もう一杯いけっ」

「いくっ!」

 調子に乗って三杯ばかり、一気飲みさせてやった。

 ダブル三杯、アルコールに弱いヤツなら、これだけでノックアウトだ。

 ついでに俺も自分に一杯注いで、ぐいっと。

「くっそ、今日は飲みまくるぞ!」

「おーう、呑むぞー!」

 この無駄に元気の良い鬼っ子が一緒に居てくれて良かったぜ。

 少なからず救われた気分だった。