金髪ロリ異世界転生俺TUEEEラノベ

プロローグ

 アルプスの少女ハイジでも出てきそうな草原にポツンと立つ俺。

 トラックにひかれて、幼女神様に会って、お前は死ぬはずじゃなかった云々の説教を喰らって、剣と魔法なファンタジー世界へ異世界転生した。幼女神様の話によると、どうやらステータス制のテンプレ俺TUEEEらしい。


名前:タナカ
性別:男
種族:人間
レベル:1
ジョブ:ニート
HP:9/9
MP:0
STR:3
VIT:2
DEX:6
AGI:1
INT:8
LUC:1

 なんか、ドラクエ3の魔法使いみたいなステータスだ。MP0だけどさ。ニートって魔法使えない職業なのかよ。そりゃそうか。

 ステータスと同じように装備欄も出るらしい。念じたら同じようにウィンドウが開いた。ナデシコのパワーウィンドウみたいなやつだ。マジすげぇ。

 っていうか、この世界、廃棄王女みたいな似非ファンタジーじゃないだろうな?



武器:なし
防具:ユニクロ
頭:なし
足:コンバース
装飾品:

持ち物:
お金:0G
ステータス:運動不足、内臓疾患

 内臓疾患ってなんだよ。具体的にどこがどれだけ悪いか書けよ。怖いじゃんかよ。

 ニート生活ってやっぱり身体に良くないんだな。

 新卒カード切って就職、三年で退職、以後数年を引きこもった成果だ。現代社会なんて糞食らえ。金持ちとイケメンとリア充は死ねよ。

「あーくそ、チュートリアルとかねぇのかよ。どうすりゃいいんだよ」

 新規ユーザが草原フィールドに放置プレイ喰らって残念なことになってるぞ。

 ネトゲだったら、間髪置かずに初期クエストが発生するだろうに、幾ら待ってもなにも始まりやしない。どうなってんだよこの。鳥さんがスクロール運んでこねぇよ。

 ちくしょう。仕方ない。歩くか。

 内臓疾患が気になるんだよな。回復魔法とかで治せるのかね。治したいんだが。

 いや、その前に宿とか飯とか見つけないとアウトだろ。

 こういうのって、山賊に襲われる貴族の娘とか助けて、お礼に今晩は我が家で、みたいな展開が待ってる筈だろ。なんでイベント来ないんだよ。

 化物系の転生TUEEEだったら、ダンジョンとかで延々とレベルあげてるだけで良かったのに。くそ、転生先間違えたか。そっちの方が楽そうで良かったな。移動もへったくれもないし、淡々とステータス上げるだけだし。

 まあいいや、とりあえず歩くか。

 このままじゃ野垂れ死にだ。

 特に目的も無く歩く。町とか探して歩く。

 そして、三十分くらい歩いたところで、早々に挫ける。

 足が痛い。周りの風景が全然変わりやしねぇ。飽きた。

「あーくそ、疲れてきた」

 こんなに歩いたの久しぶりだよ。

 っていうか、ステータスどうなってんだよ。


名前:タナカ
性別:男
種族:人間
レベル:1
ジョブ:ニート
HP:8/9
MP:0
STR:3
VIT:2
DEX:6
AGI:1
INT:8
LUC:1

 歩いただけでHP減ってるじゃねぇか。

 なんだよこのクソゲー。四時間歩いたら瀕死の重傷だよ、おい。


武器:なし
防具:ユニクロ
頭:なし
足:コンバース
装飾品:

持ち物:
お金:0G
ステータス:運動不足、内臓疾患、疲労

 ステータス、疲労とか、言われなくても分かってるよ。俺のことは俺が一番によーく分かってるよ。なんでお前に指摘されなきゃならないんだ。

 なんか苛立ってきた。疲れたからだろう。普段にも増して短気っぽい。

 このままじゃマジで餓死コースだろ。けど、歩くのも疲れた。

「美少女来いよ美少女。そしたら頑張るからさぁっ」

 オナニー用のパソコンがない分、こっちの世界のがマイナスだ。どこが俺TUEEEだよ。あの幼女神様、嘘つきやがったな。マジでクソだビッチが。絶対に非処女だろ。イケメンのロリコンに股開いてるに違いない。

