金髪ロリ魔王ラノベ

プロローグ

 その日は葬式だった。

 式場には喪主を筆頭として、亡くなった者の身内が十余名。特別何を語る事も無く、素面に集まっている。交わされる言葉は極めて儀礼的。不幸の挨拶に始まり、形式的な時期の文句に繋がり、頭を下げて別れの言葉に締まる。

 故人は人望に乏しい人物であったらしい。

 フロア正面の壇上には、立ち花に囲まれて、二十代中頃を思わせる男性の顔写真が設けられている。大学の入学式か何かの機会に撮影したものだろう。若々しいスーツ姿。会場に集まる大半は彼より、一回りも二回りも歳を重ねた者達であった。

 やがて流れ始まる、業者雇いの坊主が念仏。

「超発稀有大弘誓、五劫思惟之摂受、重誓名声聞十方……」

 会場に涙は無い。

 ただ淡々と浄信の垂れる文句が響く限り。

 集まった参拝者達は儀礼に倣い、静かに喪へ伏す。誰が何を言うことも無い。世に数多在る葬式の一つ。世間の慣習に従い執り行われる全ては、極めて平凡で、極めて無難で、極めて無様で、著しく無刺激的な一つ。

 フロア最奥、祭壇前に置かれた棺桶は静か、ただ場に置かれるのみ。

 収められた青年の遺体は、簡素な木箱に収まる。顔が位置する部分に関して、蓋は四方形に切り取られて、透明なプラスチックの反対側に、無様な死に顔を晒す。一切の感情を奪われた、死に化粧。

 その周囲に詰められた花が、当人を差し置いて鮮やかに彩る。

 故人を哀れむ声は、彼の顔のすぐ横に、長年使われたシャープペンを添えた。

 使い古された、安いプラスチックのシャープペン。

 グリップの汚れて、幾年と使い古された、ぼろぼろの一本だった。

 生来の彼が長らく利用していた品である。本人がどのような気持ちでそれを利用していたかは、この場の誰も知らない。ただ、周囲の者達は、それが彼にとって、とても大切なものであると決めていた。考えていた。

 故に共連れの相手。あの世への道連れ。

「これより、出棺致します」

 念仏を唱え終えてしばらく、一通りの式進行を終えた坊主が告げる。

 あと小一時間もすれば、青年の肉体は焼かれて、煙と消える。

 残る灰と骨も、小さく砕かれて、地面に埋められて、全ては時間の後ろへ。

 仏壇の傍らに腰掛けた肉親は無感情。ただ、淡々と事の行く末を見守るのみ。何を語ることもない。式の始まる前にしても、周囲からの言葉に応えて、当たり障りの無い言葉を返す限り。その様子は酷く淡々としていた。

 集まった親族もこれは同様。

 故に式は滞り無く進んだ。

 事前に想定された進行以外、何も起こらない。

 人の価値は、その人物が死んだ時、泣いた人間の数で決まると言う。

 ならば、今この瞬間に死を知らしめた彼の価値は、無価値。

 この世界に数多流される涙は、一ミリリットルとして彼に与えられなかった。

 悲劇は遠い世界の出来事。

 あまりにも遠い。

「その前に、これより故人との、最後のお別れの時間となります」

 粛々と坊主が告げる。

 応じて、親族一同が席を立つ。各々、歩みを進めて、青年の遺体が収まる棺桶へと向かった。そして、木製の棺の感触を確かめるよう、一撫で。続けて、口々に彼の哀れを一言に語り始める。

 こんなに若いのに、可哀想に。

 若いのに不幸なことね。

 世の中、なかなかどうして無情なものだ。

 来年には就職だったろうに。

 社会を見ずに逝くとは可哀想に。

 口々に発せられる哀れみの言葉。誰も彼もが棺桶に収まる彼へ、今に晒す無様を言葉にして投げ掛ける。そこには相手に向ける諫めの感情に加えて、今に生きる自らの生を誇る想いが窺えた。

 生きていることが全ての世の中で、彼は死んだ。

 終わった。

 後に続くのは、どのような世界なのか。

 人を遥か越えた遠い世界とは、この場の誰にも知れない、摩訶不思議。

 不思議。

 そうした、この世で一等上等な無様を眺めてのこと、不意に響く幼い言葉。

 まだ年齢も一桁。小学校へ上がろうか否かといった年頃の童女。

 母親に付き添われて、棺桶を眺めてのこと。

 その口に呟かれた何気ない言葉。

 プラスチックに透過された、顔の部分をのぞき込んでの寸感。

「おかあさん! このひと、ぶさいくだねっ!」

 少女の呟きが、妙に大きく会場に響いた。

 彼という存在の死が世間に与える、何より純然な反応は、これだった。

 彼のこの世界に対する価値と居場所は、それが全てだった。