「美少女ぉおおおおおおおおおおおっ!」

 あんまりにも雄大な景色。観光客呼べば金取れるレベル。

 これはもう、叫ぶしか無い。

 誰か俺を捕捉しろ。自分で動くのは面倒だ。

「美少女ぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ!」

 腹から声をだして、大声で叫んで、ちょっと気分が良い。

 遠く山に、美少女ぉおおおおおおおお、俺の性癖が山彦する。

 ざまぁみろ。

 雄大な景色を俺の声が汚してやったぜ。

 すると捕捉された。俺の叫びを聞きつけたのだろうか。

 空の一点から、何かが近づいてくる。

 かなりデカい。鳥っぽいけど、シルエットが違う気がする。

 ドラゴン、ドラゴンだ。

「……マジか」

 ファーストエンカウントがドラゴンとかねーよ。

 いやまてよ。これこそが俺TUEEEじゃないのか。

 序盤でいきなり強いモンスターを倒して、いっきにレベルアップとか、よくあるパターンだろ。相手がドラゴンとか王道だろ。

 ドカポンでも低レベルのうちに赤宝箱でレベルの高い武器を手に入れて、ワープマスから四つくらい先のフィールドとか普通だし。それこそドカポンの醍醐味だし。

「っしゃ、任せろ」

 きっと上手い具合に倒せるようになってんだろ。

 そういうクエストだ。

「カモンっ! こい、こいよドラゴンっ!」

 空に向かって両手を振る。

 俺はここだ。ここにいるぞ。

 そんな感じ。

 おかげでドラゴンも一直線、こっちにやってくる。

 結構でかいな。十メートル以上あるんじゃないか。

 ズズーンと大地に降り立つ巨大なドラゴン氏。

「このような場所に人間とは珍しい……」

「おぉ、喋った。流石はドラゴン。マジでカッケェ。スゲェ!」

 圧倒された。超絶カッコイイ。憧れるわ。俺もドラゴンになりたい。

 全身がゴールデンだ。太陽っぽい何かの光に照らされて、キラキラしている。

「あまり褒めるな。当然だ」

「当然のことを当然のようにできるのがスゲェんだよっ。俺はこれを理解するのに、二十数年も掛けたんだからな」

「人間にしては殊勝なことだ。その心意気は大切にするといい」

 ドラゴンの声は腹に響く。大経口のスピーカーを全力に鳴らしたよう。

 鼻先から数メートルばかりを挟んで、息がシャツの裾をはためかせるほど。

「して、このような場所に何用だ? まさか散歩に来た訳ではあるまい」

 このドラゴン氏、なかなか話せるっぽい。

 交渉の余地有りというやつだ。

「それがちょっと、ドラゴン氏に聞いて欲しいことがあるんスよ」

「……言ってみろ」

「自称神様の幼女に転生しろって言われて、気付いたらここに立ってたんスよ」

「ほう、転生か」

「ご存じで?」

「過去にも同じことを口としたヤツがいた」

「マジっすか!?」

「生意気だったので喰らってやった。実際のところは知らぬ」

「……マジっすか」

 やはり、このドラゴンはヤバいドラゴンなのかもしれない。

 凶暴じゃんか。話せるように思わせておいて、いきなりガブリ系だろ。

「俺、生なんて言いませんよ? いや、マジで」

「そうか」

「正直、ドラゴン氏の格好良さに惚れちまってますんで」

「惚れた?」

「一目惚れってヤツッスよ」

 俺と同じようなことを考えて、殺されたヤツがいるらしい。このドラゴンってば、初期ブースト用の倒されキャラじゃないのかよ。

 どっちかって言うと、ドラクエ5の幼少期で戦うゲマだな。どこかで大神殿とか建造中だったら、命だけは助けて貰えるだろうか。頼むぞ光の教団。

「そうだろう。そうだろう」

「もちっスよっ。マジでカッチョイイっス。その鱗の輝きとか、この世の宝石をどれだけ集めたって、勝てっこないッスよ。こうして見ているだけで、心が癒やされるッス」

「ほぅ、この良さが分かるか。人間」

「そりゃもちッスよ!」

 よいしょだ。よいしょするしかねぇ。担いで担いで担ぎまくる。まさか、喧嘩を売って勝てるとは思えない。誰だよ、初回のサービスモブとか言ったヤツ。俺だよ。

 そもそも、このドラゴンはどれくらい強いんだ。ステータス確認は必須だろ。


名前:ドラコ
性別:メス
種族:エンシェント・ドラゴン
レベル:1687
ジョブ:庭師
HP: 689000000 / 689000000
MP: 1888000000/1888000000
STR:  3299000
VIT:  6000300
DEX:  4500030
AGI: 90000000
INT:130000000
LUC:        2

 何コイツ、不運すぎるだろ。

 不憫に思えるステータスだ。俺よりついてない。

 あと庭師ってなんだよ。

「ドラゴン氏、最近ちょっとついてないなーって思うことありませんっした?」

「なんだと?」

 どうにも気になったので訪ねたところ、睨まれた。ギロリ。

 目玉だけでも俺の頭部よりデカいんだよ。

「あ、いやいや、ちょっと、そんな気がしただけッスよ。いやだなぁっ」

「……昨晩、ここ数週ばかり育てていた花が、枯れた」

「え? 花っスか?」

 なんか語りはじめたぞ、このドラゴン。

 お花とか言っちゃって、図体デカイ癖に乙女ってんじゃねーよ。

「気晴らしに育てていたのだがな、枯れてしまったのだ」

「そ、そりゃまた災難なことで……」

「過去にも幾度か試したことはあるが、なかなか上手くゆかぬものよ」

「…………」

 この図体でどうやって花など育てるのか。疑問に思わないでも無い。

 或いは、ドラゴンに相応しい、化け物みたいな花を育てるのだろうか。

「やっぱり、日当たりとかッスかね? 気温とか」

「その点は十分に気をつけたのだがな……」

「じゃあ栄養とか。結構、土の具合によって変わるとか言うッスよ」

「土も具合の良いものを用意したつもりだったんだがな」

「となると、花の種類に環境が合わなかったんスかね……」

「うーむ。やはりこういうことは、人間共の方が得意なのだろうな……」

 グルルと喉を鳴らしては、なにやら悩み深げに呟いてみせる。

 きっと運が悪いせいだとは、後が怖いので言わないでおいてやろう。

「専門にしているヤツの一人や二人、探せばすぐに見つかるんじゃないっスかね?」

「なるほど。たしかに人間共は無駄に数が多い。さもありなん」

 ガーデニングトークで少しばかりドラゴン氏を身近に感じたぜ。

 だからと言ってなにがどうなる訳でもないが。

「久方ぶりに人の世へ混じるのも悪くない。少しばかり探しに行くとしよう」

「うほ、マジっすか。流石の行動力ッスねっ!」

 ヒキニートの俺には眩しい。

 他人との率先したコミュニケーションなんて冗談じゃないわ。俺が欲しいのは、俺だけを褒め称えてくれる一方的なハーレムだ。他はイラン。

 他人に気遣うなんて冗談じゃない。今も胃がキシキシと痛んでいるぜ。

「話を聞いてくれた礼だ、貴様も連れて行ってやろう」

「え? マジすか!?」

「その様子では、この高原に残ったところで一晩と保つまい」

「……ここってヤバイ場所なんスか?」

「滅多なことでは人間共も立ち入らないな。最後に見たのは何百年前のことか」

「おぉう、そりゃすげぇ」

 とっても危ない場所だったらしい。

 パッと見た感じ、景色の綺麗な高原なんだけどな。

「では、ゆくぞ」

「うぉっ!?」

 ドラゴンの言葉に合わせて、足下に魔方陣が浮かび上がった。

 でかい。ドラゴンの身体をまるまる飲み込んで、俺もその範疇に加えるほど。

 かと思えば、周囲の景色が暗転する。

「なんすかっ!? ねぇ、これなんすかっ!?」

「喚くな。うるさい」

「っ、すんませんっ」

 次の瞬間、再び視界に景色が戻る。

 時間にして数秒とない、束の間の出来事だ。

 今に眺めるのは、先程まで立っていた高原とは似ても似付かない草原である。そして、眺める先、何やら高い壁に囲まれた、町のようなものが確認できた。

 大凡、数キロ先。

 今に俺とドラゴン氏の立つ場所が丘の上。都合、見下ろす形だ。

 それなりに規模のある町っぽい。

 周りを背の高い壁で囲まれてる。しかも内側にも同じように壁があって、幾つもの層になっている。

 これはあれだ、城塞都市なんとかだ。そういう系だ。きっと冒険者ギルドとか、ダンジョンとか、その手の類いの施設がある系だ。分かりやすくて大変によろしい。

「ふむ、ここならば人も多かろう」

「あ、あざすっ!」

「ではな。人間」

「う、うぃっすっ! ありあしたっ!」

 俺が大仰に頭を下げると、再びドラゴン氏の足下に魔方陣が浮かび上がる。そうして、今度は俺を残して、ドラゴン氏だけが姿を消した。

 ルーラ的な魔法だったのだろう。なんて便利な魔法もあったもんだ。恐らくは、眼下に眺める町へ向かったのだろう。

 しかし、あの図体で入場して大丈夫なものなのか。まあ、俺の知ったことじゃないので、気にしないでおこう。考えるのが面倒だ。

「……最初のクエストは終わったっぽいな」

 よいしょしたら、よいしょした分だけ還元してくれるヤツは、嫌いじゃないぜ。あばよ、ドラゴン氏。

 俺も目下の町へ向かうこととした。